スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起訴便宜主義について

交通事故がらみの刑事事件に
被疑者段階から私選でつくことも多いんですが、
その時によく思うのが、
検察官や副検事のいう
「起訴も視野に入れて」っていうのが
かなりアテにならんなということ。

数年前くらいから、
(ホントかどうかは知りませんが)
全国的に刑法犯が減ってるなんて言われていまして、
「そのために検事が起訴する事件を探している」だとか、
「従来起訴されないような事件でも公判請求されてる」だとか、
「検事の給料は時給にしたらかなり低い」というようなことを
ちょくちょく耳にするようになりました。

それから、東名高速や福岡の悪質な事故があってから、
交通事故事犯の社会的影響や一般的な処罰感情が高まっているので、
業過や自動車運転過失致死傷に対する処罰も
厳しくなってきているように感じます。
(これ自体はもっともなことだと思います。)

ただ、死亡事故といっても
被害者側に重大な過失があるような事案では
起訴されるかどうか自体が微妙だというケースがあって、
そんなときには検察官や副検事の言う
「起訴も視野に入れて」っていう言葉がいつも以上に気になります。

それまでの事件処理経験だとか、
カンみたいなもので
「これで公判請求はさすがにないだろう」と頭ではわかっていても、
訴追裁量権を持った検事が「良くて罰金、
場合によっては公判請求も…」
なんて口にするのを前にすると、
弁護側としてもどうしても安全策をとって動かざるを得なくなります。

しかし、やはり最終的には起訴に至らずに終わることも多いので、
中には「被疑者をビビらせて被害弁済させ、
処罰感情を和らげさせて不起訴の材料としたい」というようなケースも
相当数あるんじゃないかと思っています。

今までで一番ひどかったのでは、
担当の副検事から
公判請求は確実。よくて執行猶予、
悪くすれば実刑判決も視野に入れて…」と言われてたのに、
蓋を開けたら公判請求どころか略式起訴もされず、
起訴猶予となったというケース(もともと被害者の側に重大な過失が見込まれた事案でした。)。

あくまでも個人的な意見ですけど、
検察官って何か言うと
「~○○を視野に入れて~」っていう表現を好んで使うっていう印象があります。
「自動車運転過失致死 ~実刑も視野に入れて~」
って書くとなんかフランス料理のメニューみたいですよね。
ただ、この「視野」ってずいぶんと広いみたいです。

基本的に検察官は正義の味方だと思っているのですが、
思わせぶりな態度もほどほどにして欲しいものです。

biken.jpg


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 

スポンサーサイト

裁判員にご注意を!

こんにちは。
裁判員裁判はまだ経験したことがないのに、
地裁ロビーと弁護士会ロビーのPRビデオで
裁判員制度の理念だけには詳しいと自負している
弁護士中村です。

新聞等でも報道されているように
東京地裁立川支部での強盗致傷被告事件の裁判員裁判で、
弁護人が法廷の外で担当裁判員と言葉を交わしていたこと
問題になっているようです。

報道等で現れている情報だけなので詳しい状況はよくわからないのですが、
公判の休憩中に、
裁判所の喫煙室で喫煙していた裁判員に対し、
弁護人が評議の雰囲気を聞いたというような話らしいです。

裁判員裁判については
裁判員法というのがありまして、
正確には「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」っていうんですが、
その102条1項に以下のような定めがあります。

「何人(なんぴと)も、被告事件に関し、
当該被告事件を取り扱う裁判所に選任され、
又は選定された裁判員若しくは補充裁判員又は
選任予定裁判員に接触してはならない。


これも裁判員の職権行使の独立(裁判員法8条)だとか
評議の秘密(同法9条2項)だとかを保護するために
必要なルールなんでしょうね。

通常、裁判員に選任された人には、
必ず「誰に対しても評議の内容を漏らしてはいけませんよ」と
最初にきついお達しがあるはず。
でも、弁護人としては裁判員法まで見てなかったのかもしれませんね。
それか本気でその事件の見込みを聞き出そうとしたものか。

裁判員裁判という単語を聞くと
決まって「山本山」を思い出してしまうのは
なにも私だけではないと思いますが、
結局、報道されたケースでは「裁判の公正さを失わせる行為はなかった」として
裁判員の交代もなく懲役9年の判決言い渡しがなされたとのこと。
しかし、地裁が東弁に再発防止の申し入れを行うという異例の事態に発展したようです。

裁判員裁判でなくても、
証拠調べ期日の休憩時間に相手方当事者などと
裁判所の廊下や待合室で顔を合わせたときに
ちょっと気まずい感じになることは誰でもあるはず。

裁判員とも別にトイレや喫煙所が分かれてるわけじゃないから、
裁判員裁判の際は注意する必要がありますね。

トイレなんかで会ったときも、
裁判員の方を気遣って掛けた言葉が、
「被告事件に関して評議の内容に探りを入れている」
受け取られてしまう危険性もあるわけだ。

toilet.jpg

よい子はそこんところ気をつけよう!

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

かわいそうな被告人のおっちゃん

裁判所(本庁)に行くと1階ロビーにソファが組んであって
待ち合わせや簡単な打ち合わせができるスペースがあるんです。

で、こないだ、管財の集会期日までちょっと時間があったんで、
そこで座って記録を見直したりしてたんですが、
ロビーの大型テレビでずーっと流してる裁判員裁判のビデオが
どうしても目に入ってくるんですよね。

これは最高裁判所が作った
「あなたも参加する刑事裁判~裁判員制度が始まります~」
という名の来庁者向けのPRビデオで、
内容は架空の事件を題材に裁判員裁判の様子を説明するというもの。
(ドラマに出てくる法廷は、法壇に向かって右が検察官、左が被告人側なので、
神戸を含む多くの地方庁とは別の配置。多分東京地裁に合わせて作ったんだろうね。)

辰巳琢郎がナビゲーターで出ていたり、
勝野洋が裁判長を演じていたりと、
相応に金が掛かっている(んだろうなという)内容で、
それなりに面白いんですが、
地裁ロビーで熱心に見てるのは私くらいのもんです。

ちなみに、ストーリーは、ちょっとショボくれた感じを出した被告人のおじさんが、
うまく行ってなかった仕事のことをいわれてカッとなり
「てめえ、逃げるのか」などと言って
知り合いを果物ナイフで刺したというなんとも物騒な殺人未遂の事案。

検察官は眼鏡をかけた世紀末覇者みたいな、眉間に皺の寄った強面の中年男性。
情状証人は、これまた力のない奥さん。
被告人は申し訳なさ丸出しでそれなりに雰囲気が出ています。
ホントよく雰囲気出てる配役だと思います。

video02.jpg

で、以下ネタバレになりますが、
求刑は懲役8年と果物ナイフ没収のところ、
判決は懲役6年の実刑。それに未決算入20日でナイフ没収。

裁判所のロビーではこのわずか15分程度のビデオが朝から晩まで
無限ループ再生されているので、
仕事で裁判所に行く人は嫌でもその内容を覚えてしまいます。

ただ、このビデオをずーっと見ていると、
不思議なもので、何度も起訴されて
立たされて絞られている被告人のおっちゃんがだんだん不憫になってきます。
必ず、なってきます。

「あの人、また起訴されてる」と。

で、「このおっちゃんは何万回も起訴されて、
でも控訴も収監もされず、
永久に起訴と実刑判決を受け続ける運命なんだなぁ。
認めの事件なのに。気の毒」と思うようになります。
あと「毎回、同じこと言って反省が無い」とも。

例えば、1回15分として、
一日午前10時から午後5時まで8時間流すと一日32回、
一年で開庁日が240日として年間7,680回、それだけの回数
この被告人のおっちゃんは起訴され続けている訳です。

そして、恐ろしいことにこのビデオ、
平成21年5月の裁判員裁判開始前に作成されたものなのです。
(だから、タイトルも「裁判員制度が始まります」と謳ってある。)
平成20年からとして平成23年6月までと考えても3年半。
つまり起訴~実刑の回数は2万5000回を超えるわけだ。
いくら裁判自体は15分で終わるとしてもこれはイヤよね。

ということを考えていたら、
うまい具合に集会期日までのいい時間潰しになりました。

この裁判員裁判のPRビデオはネット上でも見られるので、
興味がある方は是非見て、
裁判員裁判の奥深さを目の当たりにするがいいですよ。
http://www.saibanin.courts.go.jp/


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

国選弁護報酬の不正請求

昨日、日弁連の会長名義で各会員宛に
「国選弁護報酬の請求について(お願い)」という
fax文書が送信されてきました。
こういう風に、全会員宛に一斉にfaxが送られるということは結構あります。

で、その文書によると、
「日本司法支援センター(法テラス)の調査の結果、
153名225件の被疑者国選弁護報酬の過大請求が判明した」
ということです。

法テラスの業務開始前と異なり、
今の被疑者・被告人国選事件では、
起訴前の接見回数や公判期日の回数で
報酬が加算される
というシステムになっています。

で、どの世界にもパイオニアはいるもので、
「公判期日の回数なんかは記録上明らかになるからアレやけど、
警察署への接見回数はそうそう調べんやろうから、
実際より多く書いて請求してもわかんねぇだろう」

って考えて、さっそくバカみたいに接見回数を水増しして不正請求した
痴れ者の弁護士が岡山にいました。

年齢的に結構ベテランの弁護士だったようですが、伝え聞いた話では、
「接見回数で報酬が増額されるとは夢にも思わなかった」的な
弁解をしていたと聞いています。
この点でもある意味弁護士として抜きん出ている印象があります。

そしてこの不正請求事件が発覚して以降、
法テラスと各都道府県警察とが接見回数水増し防止のために協議しました。
その結果、毎回、警察署や拘置所での接見ごとに、
接見申込書と複写式の「接見資料用紙」なるもんを
施設側が弁護人に交付し、その資料を被疑者国選弁護報酬請求の際に添付させる
っていうシステムが後付けで作られました。
まじめにやっている大多数の弁護士や警察署、拘置所員からすれば
本当に面倒で迷惑な話です。

それなのに、その後も先に書いたような
実態に反する請求が多数行われていたということにちょっと驚きました。
「接見資料用紙」を偽造するなんて難しそうやしどうやったんやろう…。
公判回数なら簡単に嘘つけそうだけどその分ばれやすいしね。
「不正請求」ではなく「過大請求」とは書いてあるけど、
請求手続上は金額ではなく単なる処理結果の「事実」を報告するわけだから、
業務処理結果自体を偽って申告した可能性が高いと思われます。
(中学のときの担任が、
「嘘の中で最も悪いのは自分をよく見せるためにつく嘘だ」
と言っていたような気がします。
言ってなかったかもしれません。)

まぁ、不正請求自体はほんとに馬鹿げた行為なわけで、
みんなそれなりの処分を受ければいいと思うわけですが、
それとは別の部分で、法テラスの評価方法に疑問も無いではありません。

というのも、接見回数や公判回数を弁護士業務の成果を計る指標とすることに
結構な違和感があるからです。
このシステムで報酬を上げようとしたら、
必要なくても連日警察署に通って接見すればいいことになります。
しかし、その結果、回数稼ぎのためだけの不必要な接見が繰り返され、
留置係の事務処理負担が大きくなるほか、
ただでさえ少ない接見室が埋まってしまう機会が多くなり、
本当に必要な緊急の接見が阻害されてしまうことになってしまうわけです。

keiji02.jpg

その一方で、起訴後の接見は何百回行っても
原則として報酬には反映されないシステムなので、
起訴後はぱったりと接見をやめてしまう弁護士というのが出てくる。
被告人としては「あら?お見限り?何か怒らせるようなことしたかしら?」と不安になるよね。

自分の事件でも考えさせられる件がありました。
非常に追起訴の多い案件で被疑者国選から受任したんですが、
最初に起訴されたあとは、
追起訴分(余罪)の取り調べが起訴後の勾留を利用して続けられたため、
結局「被疑者勾留の状態がない」として、
10回近くに及んだ起訴後の接見は全く報酬算定上評価されないこととなってしまいました。

別件の起訴後勾留を利用した逮捕を経ない取り調べにも
実質的に問題があると思われる事案だったので、
担当検事に取り調べ方法等に関する申し入れ等も行いましたが改善されず。

追起訴分の方が事案が複雑で(事件としては傷害→公的給付の詐欺という流れ)、
被告人(被疑者)との打ち合わせ回数も多かったので、
自分としては非常に不公平感の残る案件になりました。

ちなみに、今回の日弁連の通知書面でも
「国選弁護報酬は、労力に応じた報酬基準という考え方を新たに導入し、
弁護士自身の報告に基づく接見回数や公判回数等を基に支払われてきました。(キリッ」

とありますが、「労力に応じた」っていう点で接見回数を問題にするんであれば、
起訴前、起訴後を問う必要はないはずです。

このように、接見回数という業務内容の実質とはさほど相関しない要素を
報酬額決定の指標にする割に、
ほとんど大多数の事件では刑事記録の謄写費用も認められない(報酬から支弁しないといけない)
という辺りが、国選弁護報酬算定制度のもつ最もいびつな面じゃないかと思います。
これは被疑者国選が始まる前から弁護士会が言い続けて来たことですが…。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。