赤と青

こんばんは。

親譲りの無鉄砲で
子どもの頃から損ばかりしている
弁護士中村真です。

もう暦は三月ですが
今年に入ってから初めての更新です。



あけまして
おめでとうございます。





ところで、かなり以前の話になりますが、
このブログでも少し触れた
当職が編集委員の末席に加えて頂いていた
「実際の処理実例を集めた管財本」企画、
覚えてる方はおられますでしょうか。




atamakakukai.png



実は、その本、
『破産管財PRACTICE』
ついに、満を持して、
民事法研究会から発売されました!\(^o^)/

1月21日に

それではご覧頂きましょう。



テッテレー!






b&p

※右が今回発刊された『破産管財PRACTICE』です。




この企画は、
もともと平成26年2月に同社から発刊された
『破産管財BASIC』(上写真左)の続きの企画です。

『~BASIC』はその名の通り、
若手~中堅の管財人に基礎的・体系的な
管財知識を習得してもらうことを
主眼としていました。

そして、今回の『~PRACTICE』
さらに一歩踏み込み、
40人を超える管財経験豊富な執筆陣から
実際の処理事例の提供を受け、
その中から、業種別、手続段階別に
よく見られる問題点を取り上げて、
具体的な処理結果と共に
紹介する形式となっています。

まさに実践的(practical)
内容になっております。
(上手くまとまったワイ)


さて、見て頂いて分かるように、
最初に出た『~BASIC』
赤い彗星カラー
今回出た『~PRACTICE』
青い巨星カラー
となっております。


これは全くたまたまですが、
出来すぎといえば出来すぎな感じ。


とりあえず、『~BASIC』
『~PRACTICE』のイメージを
あくまで個人的な見地から説明すると
以下の様な感じでしょうか。


char.png






raru_20170315170536867.png




私自身は
『~PRACTICE』からの参加組ですが、
今回の本の企画で
100を超える事例に接することができ、
色々な管財人経験者の問題意識や着眼点に
触れられたのは、
誠に有意義な経験でした。


「そうか、赤い方は基礎的な内容で、
青い方は中級者以上の人向けなのか」

これはチョット違います。


『~BASIC』はチェックリストやQ&A方式など
管財経験が少ない人向けに
使いやすい配慮はなされていますが、
その内容は初歩からかなり高度なところまで
カバー出来ているので、
対象が初心者に限られるわけではありません。

また、『~PRACTICE』
事業者破産での各業種特有の問題のほか、
自然人についても、契約関係の処理や換価、
放棄の際に持つべき視点・価値判断、
免責意見を述べる際の注意点など
それぞれの手続毎に問題となる
トピックが多く扱われています。
そのため、初心者の方にとっても
実際の事件処理に当たる上で
効率よく経験値を得られる配慮がなされています。


だから、両方買ったら
いいと思うの。




tikuru.png
















ところで、最近、
『~BASIC』『~PRACTICE』以外にも
赤い本と青い本を手に入れましたよ。


それがこれ。


futei.png



弁護士会館ブックセンター出版部LABO
から刊行された
『判例による不貞慰謝料請求の実務』(2015年6月刊)、
そして『判例による不貞慰謝料請求の実務 主張・立証編』(2017年3月刊)
です。





これも、先に2015年に出ていた
青い方(写真左)の続きの企画として
「主張・立証編」(写真右)が出された形です。


青い方
不貞慰謝料請求における理論的な問題点、
つまりなぜ不貞で賠償が
問題となるのかというところから始まり、
賠償請求事案での攻撃防御の様相(Kg⇒E⇒R…)、
裁判例にみられる賠償額や考慮要素の紹介など
非常に充実した内容で、重宝しました。

そして、今回出た「主張・立証編」では
文字通り、裁判実務において
どのように主張・立証を行うべきかという
これもより実践的(practilal)な
内容となっています。

2冊に共通するコンセプトとして
「不貞慰謝料請求訴訟に関する
裁判実務の参考に供するために、
過去の実際の裁判例を
可能な限り豊富に紹介する」

というものがあります(「主張・立証編」はしがき)。

「判例による」の名に恥じず
どちらも多くの判例・裁判例が紹介され、
事案の内容や射程に関して
鋭い分析が加えられています。









立証が主要なテーマの一つに
据えられているだけあって、
本文中で紹介されているメールやSNSの文面
(判旨に出てたんでしょうね。)は
かなりグッとくるものがあります。

扱う内容が内容なので、
中2男子を引きずったままの私なんかには
別の意味で役に立つ記載が多いのですが、
これもをぜひ揃えたい本ですね。

実際、かなり売れているみたい。




mail01.png

















matemate.png






最後に赤青本の真打ち登場です。



manual.png

岡口本といえば
要件事実マニュアルが有名ですが
個人的にはこちらの
『民事訴訟マニュアル』の方が
より弁護士業務に
密着した内容になっていると
感じています。


「書式のポイントと実務」
が謳われていますが、
条文に基づく手続、
場面ごとの知識や注意点だけでなく
実務で取られている運用、動向が
裁判例等を引用する形で
挿入的に紹介されているので
コンメンタールとは違って
手続を立体的に把握したり、
自分のとる手続の行く末を読んだり
するのにかなり役立っています。










そして、この書籍も
上巻が、下巻が

なにか陰謀的なもの
感じはしますまいか?



陰謀といえば、
最近私はまた少し太りました。

毎食、「これがこの世で最後の
食事かもしれない」と思って
前向きに食べていた成果です。

それではまた。





にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

バックグラウンド

先だって告知させて頂いた
拙著『若手法律家のための法律相談入門』ですが、
5月19日に無事発売となりました。

初刷分がはけるかどうかが
本当に心配だったのですが、
今のところ思ったよりも好調な様子で
ほっと一安心です。


哀しいかな、
私自身、まだ店頭で売られているところを
一度も目にしていないのですが、
出版社の担当さんから聞いた話では
お陰様で品切れになっているお店もあるようです。
(その際は、予約注文で対応出来ると思います<(_ _)>)

また、3刷の重版出来日は
6月1日(水)
とのことです。

amazonでも
在庫の補充で
品切れは解消されたみたい。




イラストや漫画ではなくて
内容に関して好意的な意見をちらほら
頂けているのがよかったです(小並感)。
また感想などございましたら、
amazonのレビューに書いて頂けると
嬉しいです。


とかいいつつ、
原稿を上げてしまうと
あとは出版社さんと流通の方に
任せっきりで、
私の方で出来ることは
もうなさそうです。



なので、今回は
本の中に登場する
人物について、設定と合わせて
少しばかり紹介しておきますね。




shigeko.png





takayuki.png





saiido.png





takehikonohaha.png





seigi.png





sebiriya.png


以上!













それではみなさん御機嫌よう。








syoten_20160526022320921.png


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

「事務員マコ野の台頭」

以前にも少し書いたことのある話題を。



stamp0200.png



法律事務を処理する上で、
弁護士と事務員さんの協働は極めて重要です。
そして、この弁護士と事務員さんの歯車が
かっちりと合ったとき
我々は本当の意味で次のステージへ
向かえるのだと思います(なんとなく書いてます)。


では、弁護士を更なる高みへ押し上げてくれる
よい事務員さんってどんな事務員さんなのでしょうか?
(ここらですこしおさらいを)



jimu02_20150427235751c36.png




jimu01.png




jimu04.png






























newstamp.png



ここでいうスタンプっていうのは
LINEのクリエイターズ・スタンプってことね。



スタンプの名前は
「事務員マコ野の台頭」
となりました。
http://line.me/S/sticker/1102411

実は、今年の2月1日以後に申請したものから
スタンプの売上げに対して
クリエイターが受け取れる金額の割合が
引き下げられる
ということで、
駆け込みで1月31日に申請していたのが、
昨晩(4/26)遅くに承認されたのでした。


前回は「買ってはみたけど使いどころが無い」と方々で言われ、
「そんなことはねぇだろう」と
自分でもプライベートでコレを使ってみたところ



17omoshiroino.png



思った以上にキツい返しがきたことがあります。




そんなこともあって、
今回の「事務員マコ野の台頭」では
オーソドックス過ぎるパターンのものばかりを
取りそろえております。



stamp0201.png



stamp0202.png



前回の「欲望の裁判所」
慣れていなかったというのもあり、
作るのに時間が掛かった上、
2回もリジェクト食らったので、
申請してから販売開始まで5ヶ月程度掛かってしまいました。

ところが、今回は、
作成する時間も大幅に短縮できたし
申請(1/31)から3ヶ月程度で
承認(4/26)まで漕ぎ着けることができました。
前回と違ってpngの透過ミスや文言の問題もなかったので、
リジェクトが無かったのも影響してるのかな。


ただ、外国為替相場の変動のため、
Appleがアプリ内で購入できる承認の価格レートを変更したとかで
それに伴って、クリエイターズスタンプの販売価格も
100円から120円に上がってしまいました。
(iOS、アンドロイド共に50LINEコイン)

一気に20%の値上げって恐ろしいですね…。




とまあ、いろいろなお話はありますが…



lineannounce02.png



LINEスタンプの
「事務員マコ野の台頭」をよろしく(^o^)



そういえば前回は結局、
ベランダに新しい鳩よけネットを
設置できる程度には売れたのですが、
強力な磁石をぶら下げたら
それで鳩が来なくなってしまい、
ネットはいらなくなってしまいました。

ともあれ、色々な人から
「スタンプ買ったよ」と言ってもらえたので、
ちやほやされたがりの私は大満足でございました。


とはいえ、今回で
とりあえずLINEスタンプ制作はおしまい。
誰でも初期投資無しに販売できるだけの
フォーマットとマーケットが揃っているっていうのは
すばらしいことだと思うけど、
作るのにそれなりの時間掛かっちゃうからね。



jimu03.png






ということで
連休前だし、よく考えずに
買っちゃってもそれはそれで
立派なことなんじゃないのかな。



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

「欲望の裁判所」

この春先に少し話題になったように、
LINE Creators Marketが開設され、
誰でも自作のスタンプを
LINEのスタンプショップで
販売できるようになりました。

私も自分のイラストを
LINEで使いたかったので、
イラストを揃えてこっそり申請しておりましたが、
それがようやく承認されました(^^)/


http://line.me/S/sticker/1051833


とりあえず、弁護士業界では初
なのかなぁ…(H26.11.10現在で)。
当初想定してたよりも
承認までに大幅に時間がかかったので、
ここら辺はちょっと自信がありません。

とりあえず、
クリエーター自身が
「私、弁護士です」って言って売ってるのは
他には見当たらないようです。
まぁ、こんなもん言ったもん勝ちのところあるしね。


このLINE Creators Market(LCM)では
メインの画像だけで
40種類を用意しないといけないほか、
LINEでのトークに使える内容で、
かつクリエーターズスタンプ独自の
結構厳しい基準を満たす必要があります。

lineshime.png

LCMが開いたすぐは、
とにかくネコやウサギといった
カワイイ系のオリジナルキャラが溢れていたので、
それとは少し違う感じで、
かつ自分がLINEのトークで使いたいものをと
コンセプトを考えていきました。


jk.png



businessman.png



taco.png



という感じで、
コンセプトの方向性は
それなりにスッと出てきたのですが、
とにかく申請から承認までに時間がかかる!
(それだけ大量に申請されてるって
ことなんだろうね。)

shinseichu.png


結局、PNGファイル作成時の透過ミスという
かなり初歩的なミスと、
スタンプ説明文の中のNGワードで
それぞれ1回ずつリジェクトされたので、
承認までにかなりの時間を要してしまいました。



cod.png



winemaco.png

実は申請してからは
ほとんど何もすることないんですが、
スタンプを作るのに時間が掛かるのです。

とくに私の場合は、
水性ペンで手書きした白黒の絵を
スキャンしてから
Photoshopを使った
面倒くさい処理でモノクロのフレームに加工し、
そこからさらに範囲指定しつつ色塗りをしていくという、
ひどく迂遠なやり方だったので、
それがいけませんでした。

例えばIllustratorなどで、
最初からパソコン上で作ってたら
制作時間の短縮化が図られ
透過ミスも防げたはずです。

そんなこんなで、
画像一枚当たり1時間以上は
掛かってしまいました。
色塗らなかったらもっと早いんだろうけど、
そうなると少し寂しいもんね。

advice.png


普通に仕事する時間と労力を考えたら
物凄いロスですが、
今、クリエーターズスタンプ出してる大多数の人は
同じような状態なんじゃないかな。
そうあって欲しいなってことなんだけど。


このクリエーターズスタンプは
1個100円で、売れると半額の50円が
制作者に配分されるんだけど、
それが一定額を超えないと
自分の口座への送金指示ができないとかいう
縛りがあったはず。


michimako.png



でも、自分の作った絵がスタンプになった
って考えたら
そのほかのことは途端にどうでもよくなるよね。

lineannounce01.png


実際に見てみると、
思いのほか汎用性が低かったりだとか、
不穏当な表現があったりだとか、
いろいろな問題もありますが
それは各自で乗り越えていく問題だよね?


今のところ、反響はなかなかのようで
姉に「スタンプ出したから買え」とメッセージ送ったところ
半日経ったのに既読になってません。


とりあえず、収益が5,000円に達したら
ベランダに新しい鳩よけネットを設置できるので、
LINEスタンプの
「欲望の裁判所」
どうぞよろしく。

http://line.me/S/sticker/1051833


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ビッグウェーブ

創耕舎から発売された
岡口基一裁判官の新刊
「要件事実入門」の勢いが止まらない。

まだ市場に出回ってる数が少ないため
供給が追いつかず、
出版社に直接買いに来られる書店さんや
個人さんもおられるとか。
それってすごいことだよね、
本の流通のことは全くわからないんだけど。

kanbai.png

すごい一体感を感じる。
今までにない何か熱い一体感を。



この手の専門書で
発売後ここまで話題になるのは
なかなかないこと
なんじゃないでしょうか。

bigwave.png


とにかく大きなウネリを感じます。


syoten.png






shinausu.png

この品薄状態
最近話題の何かに似ているなと思い、
そこからまたまた
ビッグなビジネスチャンス
思い至ってしまいました。

medal.png

例えば、色々な
Kg、E、R、D、Tごとに分けて
メダルを作るというのは
この業界に多い屈折した好事家の
コレクター欲を程よく刺激する
なかなかいいアイディア
なんじゃないかと思うのです。

イソ弁の喜ぶ顔見たさに、
日曜の朝早くからボス弁が
弁護士会の前の道路に行列を作る光景は
さぞ見物でしょうなぁ。

「誰が集めるのか」、
「集めてどうするのか」っていう
若干の問題はあるんだけど、
世の中どこにでも
信じられないレベルの物好きって
いるからね。

okanyan01.png

ともあれ「要件事実入門」は
出版社の方が一所懸命に対応されているので、
品薄状態は徐々に解消されて行くんじゃないかと思います。


そうそう、腰帯とエピローグ
ばっかりがふざけてるように見えて、
まあ実際それは170%間違いないんだけど、
本文中にも、わかる人には分かる
細かいネタ
が散りばめられてたり
するかもしれませんよ!(・∀・)ニヤニヤ

そんなこんなで、私も
非常にささやかではありましたが、
有志の方(=自分)が企画した
出版記念パーティーに出席しましたよ。

tj.png

自宅なのに家族すらいなかったせいか
あまり盛り上がらずに20分程度でお開きとなったけど
なかなか楽しいパーティーでした。

これからもどんどん
「要件事実入門」が
売れに売れ続けますように。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR