FC2ブログ

ヒラメ裁判官になりなさい

こんにちは、
半官半民の生活
あと5ヶ月足らずで
終わろうとしている
まこつです。



修習生を交えた
ある飲み会の席で、
こういう会話があった
と、思ってください。





hirame01.png





まず、
ヒラメ裁判官
という言葉の
もともとの出処から
説明が必要かもしれません。



もうかなり前、
ある年度の新任裁判官の
辞令交付式で
当時の最高裁長官が
以下のような訓示を垂れたという話が
一時話題になりました。





hirame02.png
(長官の訓示のイメージ)




信念を貫いたら
庁舎の壁も貫いて
外に出てしまったという
エピソードはさておき

伝えたい内容それ自体は
それなりに筋が通っているなと
思いました。


ビジネスシーン一般でも
上ばかり見て
仕事のクォリティが二の次になる人材

のことを「ヒラメ」と
呼ぶことがあります。


要するに先の長官は
「裁判官でもそのような
好ましからざる傾向があるやに
聞いているが」と釘をさしたわけです。



上の覚えばかり気にするということ。


そこには、当然、
出世欲だとか上昇志向だとか
それ単体で見ると
本来価値中立的な姿勢があって、
ただ、それが前に出すぎると
職責を果たせなくなる。

それを、「眼が上に付いてて
上しか見えないヒラメ」

なぞらえて話したのでしょう。




hirame03.png




長官の訓示に漂う、
「上手いこと言うたった」感が
少し気になりますが、
ヒラメ裁判官って
はたして悪いものでしょうか?

というお話です。


皆様、メモのご用意を。







まず、諸説ありますが
ヒラメは比較的
視力(静止視力)が弱い魚種で
人間で言うとかなりの近眼です。

だから、上を見ると言っても
そんなに高いところまでは
見えていない
という説が有力で、
これは実際のヒラメ狙いの釣りの手法にも
反映されています。


そのため、
上ばかりを気にする
上昇志向が強い
というイメージからは既に遠いわけです。


だいたい、
ヒラメのような
いわゆる底物の魚が
上のほう(水面近く)まで上がってくるときって
釣られて一生を終えるときですし。






hirame04.png





ところがその反面、
ヒラメは非常に動体視力がよい
魚でもあります。

その獰猛さもあって、
ヒラメの成魚の餌の9割以上が小魚です。
俊敏に泳いで近くに来た小魚を
(ヒラメなのに)華麗に捕食します。
ヒラメが典型的な
フィッシュイーターだといわれる所以です。


要するに、
ヒラメは上は
あんまり遠く(高く)まで
見えない
反面、
周囲の動くものに対しては
かなり敏感・機敏に反応する
のです。
ことヒラメに関する限り、
決して「周りが見えていない」
ということはありません






そのため、ヒラメ釣りでは
ルアーも
その動体視力にアピールしやすい
派手なカラーリングのものが
好まれます。








ところで、
カラフルなルアーって
可愛いですよね?
カバンにアクセサリーとして付けていたら
満員電車でステキな異性が
釣れる
かもしれません。



話を真面目な方向に戻します。

このような
視野と捕食行動の点は、
翻って考えると、
ヒラメ裁判官
視野狭窄に陥らず、
周囲の事情の変化にも機敏に対処できる
よい裁判官だ

ということに他なりません。





次。


ヒラメを語るときに
絶対に外せないのが
「ヒラメ40」です。


これは、要するに、
ヒラメ狙いの釣りでは
アタリが来てもすぐにアワセず、
ゆっくり1から40まで数えてから
アワセなさいよ
という重要な格言です。

フィッシュイーターである
ヒラメは口で小魚を捕らえても、
すぐには飲み込まず、
小魚が弱るのを待ってから
喰い直す習性があるからだと言われています。

「ああ小魚でなく弁護士でよかった」と
思わずにいられません。



このために、アタリのあと
すぐにアワセると
喰いが足りず、
バラしてしまうという難しさがあり、
反面、これがヒラメ釣りの
面白さの一つにもなっています。


この点を翻って考えると、
ヒラメ裁判官は
喰いやすいエサを
簡単に丸呑みしようとするのではなく、
主張と証拠を精査し、
慎重に判断するということであって、
要するに、注意深くかつ
思慮深いよい裁判官だ

ということに他なりません。



hirame05.png




その分、代理人サイドとしては、
簡単にアワセてバラしてしまう
ということがないように、
裁判官の理解度や
腑に落ちているかどうかを見極める
必要があるということですね。

さしづめ
「民事40」といったところでしょうか。
要するに、確実な勝訴を期するのであれば
訴状の受理から
少なくとも40日は見ておくべし

というわけです。


「だから訴状受理から
第1回期日指定までいつも
1ヶ月強はかかってるのか!」

皆さんが膝を打つ音が聞こえてくる、
そんな気が致します。





もう一つ、
ヒラメ裁判官という言葉は、
我々に、
民事の裁判官のあるべき姿について
一つの重要な示唆を与えてくれます。


すなわち、
いつも平坦な砂泥地に居場所を見つける
ヒラメよろしく、
ヒラメ裁判官は、
常にちょうどよい落ち着きどころを
見つける
という、
民事裁判官にとって、いや、
およそ民事紛争解決に携わる者にとって
最も重要な資質を備えているのだ
ということです。






hirame06.png





いかがでしたでしょうか?


ヒラメ裁判官の素晴らしさ、
分かっていただけましたか?



もちろん、この限られたスペースで
(といってもブログだから
書こうと思えば何万字でも書けるんだけど)
ヒラメ、ひいてはヒラメ裁判官の魅力の全てを
お伝えすることなど到底できるものではありません。


ですが、加えていくつか、
「ヒラメ裁判官たれ!」という
自説を支える根拠を提示しておきたいと思います。


・ヒラメはその体の構造上、
 あまり泳ぎが達者ではない
 →ヒラメ裁判官には組織内を
  上手く泳ぐといった発想がない


・ヒラメの裏側は白い
 →ヒラメ裁判官は腹黒くない

・ヒラメは大きな個体では1mを超える
 →ヒラメ裁判官は大物になる

・ヒラメは夜、活発に活動する
 →令状当番、自宅・官舎帰宅後の起案と
  精力的に仕事に励む

  (判決言い渡し期日前は特に)

・ヒラメは泥の中で活動する
 →ヒラメ裁判官は泥臭い仕事
  (裁判官室で同僚からお茶代を集めて回ったりとか)
  も厭わずこなす積極性がある



いかがでしょうか、
こうなると、梅雨明けの夏場、
水温が高くなる頃にヒラメの活性が下がることすら、
裁判所の夏季休廷との奇妙な符合のように
思えてくるから不思議です。


今、ここで一つだけ確実に言えるのは、
冒頭の訓示を垂れた最高裁長官は
おそらく釣りをしないのだろう
ということです。




最後に、もうひとつだけ
重要な視点を提供して終わりたいと思います。







hirame07.png





hirame08.png



もちろん世界的に見ると、
例外もあるのですが、
日本近海に生息するヒラメ・カレイに関して言えば
この左右のルールがほぼ当てはまります。


そして、ここで言いたいことは
すなわち、
「上に上りやすいのは、
左を見ているヒラメよりも、
むしろ右を見ているカレイではないか」

ということです。

ただ、諸般の事情により
この問題はこれ以上は踏み込みません。



みなさんも
ヒラメ裁判官の素晴らしさ、
分かっていただけましたか?









hirame09.png









今回の私の拙い文章と絵で、
一人でも多くの方が
ヒラメ釣りの魅力、奥深さ
気付いてくれたら
これほど嬉しいことはありません。





























hirame10.png

おしまい。




にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



天使のエビ

最近、行ってみた店で立て続けに聞いた食材名。
「天使のエビ」

なんか食べ物につけるにはちょっとアレだなぁと
思わなくもないネーミングです。

で、こないだいった串揚げ屋で、
机を拭いていたアルバイトらしき店員さんに
「『天使のエビ』ってなんですか?」って聞いてみたけど
「いや、ちょっと僕では…」とのお答え。

私もいい大人なので、
店員さんがエビだと思ってたわけではないのですが、
どうにも気になったので、家に帰って調べてみた。

予想はしてたけど、見た目は普通のエビでした。

なんか、
「南太平洋の楽園“天国に一番近い島”
として知られるニューカレドニアの
汚れのない美しい安全な海水で
一切の添加物を使わずに
自然食のみで養殖されて」
いるエビとのこと。
やはりエビにつけられたブランド名らしい。

なんでも車エビやブラックタイガーよりも
旨み・甘みの元となるアミノ酸成分が多くて美味らしい。
(ちょっと調べただけでは生物学的な名前はわからない。
でも、そんなことどうでもいいでしょ?)

確かに食べた瞬間、その甘みと味の深みに圧倒されました。
というのはもちろん嘘で、
味覚の鈍いことに定評のある私には
普通のエビとの違いはわかりませんでした(エビならなんでもおいしいクチ)。
でもいいじゃない別に。客観的にはおいしいエビらしいから。

ただやっぱりネーミングが。

仮にも楽園を追われた人間のはるか上位にいる天使様
食べるというのに若干抵抗があります。

ebi01.jpg


それに、天使といっても、料理として出てくるときは死んでるし(ヘタすりゃフライ)。
…だから「天使」なのかもしれない。そうなると別の意味でウマイな。

このエビ、ニューカレドニアで養殖されてるらしいし、
確かに、エビにとっても「天国に一番近い島」と言えそう。


ここで、さっそく本題ですが、
天使のエビであろうが地獄のエビであろうが、
エビを食べるときに注意してもらいたい点が一つあります。

次の画像を見てください。

ebi02.jpg

女性などに多いんだけど、
エビチリ、エビフライ、エビ天、刺身を問わず、
またエビの種類を問わず、
エビの料理を食べるときに、
Aの部分で喰い千切っておしまいという残念な人が少なからずいます。
でも、固い甲殻で覆われてるけど本当はBの部分までが食べられる部分
エビだけにA~Bの部分も食べられるってことは
エビ好きならば誰でも知ってる。
つまり、Aであきらめてしまってる人はエビを味わい尽くせていない。
こういう人は人生のいろいろな場面で、
大切なものを拾い切れていないことが多い。と思う。

だから、こういう料理が出たときは、
一旦Bの部分まで口に入れてBのラインを噛んでから
しっぽを持って引っ張れば
あら不思議。
手元にはしっぽとA~Bの甲殻の部分だけが残り、
エビの身を余すところ無く食べられるという寸法。
(Bで噛んだ時点で甲殻ごとちぎれてしまいそうに思いますが、
エビの身体というのはそれほどヤワではない。)

これを実践するだけで、
生涯のエビの摂取量でライバルに差をつけられること間違いなし。
無類のエビ好き(但し味オンチ)としての立場からのお願いです。

…ちなみに、実は尾部の中身も食べられる身が若干あって、
私なんかはそこまで攻めることも多いのですが(体調と気分による)、
こればっかりは他の人にはあんまりお勧めできません。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

夏だから

関西で業務を行っている
若手~中堅弁護士の大多数がそうであるように、
私もセミが好きで溜まりません

単に聞いているとどうにも暑さを感じさせるものですが、
セミの鳴き声がないと
夏はさぞつまらんだろうなぁと思います。
特に夏山に響き渡るヒグラシの鳴き声は
つい郷愁を誘われてしまいます。

ただ、さいきんうるさすぎ。セミが。
セミのくせに。

そういや、ミンミン鳴くから「ミンミンゼミ」っていうのがいるけど、
アブラゼミもクマゼミもミーンミンミンミンって鳴いてるんじゃないかって
大抵の人が思うらしいですね。
私は思わないけど。
鳴き声はそれぞれ微妙に違う。
Wikipediaにそう書いてたし。

そういえば昔、初夏の夕方に庭で見つけたセミの幼虫が
木に登り、まさに羽化しようとしているところを見つけたことがあります。
茶色の殻が割れて、中から薄黄緑色のセミが少しずつ身体を出して
羽を伸ばしていく様は何とも言えず神秘的で美しいものでした。

そんなわけでセミの脱皮(羽化)にインスパイアされ、毎年
夏なので、心機一転何かをはじめたい!
と20代の頃から思い続けているのですが
大して何もしないまま終わるのが通例です。

dappi.jpg

昔はクマゼミが、羽が透明で大きくて強そうだったので好きだったのですが、
今はアブラゼミばっかりになっちゃったんだってね。
環境の変化のせいかな?

あと、昔よく「羽化したセミの寿命は1~2週間」って言われてたけど
本当はもう少し長いんだとか(1ヶ月くらい?)。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR