司法修習生ちゃんとシイタケどん

今日から新64期司法修習生の2班の弁護修習が始まるというので、
弁護士会での顔合わせを兼ねた昼食会に参加してきました。

最近は合格者が激しく増加しているため、
兵庫県弁護士会で受け入れる修習生も1つの班あたり18人と、
自分のころ(約8年前)の1.5倍にまで増えています。

我々の期(56期)も修習期間が2年から1年半に短縮され、
そこそこタイトなカリキュラムになってましたが、
今の修習生は全体が1年で、かつ前記修習もないということで
さらに大変な修習生活を送っているようです。

しかも、空前の就職氷河期+二回試験不合格者増大のため
いきおい就職活動と二回試験の準備に気をとられてしまい
僅か2ヶ月ほどの弁護修習期間にできることは
さらに少なくなってしまうという困った状況になっています。

昔は修習生にもある程度気持ちに余裕があったからか
昼食会の自己紹介のときもウケを狙った挨拶が多かったのですが、
最近の修習生はみんな同じような発言ばかりで
やや面白味に欠ける印象です。
実際に一人一人と話してみたら楽しかったりするんですが。

我々の時代から、修習生に対しては
「なんでも積極的に、貪欲に吸収してもらいたい。
物怖じせず仕事の色んな面を見てもらいたい。」
ということが
言われてて、今日自分も同じようなことを
挨拶でお話しさせてもらったのですが、
実際にはなかなかそう言葉どおりには
行かないんじゃないかなと危惧しております。
「積極的にって言っても、2ヶ月ぽっちじゃなぁ…。
期日1回行ったら次の期日にはもうおらんじゃないか。」
と思うわけですよ。

ま、とりあえず健康に気をつけて、
思い切って、見る事件も限定してしまった方が
逆に充実した修習生活を送ることができるんじゃないかなと思います。

とまぁ、前振りはこのくらいにして、ここからが本題。

弁護士会の昼食会では毎回
豪華過ぎずかといって質素過ぎもしない、
といいつつも自分ではおそらくわざわざ買わないという
絶妙なグレードのお弁当が用意されるのですが(費用は後日会員口座から引落)、
今回のお弁当(3段)の1段目のちらし寿司に苦手なシイタケが山盛り入っていました。

比較的大きく切ったシイタケがまとまって入ってたので、
それを取り除いて、さあ食べようと思ったところ、
薄焼き卵の千切りの下から、さらに細かく刻まれ
ご飯に巧妙に仕組まれたシイタケがその姿を現しました。

映画なら「2」ができるほどショッキングな展開です。

シイタケが大嫌いな自分はほかの先生方の挨拶を聞きながら
せっせとシイタケを取り除いていたのですが、
ふと見ると目の前の修習生も同じようにシイタケの排除に動いていました。
「シイタケ→干しシイタケ→なんでもよく吸収する」という
安易な発想から修習生向けのメッセージ性を重視して選ばれたのだろうとお察ししますが、
やや配慮を欠いた盛りつけではなかったかと、そう思わないこともありません。

shiitage.jpg


こんなところにも司法制度改革の影響が及んでいるのかと
しばし暗澹たる気持ちになった昼食会でした。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

特製保温マグカップ完成

ついに専用の保温マグカップが完成した!

「ブレイクしたら?」

大阪

仕事でたまに大阪地裁とか高裁に行くんですが、
健康のことも考えて、駅から裁判所までは歩くようにしています。
結構、距離があっていい運動になるんですが、
その行き帰りでここ数年ちょっと気になってる立て看板があるんですね。

それがコレ。



「バック」と「バッグ」で微妙にゴリ押しなとことか、
防犯というカテゴリーにあえて笑いをねじ込むとことか、
そんな奥ゆかしさに大阪を感じてもらえればいいんじゃないかなと
部外者の私なんかは思います。





…何回見ても「後ろ(バック)」っていうところがじわじわ来るな。
それって必要?っていう。

世界平和大観音像

所用で淡路に行ったんですが、別件の事件現場を確認するため
高速ではなく下の道で帰ってきたんです。
その通り道、淡路で有名な「世界平和大観音像」が見えてきたので
記念に一枚撮ってみました。

この大観音像は、地元の名士が資財を投じて作ったものらしく
台座を含めてその高さは100メートルにも及ぶとか。
近くで見るとその威容と異様さに圧倒されます。
晴れた日には神戸からも見ることができるほど巨大な建造物です。

kannon.jpg


首のあたりにあるコルセットのように見えるところが展望台で
そこからは遠く和歌山あたりまで大阪湾が一望できます。

かくいう私も1999年9月に一度行ったことがあるのですが、
中には、喫茶店、鎧甲・旧車・古時計・絵画の展示室のほか、
1階には「僅か数分で四国88カ所参りができる」という
88カ所の札所の土が納められたガラスケースが敷き詰められていた記憶があります。
その88枚のガラスケースを順に踏んで行くことで88カ所参りができるんだとか。
(踏んで回る順序によっては逆打ちにも対応)

このお遍路さんの意味そのものを問い直す斬新な展示のほか
閉鎖されたラジウム風呂(?)かなんかの表示もあり、
なかなか楽しい施設だったように思います。
(少なくとも世間知らずの大学生には十二分に楽しめました。)

展示の内容があんまり宗教とカンケー無いからかどうかは知りませんが、
この大観音像、登記簿上は「倉庫」扱いになってるという噂も。

ところが、昨日行ったときには、寺の門も
大観音像の入り口も厳重に封鎖されていて入れませんでした。

どうやら数年前から管理者不在のまま放置されているとのことですが、
聞くところによると地元ではこの大観音像さまは倒壊の危険もあるということで
結構厄介者扱いされているんだとか。
よく見りゃ、なんとなく股間あたりに亀裂らしきものが見えなくもない。
世界平和を祈念する一方で地域住民の平穏を脅かしているというあたりに
どうしようもない俗世の矛盾を感じます。

これを解体・除却しようと思ったら恐ろしく金が掛かるんじゃないだろうか…。

これが島側(西側)に向かって倒れちゃうと結構やばいんじゃないかと心配なのですが、
うまく海側に倒れたときには和歌山までの橋になって逆にいいんじゃないかと
期待もしてしまったりするわけです。天橋立みたいな感じで

でも、私としては、
この超巨大観音像にはいろいろな思い入れもあり、
是非復活して欲しいものだと思わずにいられません。

【役立つ!】マンション区分所有権の共有のときの管理費等支払債務

東京高等裁判所平成20年5月28日判決

「区分所有者がマンション共有部分の管理費等の負担を負うのは、専有部分に通じる廊下、
階段室等のマンション共有部分が、その有する専有部分の使用収益に不可欠なものであると
いうことに由来するものと考えられるところ、区分所有権を共有する者は、廊下、階段室等
のマンション共有部分の維持管理がされることによって共同不可分の利益(専有部分の使用
収益が可能になること及びその価値の維持)を得ることができるのである。
そうすると,区分所有権を共有する者が負う管理費等の支払債務は、これを性質上の不可分
債務
ととらえるのが相当である。」

不可分債務なので、管理組合が滞納額の請求を行う場合には、
同時ないし順次にそれぞれの共有者に対し滞納額全額の請求を行うことができる

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR