スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSRP






psrp01.png










psrp02.png










psrp03.png










psrp04.png










psrp05.png










(※もう1回、小六法(Shouroppou)で繰り返して、
ペンショーロッポー(Pen-Shouroppou)を作り、
最後に両者を合わせる。)











psrp06.png









ブログのいいところって、
めんどくさくなったり
どうでもよくなったら
途中でやめられることなのよね。
これが訴訟だとそうはいきませんものね。





あと、どうでもいいけど、
小六法って
名前の割に意外と大きいよね。

法律家以外の人に見せたら
ほぼ例外なく
「これで『小』なの?!」
って言われます。

鈍器として使えば、
子鹿程度なら軽く昏倒させられる位の
重みがあるからね。
つまるところ、
これこそが
明治以降の歴史の中で培われてきた
法の重み
なんだよね。






あんまり更新してないと、
ブログに広告が表示されちゃうので、
何でもいいからと思って
更新してみたよ。




kmt.png


こちらの方は、
元ネタ調べなくていいですよ。


それではまた、近いうちに(^^)/



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

『若手法律家のための法律相談入門』

ものすごく唐突ですが…。


法律相談って
上の弁護士の相談を横で見て覚え、
自分も見様見真似でやってみて
だんだんと「こういうものか」と覚えていく
というイメージをもたれているように思います。

私も登録後最初の半年は
ボスの法律相談について行っていたわけですが、
この方法だと、相談者の対応や捌き方なんかは
自分が直接見聞きした内容をもとに積み重ねて行くことになるので
上達するにはそれなりの時間がかかってしまいます。

また、いつまでも上にくっついて
相談を傍で見させてもらうというわけにもいきません。
それに、
必ずしも良い指導者に恵まれるとも限らないのです。



私も最初の頃は、
「いい事件がきたら嬉しいな」というよりも
むしろ
「分からないことを訊かれたらどうしよう…」
「受けたくない事件はなんと言って断ろう…」
といった不安ばかりを感じていたように思います。


そういう若手特有の心の重しを取り払えるような本が
一冊くらいあってもいいんじゃないかと思っていました。



そんななか、去年の夏頃、
学陽書房という出版社から私に、
「若手法律家向けの
法律相談の本を出さないか」
というお話がありました。
(いきなり事務所に手紙が届いた記憶があります。)


経緯で言うと、こんな感じでした。


※横書きの本に合わせて左綴じ形式なので
 左から右へ(⇒)読んでください。

prologue01.png




最初は
正直、あんまりピンと来なかったのですが、
イラストを載せた本を考えているということで
面白い、それなら好き勝手できると思い、
受けることにしたわけです。

で、この一年間、いろいろあったのですが、
今回ようやく本が出版できるところまできました。



タイトルは
『若手法律家のための法律相談入門』
です。



内容を大まかに説明すると、
弁護士法や司法書士法、
弁護士職務基本規程、司法書士倫理の定めを紹介しつつ、
法律相談の準備、相談の際の注意点、進め方、
受任の是非判断の考慮要素や
受任することになった際の注意点を解説しています。


あと、「何を訊かれるか分からない」
「相談の落とし穴が怖すぎる」という人向けに、
事件類型ごとに法律相談で問題になりやすいトピックや
弁護過誤に直結しがちな
注意すべき期間制限
(時効、除斥期間、出訴期間等)の一覧

掲載しているほか、
相談類型別の「断り方」に特に注力して記載していますので、
前向き、後ろ向きどちらのスタンスでも
それなりに使って頂ける本になっています。


基本的に、登録5年後くらいまでの
弁護士や司法書士の先生方を想定した本ですが、
司法修習生やロー生、法学部生にも
実務を知る一冊として
役立ててもらえる内容になっていると思います。
(出版社の人はそう言ってた)


あと、
今更そんなのどうでもいいという
若手じゃない人
法律相談に全く関係ない人、
文字ばっかりの本を最初から通読していると
すぐに飽きてしまうという私のような人向けに
全ての項目にイラストを載せています(あと、巻末には漫画)。


※その分、準備書面で引用したり、
  期日で提示したりという使い方には向きません。


発売は5月半ば頃の予定ですが、
既にAmazonでの予約も始まっているので、
興味を持たれましたら宜しくお願い致します(^^)/







ちなみに、
とにかくネタに走ろうとする私と
実用書の領域に引き戻そうとする出版社との
せめぎ合いで生まれた本です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

あれから20年

先日、「 1.17~3.11 来るべき災害に備える連携力」
出席して参りました。

これは阪神淡路大震災からちょうど20年となることから、
東日本大震災で復興と被災者支援に尽力された
各士業の専門家を招いて開かれた
震災記念事業のシンポジウムです。
私は兵庫県弁護士会で行われた
午前の分科会に参加いたしました。


01kougi.png


この分科会では東日本大震災の被災者の方や
建築士、司法書士、税理士、弁護士など各種士業の方々が出席し、
復興と被災者支援という場面での
専門家の役割や活動実例が
リレートークのかたちで報告されました。

個人的には、出席された弁護士の先生の
「弁護士の役割で重要なのは
被災者に寄り添うということに尽きる。
これは口で言うほど簡単ではないが。」
という言葉がとても印象的でした。


もう20年。


つい、自分が阪神淡路大震災に
遭ったときのこと
を思い出しました。

当時、私は高校3年生で、
平成7年1月17日はセンター試験の2日後でした。
夜中、自宅2階の南西の部屋で寝ていたところ、
突然激しい揺れで目を覚ましたのです。

家が車道沿いだったもので、
最初は、自宅の一階にダンプカーでも
突っ込んできたんじゃないかと思いました。

ところがなかなか揺れが収まらず、
前の本棚から自分に向かって
たくさんの本が落ちてきました。


02jishinhasse01i.png


崩れ落ちてきた本の山から這い出したところ、
隣の部屋から助けを呼ぶ姉の声が。
その辺りでようやく
どうやら地震らしいと気付きました。

姉の様子を見に行こうと部屋を出たところ、
壁際の本棚から崩れてきた大量の本で
廊下が埋め尽くされていました。

かたす時間もないので
仕方なく本の上を這いつくばりながら
姉の部屋になんとかたどり着き、
ドアを開けるとそこにはなんと
大量の本の下敷きになった
姉の姿があったのです。

どうにかこうにか姉を助け出し、
一階に降りてきたときにはもう6時半には
なっていたでしょうか。
そのときには家族みなが起き出してきたので、
家の中を確認したところ、
家中の本という本が落ちてきたことと
戸棚が倒れて玄関のガラスが割れたこと以外には
大きな損傷や被害はなさそうでした。
兄は大学生で既に家を出ていたため難を逃れましたが、
家にいた家族も幸い全員無事でした。

そして家族全員で
今後どうしたらいいかを話し合いました。

とりあえず、本は少し減らそうという話になりました。


そのとき、
浪人生だった姉が奇妙なことを言いだしました。


03ane.png


思えば、小さいときから
ときどきおかしなことを言う姉でした。

でも電車が動いてるかわかんないからということで、
テレビをつけてみたところ…


04kousokudouro.png


その後、何度も何度も
テレビで繰り返されることになるあの光景が
リアルタイムで映し出されていました。

それまでは、正直、
自宅のある区が被害の中心だと思い込んでいたので、
神戸市域全体にわたって甚大な被害が生じていると知り
恐ろしさで身の震えが止まりませんでした。
言葉を失うというのはああいう状態を言うのでしょうか。


県職員だった父親は
職場に駆けつけないといけないということで
私の自転車に乗って出かけていき、
そのまま帰らぬ人となりました(その日から1週間ほど)。

戻ってきたときには、
公園で拾ったという3匹の捨て猫をつれていました。

うち1匹はすぐに死んじゃったのですが、
残り2匹は驚くほど長生きし、
最後の1匹は去年まで生きていました。

それから、このとき父が乗っていった私の自転車は
大学1年の5月の連休に自宅ガレージから盗まれました。
盗った人、早く返しなさい。



話を震災に戻すと、
かろうじて電気は来ていたのですが、
ガスはすぐ止まり、ガス管が割れたためか、
住宅地にガスの臭いが満ちていました。

もちろん、商店も営業出来るような状態ではなく、
その日の晩ご飯に、
家にあったペンネをカセットコンロで茹で、
それに缶詰のミートソースを掛けて食べたのを
覚えています。


05makaroni.png


今はもう、どんな味だったかは思い出せませんが、
とにかく、すさまじく美味しくなかったこと
だけは鮮明に覚えています。
傷んでいたとかじゃないんだけど、
とにかく味気なく、
先行き不安な気持ちが味に投影されたような感じがして
暗い気持ちになってしまいました。

この「不味いペンネとミートソース」は
震災で辛かった記憶の象徴になっています。


地震発生後、しばらくは水道が通じていたので、
風呂やバケツに水を溜めて使っていたのですが、
その後、すぐに断水してしまいました。



生活には水が必要でした。



近所はガソリンスタンドも営業していない状態でしたが、
車はまだ動けたので、
大きなポリバケツを持って公園まで行き、
そこで水を汲んでは帰る、という作業を延々繰り返しました。
比較的低いところではまだ水が出ていたという記憶です。


06mizukumi.png


同じように、たくさんの人が
寒風吹きすさぶ中、鍋やバケツをもって並んでおり、
その行列は夜中まで続いていました。

つらかったのは風呂に入れないこと。
水は汲んでくることができても、
ガスが来ていないので沸かせないのです。

そんな中、比較的被害の少なかった
須磨区の祖母の家で
お風呂に入れてもらうことができました。
須磨区でも断水は続いていたのですが、
受験を控える孫のために
何度も何度も公園と家を往復して
お風呂に水を溜めてくれたというのです。
ありがたいことですね。



私、恥ずかしながら
学校にはバスで通っていたのですが、
震災後、バス停で待っていても
全然バスが来ないということが
何度もありました。

あるときなど、1時間半待っても来ないので、
仕方なく学校に行くのを諦めました。

今書いてて、
当時スマホがあったら良かったのにと思いましたが、
携帯電話自体がまだない時代だったのです。
(ポケベルもまだ持っているのは一部の同級生だけでした。)

そんな時代だったのです。


busstop.png


2月だったか3月だったか忘れましたが、
とにかく高校の卒業式がありました。
おそらく何かの手違いで、
第二ボタンは上着に残ったままでしたが
とにかく震災とともに私の高校生活は
終わりを告げたのです。


07shinsaiseikatsu.png


その後一年間、
三宮の大学受験予備校に通っていたのですが、
ものすごい勢いでどんどん復興していく街の様子をみて
変な焦り
何かが始まるんじゃないかという妙な期待感を感じる毎日でした。

あと、当時は
「建物解体の際に出るアスベストを吸い込むので、
10~20年後には神戸市民の肺がんが激増する」

などというようなことがまことしやかに言われており、
まだまだものを知らなかった私は
マスクを常備しておりました(つけてなかったですが)。
幸い、私も家族もまだ肺がんにはなっていないようです。


浪人した1年に意味があったのかなかったのか、
とにかく1年遅れで私は大学に潜り込むことができました。



よく「震災を忘れない」ということが言われますが、
あれは当時神戸以外の場所にいた人に
向けられたメッセージなんだと気付かされることはよくあります。


08kitaku.png


実際に、震災を体験した人は、
普段思い出すことはそんなに無くても
あの未曾有の大災害の記憶は
忘れようと思っても忘れられないからです。

破産の申立書を見ていると、
事業破綻に至った経緯の説明の中で
「平成7年の阪神淡路大震災」というフレーズが
今でもよく出てきます。
震災が地場産業に大きな打撃を与え、
それが20年たった今でも
尾を引いているということなのでしょう。

またこの震災で、当時兵庫県の弁護士が抱えていた
顧問先の多くが大阪の事務所に鞍替えしてしまった
ということも当時を知る先輩弁護士から
よく聞かされた話です。

阪神淡路大震災は、
人々が自分の価値観と向き合い、
試された大きな出来事だったように思うのですね。











09entorigood.png


ひさしぶりなので、
ブログの更新の仕方を
すっかり忘れてしまいました。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

リンゴを追いかけて

新型iPhoneが発売されて
早や一月半が経ちました。

私もiPhone5から
6plusの128GBモデルに乗り換えました。
まだ、自分の周りでは様子見も含め、
乗り換えていない人が多く、
そんな人からよく「6plusはどう?」と聞かれます。
そのため、ここらで使ってみた感想を少し。


まず、でかすぎて使いにくいです。

ip6f.png

PDFや電子書籍を読む際に見やすくなったので
画面が大きくなったのは嬉しいのですが、
片手だけでの操作はほぼ無理になってしまいました。
私が手が小さい(指が短い)という問題もかなり影響しています。

5でも、それまでのモデルに比べると
画面は大型化していましたが、
6ではサイズが大きくなりすぎたため、
「人差し指以下4本で下を支えながら
親指を伸ばしてタップする」
という
動きがとれないのです。

あと、形状でいうと
背面カメラが1ミリ弱の厚さで出っ張っているところが
やはり気になります。

deppari.png

実際に画面を上にして置いても
さほどガタガタはしないんだけど、
レンズのガラスカバーの部分が露出していることが
かなり気に掛かってしまいます。
これはバンパーを使わなければなりません。
特に、デザイン性を重視する人には違和感強いんじゃないかな。

そんな中、画期的なビジネスを
思いついてしまいました。
思いついてしまったのです。


grinder.png


これは素人でもコーナンで
グラインダーを買ってきたら
簡単にできると思うので、
誰か是非試してみて下さい。


haimen.png


上からハンマーで強く叩いたら
陥没してちょうどええ感じになるという情報もあります。

自己責任
いい言葉ですね。


あと、5までと違い、
ボディの角が丸く仕上げられているので、
これが本体の巨大さや重さと相俟って
非常に取り落としやすくなっているように感じます。
他方で、ボディ自体の曲がりやすさの他、
前面ガラスの割れやすさも気になります。

私もこの間、タクシーから降りる際に
胸ポケットに入れていたところ、
やってしまいました。


korobu.png


実は左手の方が
ダメージ大きかったんだけどね。


glass.png


なんか、6では
サファイヤガラスっていう
超硬いガラスが使われるんじゃないかって
うわさもあったみたいなんだけど
値段が高くなっちゃうのもあって
結局見送られたんだってね。

apple care +ってのに入ってるんだけど、
appleのお店で直せるとか直せないとか
なんか調べるのがめんどくさいので
そのままになっちゃっています。
もともとそんなに気にする方じゃないからね。

ware.png

iPhoneを3Gから
4、4S、5と使い続けてきており、
Appのマルチタスクどころか
文章のコピー、ペースト機能すら実装されていない
悪夢のような時代も知っているので
(それ故、未だに「iPhone=使いにくい」というイメージが払拭できません)
一応、iPhoneユーザー歴は長い方なんだけど、
その割にいまいち使いこなせてる感がありません。

こういう乗り継ぎ方をしている人は
iPhone以外のapple製品にはさほど思い入れのない人
が多いように思います。

で、そういうニンゲンは、私も含め
フルモデルチェンジの時には
無条件で飛びついてしまう悲しい習性を持っています。
また、活用できるかどうかは別にして
最上のスペックのモデルを選んでしまう傾向が強いのです。

なので、今後も1~2年に1回の割合で
どんどん飛びついては換えていくことに
なっちゃうんだろうね。
仕方ないよね、出るんだから。


ip2301.png



ただ、スティーブ・ジョブズが
亡くなったからかどうかはわからないのですが、
iPhoneってなんかどんどん
製品のイメージとかコンセプトが
変容していってる感じがしなくもありません。


ringo.png


まあいいよね。
それが楽しくてやってる部分があるんだから。

applechaser.png

iPhone 6plusの魅力を
伝えきったところでお話はおしまい。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

オレとオマエのビットコイン

ビットコインの普及と流通量増加によって、
最近、弁護士報酬もBTCでもらうことが
多くなってきたので、
自分なりにいろいろ調べてみましたよ。

(実はビットコインを「仮想通貨」とすることに
若干違和感があったりするのですが、
特に気にせずに続けます。
あと、ビットコインはどこの国でも
現状、「通貨」とは認められていないようです。)

このビットコイン、非常にざっくり言うと
特定の発行者・監督する中央機関がおらず、
ネットに接続できるマシンを持っていれば
誰でも匿名で、通貨の発行と
低コストかつ短時間での受け渡し(決済)が可能という
特色を持っています。

この「特定の発行者、中央機関がいない」という点は、
円やドル、ユーロといった既存の通貨や
mkcなどの他の仮想通貨と違うところですね。


また、例えば円を送金するときなどは、
全銀協のネットワークを介さなければなりませんが、
ビットコインはP2Pネットワーク上でのやりとり、
つまり、利用者(ネットワーク参加者)同士の
直接の取引
が可能です。

ところが、この性格上、
当事者間ではビットコインの受け渡しについて
客観的な履歴が残らないという問題があります。

そこのところ、ビットコインでは
この「取引履歴の記録化」について、
各ユーザーの手元に記録を残すのではなく、
これまで発生したビットコインの送金履歴の全てを
「ブロックチェーン」という
トランザクションログ(取引履歴)の形で
ネットワーク(分散型データベース)上で保存するという
非常にユニークな方法がとられています。

このログ(ブロックチェーン)は公開されているので、
理論上、誰でも過去に遡って、
ビットコインの取引履歴の真正を
確認・検証できる建前になっています。

なお、ビットコインと対比されることの多い
仮想通貨にmkcがありますが、
この「公共トランザクションログを利用する」という
ビットコインの特徴は、
発行者だけが取引履歴を管理する
mkcと大きく異なっています。

これによって、
ビットコインでは
通貨の多重使用(二重譲渡など)や偽造を
防止しようというわけですね。
考えた人、頭いいね。

しかもネット上の分散型データベースにログが置かれ、
やりとりもP2Pで直接行われるので
当局による取引履歴の改ざんやビットコインの凍結
などという処理も事実上不可能です。


では実際にブロックチェーンへの記載は
どのように行われるのかというと…。

soukinganbou.png

まず、ビットコインの送金には
ある程度強い気持ちを持つことが必要です。

そしてこの場合、送金者は自分のビットコインアドレス、
送り先のユーザーのビットコインアドレスや
送るビットコインの数などの「取引情報」を
専用ソフトを使って
P2Pネットワーク上にブロードキャスト(一斉送信)します。

miner01.png

ネットワークを通じて「取引情報」を受け取った
「マイナー」と呼ばれる者たち(多くは専門業者)は、
報酬を受け取るために、
ネットワークのプログラムが出す「問題」を一番に解いて
取引情報をブロックチェーンの末尾に繋げようと競います。
(このマイナーによる作業は
「取引の承認」と言われます。)

blockchain03.png

以上のように
「競争原理と公開性によって
システムを維持する」

というところに
ビットコインの本質があります。

なお、ブロックチェーンを繋げるための「問題」は
10分ごとに出題され、
これをいち早く解いて報酬を手に入れようと、
マイナーたちが鎬を削ることになります。

zombie.png

もっともこの「問題」は
「パンはパンでも食べられないパンは?」
(こたえ:レーズンの入ったパン)
というような単純なものではなく、
「設定された目標値よりも小さい
ハッシュ値を求めよ」
という
全く色気も面白味も無いもので、
目標値以下のハッシュ値を導くナンスを探り当てるため、
マイナーは延々と計算処理を繰り返すことになります。

この「ハッシュ("hash")」って言葉が
「ハッシュドビーフ("hashed beef")」と
何か関係あるのか、ずいぶん調べたけど
わかりませんでした。


なお、この「問題」("Proof-of-work")は
「10分程度で解ける難易度の問題」
としてプログラムが自動的に設定するのですが、
ネットワークへの参加者の少ないビットコイン運用開始当初は
オフィス用のパソコンにマイニングソフトを乗せたモノでも
対応できないわけではないレベルだったと言われています。

ところが、次第にマイナーが増え、
またネットワークに参加する端末の処理能力が増えてくると
プログラムはこの増大した能力をもとにさらに
「10分程度で解ける難易度の問題」を
設定するようになります。

その結果、「問題」は
超高度の演算能力を持つマシンでないと
解けない程に複雑になってくる。

chinpan01.png

そうなってくると、
もう個人レベルでのマシンでは
「問題」を解くのは難しくなってくるよね。
(いまだにベルマークのシステムが
理解できない俺でもそのくらいはわかる。)

bibiri.png

結局、マイナーもそのような状況で勝とうとすると、
マイニングのシステムの
大型化、高性能化を余儀なくされます。

そのため、マイニング業者は、
(熱暴走を防ぐため)冷房をガンガンに効かせた部屋で
高性能のGPU(Graphics Processing Unit)を積んだ
マシンを多数並列で繋いで24時間フル稼動させてるんだって。

system01.png

ゲームオタの私からすれば
GPUは3Dグラフィックスの演算処理のために
使われるパーツっていうイメージだったんだけど、
その演算能力の高さでマイニングシステムに
採用されてるって考えると、
どうにも胸が熱くなってくるよね。

ここで感じるロマンは、
突撃銃(アサルトライフル)をあえて精密狙撃に使う
デューク東郷に通ずるモノがあります。
(あくまで自分の中で)


そんな中、
世界最大規模のビットコイン取引所
マウント・ゴックス社("Mt.Gox")の経営破綻が
大きなニュースとして取り上げられています。

mark01.png

同社CEOマーク・カルプレス氏は会見で
「セキュリティに弱いところがあって、
ビットコインがいなくなった。」
と述べており、
これが真実であれば、
ハッキングによって
ビットコインの送付に必要となる秘密鍵が
盗まれたということなのでしょう。
(後追いの報道ですが、
同社の秘密鍵管理の甘さが指摘されています。)

もっとも、取引停止や民事再生申立までの経緯に
不自然な点があるなど、
結局、破綻の本当の理由がなんであるかは
現時点ではよくわかりません。
(今後明らかになるかどうかもわかりません。)

この不正アクセスによる移動も
ブロックチェーンにログとして残るのでしょうが、
受取人のビットコインアドレスがわかっても
それがどこの誰かはわからない。
また、ビットコインではリスクを減らすため
取引毎にビットコインアドレスを分けることが
推奨されているくらいなので、
実際にどこの誰にビットコインが移ったかを
特定することは困難だと思われます。

ちなみに、マウント・ゴックス社はもともと
トレーディングカードゲームの
「マジック・ザ・ギャザリング」のカードを
オンラインでトレードすることを業とする会社でした。
英名の"Mt.Gox"も
"Magic:The Gathering Online Exchange"
の略記だということです。
そう言われると、
ああそうかなと
思わなくもないような
気もしなくないことないですか?



同じ仮想通貨でもmkcの場合だと、
匿名性は無いに等しく、
発行者(管理者)によって流通量や所在の管理が可能であり、
また場合によっては口座の凍結も容易にできます。
そういう意味で、今回の事件は
高度の匿名性を有するビットコインならではのもの
と言えるかも知れません。

そんなわけで、
一時は全世界のビットコイン取引の
実に7割近くを担っていたと言われる
マウント・ゴックス社の経営破綻が
ビットコインの信頼性や
価値自体に影響することは避けられないんじゃないかな。
もしかしたら避けられるかもしれないけどね。
よくわかんないけど。

bitben.png

もっとも、
(規模はバカでかいとはいえ)
マウント・ゴックス社の破綻は
取引所の閉鎖であり、
ビットコインのシステム自体が
立ちゆかなくなったというわけではありません。
(事実、ビットコイン・ドル相場はかなり戻ってきています。)

souzou.png

これを機にビットコインを
買おうという動きも見られます(例えば俺)。
なお、ビットコインでは
(本来想定されている取引の態様とは異なりますが)
なんか実際のコイン(硬貨)の形になってるものもあるみたい。
(硬貨を分解すると秘密鍵とかが出てくるんだって。ラッキー!)
でも、amazonで探したけど売ってなかったのであきらめました。


そういえば、最近デパートとかでも
「お支払は現金、カード、mkcのいずれでしょうか?」って
聞かれることが増えたように思います。

mkc.png


shinkisei01.png

今、IMFも注目しているとさえ言われるmkc、
今後の動きから目が離せませんね。


とりあえず、ビットコインが
今後どのように進んでいくのか、
言われているような法的規制が
日本でも敷かれることになるのか、
ゆっくり見届けたいと思うマコツでした。

makomusu.png

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。