スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁護士+中小企業診断士【後編】

前回に続いて、
診断士試験がテーマの後編。


arasuji.png


始めてしまった試験勉強と貧乏は
やめようと思っても
そうそう
やめられないものです。
(あと、不倫と横領)

で、経営理論と
情報システムの
科目合格が利用できたので、
翌年(H29)は、一次は
経済、運営、中小の3科目のみ。


負担はかなり小さくなったので、
無事、合格することができました。




3 二次・筆記試験対策

★二次試験の概要

二次試験は筆記と口述がありますが、
口述試験は筆記試験の合格者のみが受けられます。


筆記試験自体の合格率は
受験者(その年と前年の一次試験合格者)のうち
2割ほど。
ここ数年は4,000人くらいが受けて、
800~900人くらいが合格する計算です。


出題形式は、
事例Ⅰ~事例Ⅳの4問構成(各80分)で、
事例Ⅰ~Ⅲは
中小企業に関する長い文章(与件文)を読んで、
各設問(4~5問)に60~160字以内程度で答えるというもので、
旧試や新司法試験の論文試験とは
かなり形式が違っています。



例えば、平成29年度の事例Ⅰ第1問は
「景気低迷の中で、
一度市場から消えた主力商品を
A社が再び人気商品にさせた最大の要因は、
どのような点にあると考えられるか。
100字以内で答えよ。」

という問題でした。


ここ数年の過去問は
一次、二次筆記とも中小企業診断協会のサイト
で公開されています。








★弁護士の強みと弱み


二次の筆記試験はよく
「8割落ちるハードな試験」
って言われるんだけど、
同業者で通った人を見てると
二次筆記試験に関しては
みなそれほど苦労した感じがありません。

私も、受ける前に何人かの
先輩に話を聞かせてもらったんだけど、

「二次の筆記は
なんか一次ほどは心配してなくて、
まあ受かるだろうなと思ってた」
「二次の筆記は常識で書いたら受かる試験だから」
「二次の筆記は問題に答えがそのまま書いてあるから」

という意見が多かったのです。

一次で足踏みした私も、
二次の筆記は1回で合格することができました。


実際に、
過去問と予備校の模範解答を見ても
「これならなんとなく書けそう!」
と思えるんですよね、コレが。




弁護士が二次筆記に強い理由を
考えてみたのですが、
おそらく、
「大量の情報の中から、
必要な要素を抜き出して、
文章の形に構成する」
っていう作業を
それこそ飯食うのと同じくらいに
普段から繰り返していて
そのスキルが磨かれているから
ではないかと思っています。





2ji.png




二次の筆記試験で要求されるのも
長い与件文の中から、
設問の答えに使える要素を拾い出して、
分かりやすい文章にする
というものなので、
かなり普段の仕事と共通する部分があると
思っています。




これはSWOT分析的にいうと、
診断士試験という市場における、
弁護士の強みであることは
間違いありません。


これがヘタで、
準備書面でも
何言ってるのか
さっぱりわかんない人

ときどきいるけどね。




ただ、強みがある一方、
弁護士の弱みもあります。

それが、財務会計の知識が問われる
事例Ⅳへの対応力の低さ


弁護士受験者のほとんどが
一次試験で財務・会計の
科目免除を受けているので、
一次試験の合格発表後、
初めて二次試験や事例Ⅳの
勉強を始めたという人も多いはず。


この場合、
一次試験の回答発表(8月上旬)後、
二次筆記試験の当日(10月下旬)までに
事例Ⅳに必要な財務・会計の知識を
頭に詰め込んで、
正しい計算結果を導き出せるまでに
ならなければなりません。

コレが結構ハードで、
先輩受験者が口を揃えて
指摘するところでした。




zaimupinchi.png




弁護士のホームグラウンドは
法的問題の処理なので、
経営判断や意思決定会計の
スキルが求められることは
一般的には多くありません。
(俺だけ?違うよね?)


なので、制度会計は
ある程度馴染みがあるし、
税務調査は
受けたことがある
けど、
管理会計の視点や知識はないという人が
弁護士には多いように感じています。
(俺だけ?違うよね?)


その点、私は
日商簿記3級という難関試験
合格していたことが幸いしました。

「利益」と呼ばれるものが5つあって、
BS、PLが何の略か位は
わかってたからね。
これで、数字読めない弁護士を
かなり引き離せてたと思う。





まぁ、みんな通る道なんで、
なんというか、その、
がんばってください。







★二次筆記試験の勉強法


じゃあ二次の筆記試験を
どうやって乗り切るか?



事例ごとに異なってきますが、
私は

事例Ⅰ(組織・人事)→経営のスピテキ+過去問
事例Ⅱ(マーケティング)→経営のスピテキ+過去問
事例Ⅲ(生産管理)→運営のスピテキ+過去問
事例Ⅳ(財務会計)→TACの事例Ⅳ集中特訓+過去問
という形をとりました。


筆記試験でも基本は過去問

ただし、悠長にやってる時間はないので、
「全事例、過去10年分を3回転」とかは
必要ないしあまり意味がありません。





二次の筆記試験は、
①与件を読んで、
②要素を抜き出し、
③考えて、
④並べる
 という
プロセスが問われる試験だと思うので、
少なくとも、事例Ⅰ~Ⅲについては、
一度やって答えを知ってしまった問題に
2回以上取り組むのは
無駄かなと思いました。

また、
これまで出題傾向や形式が
コロッコロ変わっており、
10年前の問題は
試験対策という意味では
あまり参考になりません。


それよりは、
過去5年分を1回ずつきっちり
とやれば良いかなと思います。


また、過去問は本試験と同じように
毎回80分掛けて答案を書くのが理想ですが、
それができない場合、
「与件を読んで、要素を抜き出して、考えて、
書く方向性を走り書きする」というだけでも
十分に有効だと思います。


私も、
過去問は過去5年分に絞り、
全てこの方法で
1題30~45分で答案構成するだけにしました。
これだと、復習も含めて
1題1時間半程度で可能です。



★過去問集の選び方


過去問もこれまた予備校によって
いくつかあるのですが、
是非お勧めしたいのが同友館の
『ふぞろいな合格答案』シリーズ。



これは毎年、
受験者の再現答案
+実際の成績開示をもとにした
詳細な獲得点数分析がなされていて、
それこそがウリなのですが、
なかなかの説得力と納得感があります。


二次・筆記試験で
求められている内容を短期間で掴むのに
これが一番、適していると感じました。


「二次試験は
何が正解かがよくわからない」
「受かった年は、みんなが
書いているようなことを
きちんと書けた年だった」
これも合格した人が
口を揃えて言うことです。

そのためには、
「何を書いたらどれだけの
点数(評価)がもらえたか」
っていう、出口からの分析が
もっとも合理的で説得的です。


TACの過去問題集も買ったのですが、
模範解答がおかしくて洗練されすぎていて
「80分でこんなの書けねぇよ」
と思うようなものばかりだったので、
ほとんど使いませんでした。



★筆記試験のクセを知る



さて、いくら
「常識で書けばそこそこ受かる」とはいえ、
筆記試験はそれなりにクセの強い試験であります。


「どのような課題であると考えられるか」とか
「プロモーションと販売の戦略を説明せよ」とかいった
抽象的なきかれ方が多く、
また、事例ごとにそれなりの「作法」があり、
これを上手く捉えていないと
点数が伸びないという問題があります。



「作法」と書きましたが、
これは弁護士目線では
「作法」であるように見える
という話。

たとえば、
・事例に出てくる経営者の意見・希望は
全て「正しい」という前提で捉える
・事例企業に「破産する」、「廃業を進める」
という選択肢はない
・発想のオリジナリティが試される試験
ではない(与件に書いてあることを使う)
・見えている「エサ」は必ず拾う
というように、
普段の弁護士的な視点や発想とは
若干違った姿勢
での
取り組みが求められます。



このようなクセや作法を身につけるため、
私はTACの二次直前通信講座を
受けることにしました。

これは、事例Ⅰ~事例Ⅳまでの問題演習と
添削・講義がそれぞれ3回
(4事例×3回=全12回)あるという
結構ハードなものだったのですが、
繰り返すうちに、問題要求のとらえ方や
何を答えたら良いのかが
だんだんとわかってきました。


9月のTAC二次公開模試は
31、27、35、20の合計113点と、
家で寝てた方が良かった
と思える点数でしたが、
その後、コツがわかってくると、
問題演習でもだんだん
合格点に近い点数が取れだしました。
(時間がなく、問題演習は
7回目で止まってしまいましたが、
それでも結構役に立ちました。)


出題の字数制限は
60字とか100字が多いけど、
160字っていうちょっと長めのときもあって、
それぞれの文字数感、つまり
「これくらい書いたら100字になる」
っていう感覚を
掴んでおく必要があります。

「だいたい100字を超えるときは
答えに入れる要素は
1つじゃなくて複数になる」
とかですね。

この辺は、過去問とか問題演習やっていたら
自然と身についてくると思いますが。




★ファイナルペーパーについて


二次の筆記試験では、
試験直前に見返すための
「ファイナルペーパー」というものを
作る人が多いようです。

名前のダサさは措くとして、
ケアレスミスをした点や
解答の方向性の確認など、
試験直前に注意喚起しておくべき点などを
まとめたものを作っておくというのは、
それなりに合理的です。

みんな作っていると聞くと
それに引っ張られる私も、
事例ごとに作っていました。



二次筆記ファイナルペーパー



とはいえ、ファイナルペーパーは
作る過程で
自分の頭の中が整理される点にも
大きな意味がある
ので、
自分のアタマの中とリンクしていない
他人の作った成果物だけを見ても
実はあまり参考にはなりません。

他人が履き古したパンツを
履いてるような違和感があります。

私の作ったものも
作り方の一例として
見てもらえると良いかと思います。


平成29年の二次・筆記試験では、
事例Ⅳで連結会計が出題されるなど、
若干面食らいましたが、
結果としてそれなりの点数で
合格することができました。

「それなり」というのは
「ムダのない」程度の意味です。



余談ですが、
二次・筆記試験では
(特に事例Ⅰや事例Ⅲでは)
実在の企業がモデルにされていることが多く、
H29の事例Ⅰは銘菓『ざびえる』で有名な
株式会社ざびえる本舗がモデルではないかと
言われています。

ただ、私はレーズンが苦手なので、
試験後、それを聞いたときも
特に感慨とかはありませんでした。


4 二次・口述試験対策

筆記試験が終わると
口述試験があります。


とはいえ、
そこそこの難関といわれる
二次・筆記試験と対照的に、
診断士の二次・口述試験は
国家試験の中でも
屈指の不合格率の低さを誇ります。

平成29年度では、
口述試験受験者830人中、
不合格になったのは2人です。
(おそらく、棄権とか遅刻とか
逮捕されてたとか、
とにかく、知識や受け答え
以外の原因じゃないかな。
知らんけど。)


一人10~20分程度の時間ですが、
会話さえできれば受かるといわれており、
よほどヤバいのを弾くためだけに
機能している試験だと
ウワサされています。


ただ、面倒なのは
筆記試験で出された事例Ⅰ~Ⅳを
そのまま用いて出題される上、
何も手元で見られないという点です。

「A社の強みはなんですか?」と訊かれたら
頭の中にある
事例Ⅰの与件の内容をもとに
自分の言葉で答えられなければなりません。

そういうわけで、
事例Ⅰ~Ⅳの内容は
ある程度頭に入れておくことになります。



一応、お金を払ってTACの
模擬口述試験を受けたのですが、
3人の試験官役の人から10分間
フルボッコにされた記憶しかありません。
(講評のときはさすがに優しかったですが)


ところが、本試験では
試験官の先生方は優しく、
かなり誘導もしてくれたので、
そこそこ上手く答えられることができました。


この口述試験だけは、
ほとんどの受験生がスーツで来るのですが、
多分私服でも落とされることは
ないんじゃないかと思います。



koujyutsu.png




そんなこんなで、
口述試験も無事合格できました。


簿記3級受かったときより
嬉しかった
ですね。



5 試験を終えてみて


さて、そんなわけで
予定よりちょっぴり長かった
私の診断士受験生活も
終わってしまいました。
今は、本業と並行して実務補習中です。

診断士試験では、
「見える化」や「経営戦略」、
「PDCAサイクル」、「シナジー」といった
企業経営以外の分野で使うと
意識高いとされる用語が頻繁に出てきて、
しかも、その意味を理解し活用できることが
当たり前のように求められます。

こういった用語の使い手に
普段から苦手意識を感じていた私も
今はさほど抵抗感がなくなりました。


また、診断士では
試験で問われる内容が、
その先にある経営診断の実務とも
結構な部分でリンクしています。

「試験で勉強したのに、
実務ではあんまり意味がなかった」
っていう分野
(例えば、司法試験でいうと
終身定期金とか場屋取引とか)が
比較的少ないということです。
(「経済学は実務でいらんよね」
という声はあるようですが…)


弁護士にとっては、
自分がやってる仕事との相乗効果が
発揮できる部分は多く、
間違いなく知識も視点も職域も
広がることに繋がるので、
興味を持った方には
是非お勧めしたい資格です。
(そして、事例Ⅳ対策で
同じように地獄を見て頂きたい。)






startgoal.png





実務補習や診断協会で得たつながりは
弁護士業のチャネルとして有効ということは
よく聞くのですが、
それよりもやっぱり、
初心に戻って、診断士としての仕事を
していきたいなと思っています。




最後に、診断士の勉強をする中で、
感銘を受けた経営学の大家の
言葉をいくつか紹介して終わりたいと思います。






trump01.png





trumo02.png






trumo03.png




この辺の感覚は今でも少し苦手。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 資格を取ろう!
ジャンル : 就職・お仕事

弁護士+中小企業診断士【前編】

こんにちわ、今年本厄
弁護士マコツです。


昨年末、
2回目の受験でようやく
中小企業診断士試験に
合格できたので、
今、本業と並行して
実務補習のまっただ中です。


せっかくなので、
これから診断士を受ける
同業の方向け

なぜ中小企業診断士を
受けようと思ったのかとか、
受かるまでに何をしたのかとか
その辺を備忘的に残しておこうと思いました。


1 受験の動機


まず受けようと思ったきっかけ。



気分転換に
ちょっと違ったことを
やってみたくなったから。

あるでしょ?そういうこと。



numa.png



弁護士の仕事の多くは、
何かトラブルが生じる(生じた)ことを
前提としたものが多いわけです。

それ自体は、
かなり意義のあることで、
自分でも好きでやってる仕事なんだけど
交渉や訴訟の中で攻撃防禦を繰り返してると
なにかもっと前向きな方向の仕事も
してみたいなと思ってしまう。

毎日の生活に何か刺激をと考えたとき、
診断士の資格取得はうってつけでした。



あともう一つ


法人の破産管財事件で出会うのは、
基本的に、
もう止まってしまった会社か
早晩止まるしかない会社です。
そこで、断片的に企業経営の難しさや
経営者の方の思いに触れることになります。




tousannnokimochi.png




そういった経験が増えるにつれ、
動いている会社の、
それも、法的問題だけじゃなくて
経営の面にも直に携われる
仕事をもっとしてみたい、
破綻処理じゃなくて
成長を支援する仕事がしたい
という思いが強くなってきました。







診断士の試験は、
短答式(マークシート式)試験、
筆記試験、
口述試験の三段階です。



sandankai01.png




司法試験の旧試験と
形式は似ています。



2 一次試験対策


一次試験は2日間で
【1日目】
①経済学・経済政策(60分)
②財務・会計(60分)
③企業経営理論(90分)
④運営管理(90分)
【2日目】
⑤経営法務(60分)
⑥経営情報システム(60分)
⑦中小企業経営・中小企業政策(90分)
の7科目を
受けるわけだけど、
弁護士はこのうち「②財務・会計」と
「⑤経営法務」は申請で免除してもらえます。




一次は科目毎に6割獲れたら科目合格、
4割を下回ったら足切り。
足切り科目なしで、
全体の6割(420点)以上あれば合格。
※科目合格した科目は
 合格の翌年と、翌々年、免除(60点)扱いが受けられる。


弁護士も科目免除を申請しなければ
この2科目は受けられるので、
6割以上とる自信があれば
免除を受けずに得点源にする
という
方法も考えられます。




しかし、私の知る限り、
弁護士で受験した人はこの2科目、
100%、免除を申請してます。



ほんとに、100%。





なんでなんでしょうね。








menjo.png






経営法務は、
民法、会社法、知的財産法
(特許法、意匠法、商標法、実用新案法とか)、
独占禁止法、不正競争防止法、
倒産関連の諸法なんかが出題範囲で、
それも結構細かい規制・制度の知識が
出題されているみたいです。
(受けてないからよく知らない)



全く法律に触れたことない人よりは
当然、理解はしやすいんだろうけど、
土俵が会社関連の特別法中心で、かつ、
知識重視の60分間の短答式試験というフォーマットで
6割取ろうと思うとそれなりの準備が必要。
早い話がめんどくさい



トリッキーな問題やボツ問など、
出題の仕方があまり洗練されていない印象もあって

得点源として期待できるというメリットよりも
デメリット・リスクの方が大きいので、
みんな免除申請してるんだと思います。



財務・会計に至っては、
そもそもなんで弁護士に
免除が認められているのかが
謎なレベル。




とはいえ、もらえるものは
ありがたくもらう人の多いこの時代、
財務・会計と経営法務は
ありがたく免除申請することになります。











さて、これで
残りは5科目に減りました。


とはいえ、
経済学だとか、企業経営理論だとか、
生産現場のオペレーション・マネジメントだとか、
普段の仕事ではなじみのない
話題ばっかり。


フライス盤と旋盤、ボール盤の違いなんて
普通に弁護士だけやってきた私には
全くわからんわけですよ。



そこで、勉強方法。



予備校通ったり、通信講座とったり、
勉強会に参加したり、色々あると思います。


私は
予備校には旧試のときに
一生分の講義代を支払っていたので、

診断士は市販のテキストを買って
独学することにしました。



テキストは、
TACのスピードテキスト(スピテキ)×5科目。

色々見てみたけど、
過去問に対応できる情報量がそろってて
一番活用しやすいと感じたのが
スピテキでした。


こんなやつね。







今気付いたけど、
結構高いですね、これ。

でもおすすめ。




それと、
TACの第1次試験過去問題集×5。






企業経営理論、運営管理、
経営情報システムに関して言えば
これでばっちりです。


あと、「普段、事件の依頼がなくて、
3時くらいから毎日映画見に行ってる」
ってくらい余裕があれば
TACのスピード問題集(スピ問)を
やってもいいと思うけれど、
本試験とは形式や傾向が結構違うので、
スピ問は過去問やった後に
ほんとに余裕があったらでいいと思います。


私は、アプリ版の当年版スピ問を買って
移動中にやっていました。



ただ、企業経営理論と運営管理は
学生時代から法学一本でやってきた人には
どうしても内容がなじみのないものになるので、
間延びして意欲が続かなくなりがち。


なのでできるだけ、具体的にイメージを持ちながら
読み進められるように
工夫できるといいかもしれません。






ppm.png





中小企業経営・中小企業政策だけは
かなり特殊で、
ほぼ暗記の吐き出し
の科目です。



下請法の適用パターンみたいに
若干弁護士に有利な問題も出ますが、
大半は、業種毎の事業数、
事業数、従業者数の多い順番とか、
「2011年~2014年で、大企業と中小を比べた場合、
自己資本比率、売上高経常利益率、労働生産性は
大企業の方が一貫して高いけど、
当座比率、付加価値率は
中小の方が一貫して高い」とか、
こんなん覚えさせてどうすんだっていう事柄を
延々覚えるというように、
ドM目線の苦行感の強い科目です。



しかも、取り上げられる施策や指標の内容が
中小企業白書に合わせて
毎年変わるので
過去問を解く際は注意が必要です。

中小企業経営・中小企業政策は、
試験の1~2週間前位から
詰め込みで暗記し始め、
試験の2日目当日に知識MAXになるように
仕上げられればOK。
試験の2日後には
ほとんどの知識が抜けてます。




それと、個人的に
少し引っかかりを感じることが多かった科目が
経済学・経済政策


大学の教養科目とかでも
勉強したことがなかったので、
いろいろと面白かった反面、
細かい部分で
ツッコミ入れたくなるポイントがありました。


例えば、
グラフ上で線が曲がってても
曲がってなくても
全部「~曲線」っていうとかね。




kyokusen.png





まあどうでもいい話ですわ。




あと、弁護士的に気になったのは
『囚人のジレンマ』






syujinnojirenma.png




まあこれもどうでもいい話ですわ。





経済は、市販のTACのテキストと
過去問やるだけで、
しっかりした理解ができるか
心配だったので、
石川秀樹先生の
『速習!ミクロ経済学』

『速習!マクロ経済学』を買いました。





これは、YouTubeでテキスト対応の
講義動画が無料で見られるというスグレモノです。 

たしかに、
ミクロ経済もマクロ経済も
深いところから
かなり詳しく説明されているので
よくわかります。

ただ、それだけに
全部やっていると時間が足りない。

経済学・経済政策は
60分で100点の科目なので、
さくっと終わらせる方がいいと思い、
結局、三面等価の原則、45度線分析、
IS・LM・AD曲線、
上級・中級・下級財、
ギッフェン財(じゃがいも飢饉)みたいな
なんか素人的にみて
重要そうなとこ
だけに絞り、
あとはスピテキで対応しました。




その結果、1年目の一次試験は
経済:56
財務:60(免除)
経営:63(科目合格)
運営:50
法務:60(免除)
情報:60(科目合格)
中小:59
の総合408点で不合格。




ochita01.png









一年目の敗因が何であったのか。





多分ですが、
あんまり
勉強してなかったから

じゃないかと思います。



捲土重来を期して臨んだ2年目は
2つの科目合格(経営、情報)による免除で
経済、運営、中小の3科目だけの受験。

今となっては
点数は忘れましたが
無事、合格できました。




以下、後編に続きます。




にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 資格を取ろう!
ジャンル : 就職・お仕事

GPSのわななき


manga.png





にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

四年目。

全ての独立は
協働の発展的解消である。
ただしそこに至る経緯は
実に様々である。
                 -まこつ-



本日で、私が独立してから
4年目に突入しました。
早いものですね。

出るまでは不安だったけど
何とかなるもんですね。

これからも弁護士として
人任せにせず頑張りますので、
宜しくお願い致します。





makotsuden01.png










そんなわけで、
みんなでクボリ伝買おうぜ!








にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コラボレイション・ブレイクダウン

こんにちは、
最近、憑かれたように
ミカンばっかり食ってる
弁護士中村★まこつです。

気付けば、師走が目前ですね。
このブログの存在を忘れていました。



いきなりですが、こんど、
要件事実マニュアルで有名な
岡口基一裁判官と私の
対談企画の書籍が
出ることになりました。




okamako01.png









書籍名は
『裁判官!当職そこが
知りたかったのです。
-民事訴訟がはかどる本-』

拙著『若手法律家のための
法律相談入門』
と同じ
学陽書房からで、
押しの強いタイトルもそのまま。



民事訴訟を題材に
私と岡口さんとで対談を行い、
立証や審理のあり方、
普段見えてこない
お互いの仕事の裏側、
公的な懇談会や協議会では
話題にしづらいトピックなどに
白飛び寸前まで光を当てようという
猟奇性の強い企画の本です。



イメージ的には
こんなかんじかな。



makotoguti.png


あと、少し見にくいですが、
これが目次です。



目次ファイル001




弁護士である当職と
裁判官である岡口さんとで
結構好き勝手に話した内容を
文字起こししたものが
ベースになりますが、
そこにふざけたイラストを
大量にぶち込んだため、
遠目には奇書であることは
間違いありません。


あんまり著者自身が
「奇書」って言わない方が
いいのかな?



とまれ、
これが表紙になる予定です。



title.png




弁護士バッジを描くのが大変でした。


この本が書店の棚の
内田民法ⅢとⅣの間に
陳列されると思うと、

普段は嫌な起案も苦になりません。


ただし、カテゴリ的には
法律書ではなく
サブカル本になります。






このご時世ですからね、
ネットでも注文できますよ。


amazon


楽天ブックス



ヨドバシ.com
『裁判官!当職そこが知りたかったのです』





さて、
流通活性化の見地から
いくつか連絡事項があります。




まず一点目。


初版には、
私描き下ろしのしおりが入ります。
今後の増刷分に入るかは未定なので、
好事家の方はお急ぎください。

このしおりには裏と表に絵があり、
今回の企画で
一番最初に描いたものです。
「本の中に載せるには憚られる内容で
何か描いてください」という指示があり、
いったい何考えてるんだ
この会社と思いながら、
一生懸命描きました。


私が死んだ後に少しだけ
価値が上がるかもしれません。




あと、しおりの中には
大当たりとして、
私と岡口裁判官の直筆サイン入りの
ものがあります。
私ので30部なので、
岡口さんのサイン入りも
30部くらいあるんじゃないかな。



直筆サインってば
こんな感じね。



23658502_1664089660327715_6594302431117820020_n.png





当然、私の方は
関西人の嗜みとして、
この大当たりの中にもハズレ
忍ばせています。



こんなのとか、
23659589_1664089666994381_628210637863315516_n.png






こんなのとかね。
23755672_1664089693661045_4197115169794476936_n.png




二点目。



ネットでも予約できるって
書きましたけどね、
①大阪高裁内のブックセンター
②東京高裁内の至誠堂書店
③東京の弁護士会館ブックセンター
のいずれかで
この本を予約すると、
ポストカードがもらえる模様です。

どんなデザインかというと、
こんなのらしいです。



unnamed.png



























































makon.png




このポストカードの使いどころを
私に聞かれても困りますが、
例えば、修習や駆け出しの頃に
お世話になった師匠や兄弁、姉弁、
もしくは弟・妹(ないしそれ以外の)弁護士に
近況報告名目で送り付ける
とかするといいんじゃないかな。




以上です。

書店さんへの流通は12月中旬以降の予定。
12/8以降、約1週間程度で
各地の書店さんへ本がゆきわたります。
※地域や店舗によってバラツキあり。






さて、中身の対談ですが、
当初予想してたよりも
スムーズかつステイブルに
進めることができました。




hld.png




私、最初、対談本なんて
文字中心で、
好き勝手に喋ったら
誰かが書き起こしてくれて、
適宜文章も補ってくれて、
それだけで本になると
安易に思ってたのよね。

自分で書くよりはラクだと。

でも、対談のために
出版社に行ったら
担当者さん一人しかいなくて
ああコレは自分でやるパターンだ、
やっちまったなと。




思いのほかたくさん
絵を描く必要があって
全然楽じゃなかったです。

そもそも、この企画の成り立ちも
いろいろあって、
実は私なりにまじめな動機めいたものはあったのですが、
その辺ははしがきと
あとがきの漫画に
少し描いてるので

よろしくご参照ください。





いらないことついでに書くと、
実は今回の本は
もともと9月に発売される
予定だったんだけど、
ちょっとばかし
遅れることになったのよね。





sep01.png





よくわからない理由で遅れるのって、
本も準備書面も同じですよね。














action01.png







ちなみに、
イラストの方もかなり納入が
遅れていたので、
必ずしも大人の事情ばっかりが
遅れた原因ではないかもしれません。



また、このテの企画の常ですが、
対談、意見交換の現場で出てくる話題は
生々しくエッジの効いたものが多いのですが、
それを読み物とするには
それなりの取捨選択と精錬が必要になります。

センセーショナルなだけでは
商品にはならないものね。






operation.png




そういうわけで、
たくさんの人の英知と尽力により、
最終的には本の内容は
程よく生臭さの取り除かれた
読み応えのあるものに
なったと思います。

特に、裁判所と民事の代理人の間に
生じがちな軋轢の正体を取り除き、
相互理解を深める手がかりの
一端のひとかけらには
迫れたような気がします。





もちろん、本書の内容も
どこまで行っても
一裁判官、一弁護士の
経験に基づく見解、意見でしかありません。




まあ、
「そんな形もあるんだ」的な目線で
ゆる~く買って、
ゆる~く読んでくれたら
いいんじゃないかな。


あと、今回の企画で描いた絵は、
各章末の4コマや
あとがきを含めて
それなりの数になったんですが、
今回はただの1カ所も
訂正等の指摘が入らなかったのですね(^o^)



というわけで、
興味を持ってくださった方は
是非お買い上げをお願いいたしますm(_ _)m



lasttemisu01.png









【最後に】

今回の企画は、
弁護士側は私でなくても成り立ったと思いますが、
相手方の裁判官は、
岡口さんでなければなりませんでした。

それは、民事訴訟手続一般にとどまるのではなく、
裁判の現状に通じ、ある程度客観的な見地から
その長所と課題に言及できること、
業界全体の行く末について
点ではなく線で話ができること、
そしてそれらの意見が(賛否はともかく)
広く受け止められやすい立場の方であること
といった種々の要請があったためです。

お忙しい中、今回の企画に賛同頂き、
積極的かつ好意的に協力してくださった、
岡口基一裁判官には深く、深く感謝致します。


また、対談を進めやすいように
細やかな心遣いをして頂いた
担当編集者Iさんを初めとする学陽書房の皆様、
急ピッチで印刷と流通の準備を
進めて頂いている関係者の方、
本当にありがとうございます。

ではまた(^o^)








にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

南九州に巨石を投じたことがある

もといた事務所の弟弁護士兼
鹿児島事務所長だった
マキセくん(まきじい)が
地元紙のウェブサイトに
法律のコラムを書いててね。

で、一時期、当職が
そこに掲載するイラストを
描いていたことがありました。


そのときの画像データが
まとまって見つかりました。
(人間、いつ死ぬるかわからんから
HDDの中身は常日頃から
よく確認しとくべきよね)


神戸の当職と、
鹿児島のマキセくんの共同作業、
つまり港の妖精と薩摩隼人のコラボの
ハシリみたいなもんですね。

うちは妻が山口の出なので、
ある意味、薩長同盟の趣もあるよね。



そのときのイラストを載せるだけで、
絵を描かずにラクに更新できるって
寸法よ。





01 まきじい、示談を語る

006isyaryou_20170716212326973.gif

これはたしか一番最初の回で
「交通事故で加害者側から
示談案を提示されたら、
示談する前にその内容を
よく検討しないといけないでごわす」
って内容のコラムだったと思うよ。


最初、ブログと同じで
正方形(200*200px)の画像を
作ったんだけど、
そのあと文字も含めて
200*400pxに作り直したもの。

慣れないサイズ指定で
文字にまだ躍動感がないのよね。


美女がお紅茶を飲みながら、
軽々しく法律問題を語らうという
業界では使い古されたシチュエーション
中央に先駆けて取り入れてみたこの先見の明。





02 まきじい、主婦に言及する

007syufu_201707162123285e7.jpg

これは、主婦休損を取り上げたときの
(だったと思う。)。
「主婦の休業損害やら逸失利益は
賃金センサスで算定されることが
多いでごわしょう」
っていう内容だったと思います。

このころはまだ紙に描いた絵を
スキャンしてPCに取り込んでたんだけど、
元の絵では抱いてる赤ん坊がお漏らししてて、
主婦の左手が汚れてる描写があったのね。

ほら、赤ん坊って漏らすじゃない?
漏らすものを漏らさないように
描くのは適切じゃないじゃない?

サイズの関係がなければ
そのまま出してたんだけどね。
トリミングの妙ですわ。






03 まきじい、相続放棄を持ち出す

008souzokuhouki_20170716212329654.jpg


これは忘れもしない、
相続放棄を取り上げた回の
イラストです。

記事自体の内容も
ストレートに
「放棄ごわす」
って感じでした。
示現流二の太刀いらず。

思わぬ薩摩隼人の猛攻に、
狼狽した当職は
よく考えずに
イラストのセリフも
関西弁で載せてしまったでごわす。
一生の不覚。


誤チェストにごわすか?





04 まきじい、年金分割の構えを見せる

009bunkatsu_2017071621233075d.jpg


これは熟年離婚絡みで
年金分割を取り上げた回のもの
だったはず。

今となっては
内容は殆ど思い出せないんだけど、
示現流一の太刀で
「夫婦関係も年金も
一刀両断ごわす」的な
感じだったと思うのよ。




俺はね、示現流については
鹿児島の人よりも
詳しいと思いますよ。
鬼平犯科帳、24巻まで
Kindleで読んでるからね。








05 まきじい、子の福祉に思いを馳せる

010shinken_20170716212332060.jpg


これもよく覚えていないけど、
離婚と親権者の指定に関する
お話だったような気がするよ。

別れようとする夫婦
(よしかず、きぬよ)の間で
翻弄される未成年者(まさる)を
描いたものですが、
うっかり父母を白目のまま出したところ
そのまま載ったというね。


ウェブ関係の媒体は
紙に残らないので
少々のムリは通るんだよ。





06 まきじい、財産分与に切り込む

011bunyo_20170716212333b32.jpg


これは財産分与。

「なにが分与の対象んなるか、
薩摩と長州の垣根ば取り払って
みんなで考えんといけんごわす」
って感じじゃなかったかな。

ネタ的によいこのみんなには
ちょっと難しかったかな?





07 まきじい、遺言を「ゆいごん」と読む

012yuigon_20170716212335ad3.jpg


これは、遺言が見つかったときの
お話だったと思う。
ほとんどコラムの内容覚えてないから、
絵を見て想像しているよ。
こういうのを
リバースエンジニアリングって
言うんだ。
覚えておこうね。

「遺言書見つけたら、
公正証書遺言以外は検認ごわす」だとか、
そういう話を書いてたんじゃないのかな。

そういえば、西郷隆盛は
「子孫のために美田を残さず」と
語ったとか語らなかったとか。

ビデン 香りのヘアカラー。





08 まきじい、体を張る(設定上)

101chari.jpg

これは自転車事故が社会問題化してて
「自転車用の賠償責任保険に
入らないかんでごわしょう?」
ってネタだったと思う。

月イチのコラムだったんだけど、
それでもネタに困ることはあって
そういう時は
えらく安易な方向に流れるのよ。

水と意識は
高い方から低い方へと流れるという…。

みんな自転車保険、入ってる?
当職は二件も入ってるよ。
ここ一年、自転車乗ってないのに。


09 まきじい、再度遺言を「ゆいごん」と読む

yumenikki.jpg

これは、遺言の大切さを
もう一度訴えかける
内容だったと思いますよ。








(童謡)セッちゃん

セッちゃんはね、
セツ子っていうんだ、ほんとはね。
だけど、旦那のやってる
喫茶店の経営が不振だから
なんとかお父さんに
遺言書を書いてもらいたい
んだよ、
おかしいな、セッちゃん。





この絵が一番気に入ってたよ。
見つかって良かった。






10 まきじい、夫婦について考える

102jiyuu.jpg


婚姻の継続にとって
重要なものって
なんなのかな?
お金?
価値観?
それともアタシ?

「まっこと夫婦(めおと)は
薩長同盟のごたるには
いかんでごわす」とか
そういう話だったんじゃないかな?


※方言はテキトーです。















11 まきじい、安易な見通しは避ける

103kabarai.jpg


これは多分過払い回。

過払金の返還請求を
現代の戊辰戦争になぞらえた、
それなりに説得力のある
コラムだったような気がします。

「最近は業者も渋くなって
なかなか無血開城とは
いかなくなりましたが、
みなさんいかがお過ごしでごわすか?」


※世界史選択だったので
日本の近代史はよくわかっていません。







12 出たがりまこつ、顔を出す

104kashitsu.jpg

最終回だからね、
一応ワイも出とくよね。

これは交通事故の過失割合が
テーマだったと思います。


この自分の絵は気に入って、
LINEのスタンプの絵柄にも
使ったのでした。





以上で甘酸っぱい思い出に
浸る時間はおしまい。
ちゃんと数えたら、
1年間やって12回分ちゃんとあった。
よかった!


マキセくん元気してるかなぁ。





にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

今話題のeラーニング!!

こんばんわ、
「自分をよく見せるためにつく嘘を
決して許さない市民の会」

代表の弁護士中村真です。
(会員募集中)



人間、等身大の自分がいちばんやで。
そのサイズで棺桶に入るんやから。



あんまり更新がないと
FC2さんの計らいで
粋でいなせな広告が
表示されてしまうので、

過去の仕事ぶりを切り売りしながら、
更新することにしました。





そういえば、ちょっと前、
ある業界の会報の関係から
eラーニングの利用促進用の
イラストのお話がありまして、
そのときにこっそり作ったやつ。

初めての連作だったのですが、
完成してから無事我に返り
お蔵入りにしていたものです。














mayu01.png
mayu02.png












ちょっと




























感じ悪いね~。





これを載せられる業界紙は
存在しないので、
この世界の片隅に
そっと掲載します。
そうよね、すずさん。



残念ながら本来の形で
日の目を見ることはありませんでしたが、
作りながら、
「ああ、アレはこうなってたのか」と
いろいろ気づきを与えてくれる
得がたい経験となりました。


ちなみに「気づき」といった
都合の良い単語を連呼する人を
簡単に信用してはいけません。




伸び盛りのみなさんに。



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

こっきょく

こんばんわ。
500円貯金と同じくらい
会務を頑張っている
弁護士中村真です。


昨日、私が所属する
交通事故事件問題
プロジェクトチーム(PT)企画の
研修会があったんですよ。
弁護士会で。

で、PTは座長1名の下に
副座長が3人おりまして、
私もその末席に名を連ねております。
(PT役員四天王では最弱だけど、
要するに仕事してるアピールね)


裁判所の交通集中部とPTで行う
合同研修会は今回で2回目。


前回(第1回)は
交通事故事件における
一般的・基礎的な立証活動について
裁判官に講義をしてもらいました。


たしか、
死亡事案では
死ぬ前に「残念残念」って言っておかないと
遺族が慰謝料請求できなくなるとか
そんな話だったかな?




02zannen.png




この辺は大昔に最高裁判決で
クリアされたんだったっけ?
すいません、ちょっと前のことなので…。





で、今回のテーマは
「後遺障害に関する損害賠償」
でした。

一口に後遺障害といっても
いろいろな種類・内容があるわけで、
立証・認定上もいろいろな問題があります。


当職はもうかれこれ13年ほど
交通事故事件を扱っていますが、
まだまだわからないことはたくさんあり
今回の研修は非常に役に立ちました。






01syougai.png






後遺障害は
とにかく論点が多いので、
今回の研修会では、
①自賠と判決での等級認定の相違
②減収がない場合の逸失利益
③資料が不十分な場合の基礎収入認定
という三つのテーマに絞られました。


そして、実際の進め方は
3名の裁判官に基調報告を頂いたあと、
当会の主砲クラスの
手練れ弁護士2名

原告側、被告側に分かれて裁判官とともに
パネルディスカッションを行うというものでした。



近時、実際の業務に直結する勉強会や
単位認定の対象になる研修は
人が集まりやすいのですが、
その中でも裁判官を招いて行う回は
いっそう参加者も多くなるんですよ。



そんなわけで今回も、
判決の偽造などしたことないし
する予定もないという弁護士が
本庁、阪神支部、姫路支部併せて155名も
参加するという盛況ぶりでした。

これは、中規模の当会では
驚異的な参加数です。
実に県総人口の0.0028%もの人
受講した計算となります。




でね?

その充実っぷりったら
なかったから
研修会の内容を
いちいち全部書いてると
年が明けそうなので端折りますが、
当職が一番心に刺さったところが
何かって考えると骨棘なのよ。


ほら、骨棘

わかるでしょう?
こっきょく
もしくは、こつきょく。

「ほねのとげ」と書いて
骨棘。


12級か14級か非該当かが
争いになる神経症状の事例で、
事故後症状はあるんだけど、
MRI確認したところ、
神経の圧排ってそれよく見たら
あらやだ骨棘じゃない?これ、っていう。





07sekitsui.png




骨棘は固くて尖っているので、
丸っこくて柔らかい
肉球の対極にあるわけです。


固くて尖っているのと、
丸っこくて柔らかいの…。







話を戻します。

骨棘は
加齢現象であることが多く、
そうでなくても
形成には相応の期間が必要になる
っていう理解が一般的です。


そうなると原告の訴える症状も
事故前から続いていたものか、
元からあったものが
事故によって増悪したに過ぎないっていって
因果関係争ったり
素因減額の主張したり
するわけじゃないですか。



そらそうよね、
椎体の膨隆なんかは
しらんけど

追突時のウィップラッシュで
いきなり椎骨の辺縁部が
ピュッと尖ったりとか
いかにもしなさそうだし。




とはいいつつも、
パネル中、PCの前で
スライド操作しながらぼんやり考えてたのは
「本当に事故の外傷で
骨棘って形成されないものなの?」

っていうことなんですよ。





しないの?












04sasaru02.png




冷静に考えたら、
槍っぽいものが頚椎貫いてたら
既に12級とか14級とかの
話じゃないよね















03kokkyoku.png










結局、よくわかんない部分もあるけど、
とりあえず、骨棘にハマった
私やあなたのために

PTのマスコットキャラクターを
考案したのでご紹介しますね。











05kokkyokuguma.png






「俄に信用しがたい」は
「ニワカニシンヨウシガタイ‼︎」って
ウラ声で話します。






楽しんでいただけましたでしょうか?
そうでもない?


いまちょっといろいろと
いそがしいから
今回はこの辺で。


今年もできるだけ
役立たない感じで
まとめていこうと
思ってるよ。

ではでは('ω')ノ









06emingo.png









にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

赤と青

こんばんは。

親譲りの無鉄砲で
子どもの頃から損ばかりしている
弁護士中村真です。

もう暦は三月ですが
今年に入ってから初めての更新です。



あけまして
おめでとうございます。





ところで、かなり以前の話になりますが、
このブログでも少し触れた
当職が編集委員の末席に加えて頂いていた
「実際の処理実例を集めた管財本」企画、
覚えてる方はおられますでしょうか。




atamakakukai.png



実は、その本、
『破産管財PRACTICE』
ついに、満を持して、
民事法研究会から発売されました!\(^o^)/

1月21日に

それではご覧頂きましょう。



テッテレー!






b&p

※右が今回発刊された『破産管財PRACTICE』です。




この企画は、
もともと平成26年2月に同社から発刊された
『破産管財BASIC』(上写真左)の続きの企画です。

『~BASIC』はその名の通り、
若手~中堅の管財人に基礎的・体系的な
管財知識を習得してもらうことを
主眼としていました。

そして、今回の『~PRACTICE』
さらに一歩踏み込み、
40人を超える管財経験豊富な執筆陣から
実際の処理事例の提供を受け、
その中から、業種別、手続段階別に
よく見られる問題点を取り上げて、
具体的な処理結果と共に
紹介する形式となっています。

まさに実践的(practical)
内容になっております。
(上手くまとまったワイ)


さて、見て頂いて分かるように、
最初に出た『~BASIC』
赤い彗星カラー
今回出た『~PRACTICE』
青い巨星カラー
となっております。


これは全くたまたまですが、
出来すぎといえば出来すぎな感じ。


とりあえず、『~BASIC』
『~PRACTICE』のイメージを
あくまで個人的な見地から説明すると
以下の様な感じでしょうか。


char.png






raru_20170315170536867.png




私自身は
『~PRACTICE』からの参加組ですが、
今回の本の企画で
100を超える事例に接することができ、
色々な管財人経験者の問題意識や着眼点に
触れられたのは、
誠に有意義な経験でした。


「そうか、赤い方は基礎的な内容で、
青い方は中級者以上の人向けなのか」

これはチョット違います。


『~BASIC』はチェックリストやQ&A方式など
管財経験が少ない人向けに
使いやすい配慮はなされていますが、
その内容は初歩からかなり高度なところまで
カバー出来ているので、
対象が初心者に限られるわけではありません。

また、『~PRACTICE』
事業者破産での各業種特有の問題のほか、
自然人についても、契約関係の処理や換価、
放棄の際に持つべき視点・価値判断、
免責意見を述べる際の注意点など
それぞれの手続毎に問題となる
トピックが多く扱われています。
そのため、初心者の方にとっても
実際の事件処理に当たる上で
効率よく経験値を得られる配慮がなされています。


だから、両方買ったら
いいと思うの。




tikuru.png
















ところで、最近、
『~BASIC』『~PRACTICE』以外にも
赤い本と青い本を手に入れましたよ。


それがこれ。


futei.png



弁護士会館ブックセンター出版部LABO
から刊行された
『判例による不貞慰謝料請求の実務』(2015年6月刊)、
そして『判例による不貞慰謝料請求の実務 主張・立証編』(2017年3月刊)
です。





これも、先に2015年に出ていた
青い方(写真左)の続きの企画として
「主張・立証編」(写真右)が出された形です。


青い方
不貞慰謝料請求における理論的な問題点、
つまりなぜ不貞で賠償が
問題となるのかというところから始まり、
賠償請求事案での攻撃防御の様相(Kg⇒E⇒R…)、
裁判例にみられる賠償額や考慮要素の紹介など
非常に充実した内容で、重宝しました。

そして、今回出た「主張・立証編」では
文字通り、裁判実務において
どのように主張・立証を行うべきかという
これもより実践的(practilal)な
内容となっています。

2冊に共通するコンセプトとして
「不貞慰謝料請求訴訟に関する
裁判実務の参考に供するために、
過去の実際の裁判例を
可能な限り豊富に紹介する」

というものがあります(「主張・立証編」はしがき)。

「判例による」の名に恥じず
どちらも多くの判例・裁判例が紹介され、
事案の内容や射程に関して
鋭い分析が加えられています。









立証が主要なテーマの一つに
据えられているだけあって、
本文中で紹介されているメールやSNSの文面
(判旨に出てたんでしょうね。)は
かなりグッとくるものがあります。

扱う内容が内容なので、
中2男子を引きずったままの私なんかには
別の意味で役に立つ記載が多いのですが、
これもをぜひ揃えたい本ですね。

実際、かなり売れているみたい。




mail01.png

















matemate.png






最後に赤青本の真打ち登場です。



manual.png

岡口本といえば
要件事実マニュアルが有名ですが
個人的にはこちらの
『民事訴訟マニュアル』の方が
より弁護士業務に
密着した内容になっていると
感じています。


「書式のポイントと実務」
が謳われていますが、
条文に基づく手続、
場面ごとの知識や注意点だけでなく
実務で取られている運用、動向が
裁判例等を引用する形で
挿入的に紹介されているので
コンメンタールとは違って
手続を立体的に把握したり、
自分のとる手続の行く末を読んだり
するのにかなり役立っています。










そして、この書籍も
上巻が、下巻が

なにか陰謀的なもの
感じはしますまいか?



陰謀といえば、
最近私はまた少し太りました。

毎食、「これがこの世で最後の
食事かもしれない」と思って
前向きに食べていた成果です。

それではまた。





にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

2016→2017

今年も今日で終わり。

この一年、
いろいろあったような気もしますが、
なぜかあんまり思い出しません。


俺は過去を振り返るよりも
常に目の前にあるものに
全力で向き合っていたいから
です。
目の前にあるのは
だいたいスマホなんですけどね。



そんな私は今、
日本を離れ
スイスに来ています。
間違えました。
山口県でした。













秋吉台の荒涼とした大地に立ち、
夜空を見上げると、
満天の星空があるかと思ったら
少し曇っててあんまり星は見えないけど、
それでも大晦日にふさわしく、
まあ、来年もそれなりに
適当に頑張るぞ

熱い血の滾りを感じるのでございます。










そんなわけで、
皆様、良いお年をお迎えくださいね\(^o^)/
来年も宜しくお願い致しますm(_ _)m
お餅食べるときはよく噛んでね〜。




にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。