スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「被告人Aと同じです。」

ごくたまに、何かの拍子に
それまで完全に眠っていた修習時代の記憶
フラッシュバックしたりします。
このあいだ、大阪高裁の弁論期日でもそんなことがありました。

自分は被控訴人の代理人だったのですが、
主張の理解を巡り、控訴人代理人と相被控訴人の代理人、
そして裁判所が私をそっちのけで議論を始めてしまい、
その間、一人完全に取り残されているような感覚に陥りました。
基本的に何かにつけ構ってもらいたいタチなので
なかなかに辛いシチュエーションです。

このときにふと蘇ってきたのが9年前の修習中にあった模擬裁判のときのこと。

それは刑事模擬裁判実習というもので、
クラスごとに裁判官、検察官、弁護人、被告人、証人に別れ、
実際にあったと思われる事案を題材に
うそっこの裁判をするという、当時の前期修習中の最重要イベントでした。

事案は、罪名は忘れましたが
共犯事件で2名の被告人が起訴され、
目撃者等の証人尋問や被告人質問を行い、
客観的真実にたどり着くという設定。

そして私が割り当てられた役は「被告人B」というものでした。

どのような経緯で配役が決められたのか覚えておらず、
いまさら思い出したくもないのですが、
みんなで協議しているときに
「共犯者の『被告人B』の供述が『被告人A』の事実認定に
大きく影響するんだろう。ヒヒヒ」
と思ったのだけは覚えています。


しかし配役終了後に配られた台本を読むと「被告人B」には台詞が割り当てられていませんでした。


模擬裁判というものは主に尋問技術の向上のために行うので、
被告人や証人といった尋問対象者には
あらかじめ詳細な回答内容や裏設定が割り振られており、
それを尋問者が巧みな尋問技術で引き出すということが求められているのです。
そのため、これら尋問対象者役が
自分で好き勝手に答えるというわけにはいきません。

もちろん、事前には裁判官チーム、検察官チーム、弁護人チームには
「こう聞かれたらこう答える」的な設定は一切明かされません。

ところが、台本を見てみると「被告人B」には
裏設定はおろか、まともな台詞すらなかったのです。

なぜか?

模擬裁判の焦点は「主犯格」の「被告人A」の尋問に置かれており、
「被告人B」には、わずかに冒頭手続の罪状認否の台詞が与えられているだけで、
被告人質問の予定自体がなかったからです
(Bの手続保障は完全に無視)

で、模擬裁判の当日、
入廷から冒頭手続まではやりましたが、
自分の発言で記憶にあるのは
「被告人A」の認否の後に裁判長役からされた
「被告人Bはどうですか?」との問いかけに対してした
「被告人Aと同じです。」というものだけ。
しかし、この誰も気にも留めない台詞こそが「被告人B」にとってのクライマックスでした。

その後は10:10から模擬裁判が終わる16:30までずっとただ座ってるだけでした
誰も自分に注意を払わない。声も掛けない。

mogisai.jpg

一応、雰囲気を出すために
トレーナーとジャージ、サンダル履き姿で「出廷」はしたものの
それが活かされることはついにありませんでした。


題材になる事案が結構複雑なんで、
どのチームも自分の担当部分ばかりに注意が向き、
なかなか全体的な流れを把握しにくいのが模擬裁判の常なのですが、
昼を過ぎたくらいから
「え?『被告人B』って尋問無いの?座ってるだけ?」みたいな
変な空気が法廷教室全体に漂ってくるようになりました。

私はこのときほど強烈な寂寥感・孤独感を味わったことはありませんでした。

なお、被告人B以外にもいてもいなくてもいい配役が何人かいましたが(俺は知っている。)、
みんなが見守る法廷のど真ん中で
約4時間半ひたすら座り続けるという
責め苦を受けたのは自分一人でした。
明らかに「被告人B」は不要な役でした。

模擬裁判は、最後、裁判官役が尋問の結果をもとに
判決言い渡しをするのですが、
私にとってはもはやそんなことはどうでもよく、
その頃には、19時から設定されている模擬裁判の打ち上げを
どのように乗り切るかということばかり考え続けていました。
(判決自体は、被告人Aに対する事実認定に引っ張られて
被告人Bも実刑だったような気がします。
被告人質問もしてないのに。)

最後の講評の際に、教官から
余り出番は無かったですが、『被告人B』の中村さんはどうでしたか?」
と感想を求められ、
「いや、どうもこうも…、みなさん頑張ってました。
もう少し僕も出番が欲しかったです。」
と答えたような気がします。


大阪高裁での現実の事件は完全な勝ち筋の事件ではあったのですが、
修習時代の黒い記録が蘇ったため、
暗い気持ちで高裁を後にしました。

そういえば、そのときは気付かなかったのですが、
よく考えたら当時、司法研修所のクラスは14組まであり、
模擬裁判のシナリオ・実施要領は全クラス同じだったので、
俺と同じような悲哀を味わった人があと13人いたことになりますね。
もしここ見てたら連絡下さい。飲みましょう。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

06/21のツイートまとめ

lawyer_makoto

裁判所で調停の待合中。暑い。
06-21 13:37

【起案術】構成は大事。死ぬほど大事。

読みやすい理解しやすい起案という観点から考えた場合、
全体的な構成をどのようにするかということは
きわめて重要です。

ところが、この起案の構成という点は、
人によってはかなり雑なことがあり、
起案の善し悪しを考える上で
非常に個人差の大きい要素ではないかと思います。

たとえば、読みにくい、ないし理解しにくいと感じる起案には
単に書きたいことを随筆のようにずらずらと書き連ねているものがあります。

このような起案は、改行や小見出しの挿入が適切に行われていないため、
ページの全行がびっしりと文字で埋め尽くされており、
見た瞬間読む気が失せてしまうものが多くあります。
(私はこのような起案を、その見た目から
「海苔のような起案」と呼んで忌み嫌っています。)

nori.jpg

このような、「構成がきちんとしていない起案」の原因としては
大きく分けて以下の二つのような要因が考えられます。
・そもそも重要な事実とそうでない事実が頭の中で整理されていない
・客観的事実とそれに対する(法的)評価とを分ける考え方が
 身についていない(=法的三段論法ができない。)

そして、この「海苔起案」
ちゃんと読んでもらえない
②本当に伝えたい内容が伝わりにくい
認否がとりにくい
検索性が下がる
という起案として致命的な欠点があります。

このうち、①と②の意味はわかりやすいと思うのですが、
問題は③と④です。

③の「認否が取りにくい」というのは
請求原因・抗弁・再抗弁等の事実に対する認否が
不明確になってしまうということで、
裁判所・書記官泣かせの起案の典型です。
また、認否を適切にとってもらえないということは
自分にとっても主張を正しく理解してもらえないという
見過ごせないデメリットがあります。

そして、これは事実と法的評価がきちんと分けて論じられてなかったり、
自分の主張や相手の主張を要件事実レベルできちんと
吟味・検討出来ていなかったりする起案の場合によく生じる問題です。

ときどき、控訴審になってから、
自分の書いた書面のわかりにくさを棚に上げ、
「一審判決では『反論主張が無い』と書かれているが、
一審での第○準備書面の何頁できちんと反論しているだろう!」

えらそうに主張している弁護士がいますが、
こういうのを恥の上塗りというのです。
(自分の今までの印象では、
わかりやすく明確な認否をしている限り、
裁判所がこれを見落とすということはないように思います。)

そして、④の検索性の低下についてですが、
基本的に民弁起案というものは、
反論の際や判決起案の際に
読み手(相手方や裁判官)が何度も読み返すことが
前提
となっています(この点でも起案は小説とは大きく異なる。)。
また、自分も証拠調べに入る前や結審前に、
あるいは各期日前にそれまでに提出した主張内容を確認するため、
今までの書面を必ず読み返すはずです。
(これをしていないと、認否落ちや主張漏れという手痛いミス
につながります。)

このように起案というものは
出したあとでも「あの主張はどこに書いてあったかな…」と見返すことが多いので、
どの頁も一見して記載内容が明瞭にわかるものである必要があるのです。
ところが、全面真っ黒の海苔起案ではそれが出来ません。
(この点を一番感じるのは判決前に主張書面を読み返す裁判官ではないでしょうか。)

結局、起案の構成を充分に検討するということはすなわち
読み手をちゃんと読む気持ちにさせ、
伝えたいことをきちんと伝え、
相手方主張に対する自身の認否を明確に示し、
かつ、あとから読み返してもわかりやすい書面にするため

といえると思います。

そしてそのためには、全体の構成を行う中で
記載の要否や順序、各記載ごとの分量(文量)を十分に検討し、
また、実際の起案に際しても
適度な改行や小見出しの活用、
そして事実と評価の峻別といった点を
意識する必要があるのです。

この構成の実践面については次回以降に書きます。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

06/16のツイートまとめ

lawyer_makoto

栄養価の高い熱帯魚用の餌をあげてるからか、捕まえてきたザリガニが信じ難いスピードで巨大化しており少し怖い。
06-16 02:08

と、いうようなことを、Tの字の右下の空間で丸まったままケータイで打ってます。結構な暗闇の中で。
06-16 02:03

ちなみにひどいときは二人合わせて「て」の字形なのでこうなるとリビングで夜を明かすしかありません。
06-16 02:02

帰ったら相方と娘がベッドでTの字形に寝ているため小生の寝る場所がありませんでした。
06-16 02:00

【役立つ!】附帯請求と予納印紙

訴訟を提起する際に必要なコストのうちで
注意が必要なのが予納印紙

この印紙の予納は、法的には(訴訟手続等の)「手数料」という扱いで、
金額や納付方法等については「民事訴訟費用等に関する法律」
定められています。

この定め方が実は非常にややこしくて、
例えば「訴訟の目的の価額が百万円を超え五百万円までの部分
その価額二十万円までごとに  千円」
とか
なかなか計算がしにくい内容となっています(同法別表第1)。
なので、みんなは訟廷日誌の早見表とか
ウェブ上の計算プログラムとかで計算することが多いんだろうね。

で、例えば、甲が乙に対して貸金返還請求訴訟を提起する際を考えてみる。

残元金が1000万円、
期限の利益喪失日(ないし期限)までの確定約定利息が200万円、
その後平成23年3月31日までの確定損害金(年利14%年365日の日割)
が150万円生じているという場合、
請求の趣旨としては、
「乙は甲に対し、金1350万円及びうち金1000万円に対する
平成23年4月1日から支払済みまで年14パーセント(但し年365日とする日割計算とする。)
の割合による金員を支払え」
という形になります。
ところが、印紙代の額は残元金請求の1000万円部分だけで計算し、
その余の350万円とか将来分の延損請求については訴額に算入しなくていい。

なので、「利息や遅延損害金については
印紙代算定の基礎には含めなくて良い」

っていう風に覚えている人も多いかと思うのですが、
実はこの理解は正確ではありません

いわゆるこの「利息、延損の訴額不算入」は
民事訴訟法9条2項の
「果実、損害賠償、違約金又は費用の請求が訴訟の附帯の目的であるときは、
その価額は、訴訟の目的の価額に算入しない。」
っていう定めに
根拠があります。
利息は法定「果実」、遅延損害金はそのまま「損害賠償」というわけです。

ところが、ここに書いているように、
訴額に算入しなくていいのはこれらの請求が附帯請求の場合のみです。

例えば、金融機関の貸金請求の場合、
稀に「貸付金元金は完済されているけど、
完済までに発生している約定利息、遅延損害金が残ってて
それを訴訟で請求したい」ということがあったりします。
(担保物件売却代金をとりあえず複数ある
貸付残元金に優先して充当した場合など。)

この点、金融機関の損害金利率は結構高いので、
確定損害金だけで数千万円の請求額になるときもありますが、
「損害金は印紙代不要」ってことで甘く考えて訴訟提起すると、
数十万円分の印紙代の予納を求められて慌てるなんてことも考えられます。

まぁ、普通に考えたら、
「利息、延損の請求であれば何千万円請求しても訴訟費用はタダ」なんてことは
あり得ないんですが、意外と盲点になっているところではあります。

あと、理論上、
「残元金請求100円、確定損害金請求5000万円」の場合でも、
形上は損害金請求は附帯請求になってるので、
訴状の印紙代は1000円(訴額100円)で良いことになってしまいます。
(あくまでも理論上ですが。)

そういえば、このカタチ、何かに似ていると思いませんか。

そう、
「知人がオーナーの店に一度招待されて気に入ったので、
次に自分たちだけで行ったら
思わぬ高額請求をされて戸惑った」
というよくある事例に
非常に似通っていることに気付かされます。

futai.jpg


ここでいう知人(オーナー)が元金請求(主たる請求)、
自分たちが利息請求、損害金請求といったところでしょうか。
「タダになるのはオーナーと一緒に行った時だけ」という。

こう考えると訴額算定でも
慌てなくて済みそうです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。