スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいそうな被告人のおっちゃん

裁判所(本庁)に行くと1階ロビーにソファが組んであって
待ち合わせや簡単な打ち合わせができるスペースがあるんです。

で、こないだ、管財の集会期日までちょっと時間があったんで、
そこで座って記録を見直したりしてたんですが、
ロビーの大型テレビでずーっと流してる裁判員裁判のビデオが
どうしても目に入ってくるんですよね。

これは最高裁判所が作った
「あなたも参加する刑事裁判~裁判員制度が始まります~」
という名の来庁者向けのPRビデオで、
内容は架空の事件を題材に裁判員裁判の様子を説明するというもの。
(ドラマに出てくる法廷は、法壇に向かって右が検察官、左が被告人側なので、
神戸を含む多くの地方庁とは別の配置。多分東京地裁に合わせて作ったんだろうね。)

辰巳琢郎がナビゲーターで出ていたり、
勝野洋が裁判長を演じていたりと、
相応に金が掛かっている(んだろうなという)内容で、
それなりに面白いんですが、
地裁ロビーで熱心に見てるのは私くらいのもんです。

ちなみに、ストーリーは、ちょっとショボくれた感じを出した被告人のおじさんが、
うまく行ってなかった仕事のことをいわれてカッとなり
「てめえ、逃げるのか」などと言って
知り合いを果物ナイフで刺したというなんとも物騒な殺人未遂の事案。

検察官は眼鏡をかけた世紀末覇者みたいな、眉間に皺の寄った強面の中年男性。
情状証人は、これまた力のない奥さん。
被告人は申し訳なさ丸出しでそれなりに雰囲気が出ています。
ホントよく雰囲気出てる配役だと思います。

video02.jpg

で、以下ネタバレになりますが、
求刑は懲役8年と果物ナイフ没収のところ、
判決は懲役6年の実刑。それに未決算入20日でナイフ没収。

裁判所のロビーではこのわずか15分程度のビデオが朝から晩まで
無限ループ再生されているので、
仕事で裁判所に行く人は嫌でもその内容を覚えてしまいます。

ただ、このビデオをずーっと見ていると、
不思議なもので、何度も起訴されて
立たされて絞られている被告人のおっちゃんがだんだん不憫になってきます。
必ず、なってきます。

「あの人、また起訴されてる」と。

で、「このおっちゃんは何万回も起訴されて、
でも控訴も収監もされず、
永久に起訴と実刑判決を受け続ける運命なんだなぁ。
認めの事件なのに。気の毒」と思うようになります。
あと「毎回、同じこと言って反省が無い」とも。

例えば、1回15分として、
一日午前10時から午後5時まで8時間流すと一日32回、
一年で開庁日が240日として年間7,680回、それだけの回数
この被告人のおっちゃんは起訴され続けている訳です。

そして、恐ろしいことにこのビデオ、
平成21年5月の裁判員裁判開始前に作成されたものなのです。
(だから、タイトルも「裁判員制度が始まります」と謳ってある。)
平成20年からとして平成23年6月までと考えても3年半。
つまり起訴~実刑の回数は2万5000回を超えるわけだ。
いくら裁判自体は15分で終わるとしてもこれはイヤよね。

ということを考えていたら、
うまい具合に集会期日までのいい時間潰しになりました。

この裁判員裁判のPRビデオはネット上でも見られるので、
興味がある方は是非見て、
裁判員裁判の奥深さを目の当たりにするがいいですよ。
http://www.saibanin.courts.go.jp/


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

巨大損保の合併

一部報道では、損害保険大手の
損保ジャパン日本興亜損害保険とが合併を検討中とのこと。

なお、両社は昨年4月に経営統合し
「NKSJホールディングス」が発足しましたが、
顧客基盤の違い等を理由に、統合後も
当面2社を分けた状態で経営を行うものとされていました。
そのため、今回の合併事態は
いわば既定路線どおりと見ることもできます。

そういえば、同じく
あいおい損害保険とニッセイ同和損保とが合併したのも
去年の10月。

損保の合併が起こると、
「加害者と被害者の加入している損保が
事故後に一緒になった

ということが生じます。

なお、私が担当していた事件でも、
事故当時は加害者がA社、被害者がB社に加入していたところ、
両社の合併で「社」が誕生したため
このような状態になったということがありました。

なので、
AB社の加害者担当aさんと示談交渉しながら、
同じ会社の被害者担当bさんから事件進捗状況の
照会が来るという、とても奇妙な状況でした。

話は一旦逸れますが、
あるご夫婦から事件の依頼を受けていたところ、
ある時点からなぜか、旦那さんと奥さんから別々に
事件の進み具合の問い合わせが来るようになり、
その後、事件中に離婚が成立したということもありました。
これは袂を分かつということで、
損保の合併とは逆のケースです。

なお、担当bさんに聞いたところ、
「同じ会社になったとはいえ、
コンプライアンス上、相手方当事者の担当者とは
直接情報共有できない形となっているのです。」という説明。
(「それってホントなのかなぁ」という疑問を持つのは、
視点としては重要だけれど
事件を処理する上では余り意味がない。)

ただ、巨大な損保が合併するということで、
両社のキャラクターとか対応の違いっていうのは
どういう感じになっていくのかなぁという点には
若干興味があります。

特に、損保によって顧客層や処理方針、損害査定に
結構な幅があることは、事故処理に携わる弁護士なら
皆感じるところじゃないかと思うのです。
これは、NKSJホールディングス発足後の
2社体制の採用という点からもうかがわれます。

方針や価値観がごちゃ混ぜになると
相手方としても結構混乱することが多いので、
どちらか一方に、できればより被害者保護に厚い方に
統一されるのが望ましいんじゃないかと、エラそうなことを考えています。


sonpo.jpg

ちなみに、確率的には、合併の場合でなくても
「加害者と被害者とが同じ保険会社に加入している」という事態は
幾らでも生じそうなもんです。
でも、そこは自社内でうまく処理しているためか、
賠償を巡って大きな問題になったり、依頼を受けたりということは
あんまり聞きません(財布が一緒だからかな…)。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

天使のエビ

最近、行ってみた店で立て続けに聞いた食材名。
「天使のエビ」

なんか食べ物につけるにはちょっとアレだなぁと
思わなくもないネーミングです。

で、こないだいった串揚げ屋で、
机を拭いていたアルバイトらしき店員さんに
「『天使のエビ』ってなんですか?」って聞いてみたけど
「いや、ちょっと僕では…」とのお答え。

私もいい大人なので、
店員さんがエビだと思ってたわけではないのですが、
どうにも気になったので、家に帰って調べてみた。

予想はしてたけど、見た目は普通のエビでした。

なんか、
「南太平洋の楽園“天国に一番近い島”
として知られるニューカレドニアの
汚れのない美しい安全な海水で
一切の添加物を使わずに
自然食のみで養殖されて」
いるエビとのこと。
やはりエビにつけられたブランド名らしい。

なんでも車エビやブラックタイガーよりも
旨み・甘みの元となるアミノ酸成分が多くて美味らしい。
(ちょっと調べただけでは生物学的な名前はわからない。
でも、そんなことどうでもいいでしょ?)

確かに食べた瞬間、その甘みと味の深みに圧倒されました。
というのはもちろん嘘で、
味覚の鈍いことに定評のある私には
普通のエビとの違いはわかりませんでした(エビならなんでもおいしいクチ)。
でもいいじゃない別に。客観的にはおいしいエビらしいから。

ただやっぱりネーミングが。

仮にも楽園を追われた人間のはるか上位にいる天使様
食べるというのに若干抵抗があります。

ebi01.jpg


それに、天使といっても、料理として出てくるときは死んでるし(ヘタすりゃフライ)。
…だから「天使」なのかもしれない。そうなると別の意味でウマイな。

このエビ、ニューカレドニアで養殖されてるらしいし、
確かに、エビにとっても「天国に一番近い島」と言えそう。


ここで、さっそく本題ですが、
天使のエビであろうが地獄のエビであろうが、
エビを食べるときに注意してもらいたい点が一つあります。

次の画像を見てください。

ebi02.jpg

女性などに多いんだけど、
エビチリ、エビフライ、エビ天、刺身を問わず、
またエビの種類を問わず、
エビの料理を食べるときに、
Aの部分で喰い千切っておしまいという残念な人が少なからずいます。
でも、固い甲殻で覆われてるけど本当はBの部分までが食べられる部分
エビだけにA~Bの部分も食べられるってことは
エビ好きならば誰でも知ってる。
つまり、Aであきらめてしまってる人はエビを味わい尽くせていない。
こういう人は人生のいろいろな場面で、
大切なものを拾い切れていないことが多い。と思う。

だから、こういう料理が出たときは、
一旦Bの部分まで口に入れてBのラインを噛んでから
しっぽを持って引っ張れば
あら不思議。
手元にはしっぽとA~Bの甲殻の部分だけが残り、
エビの身を余すところ無く食べられるという寸法。
(Bで噛んだ時点で甲殻ごとちぎれてしまいそうに思いますが、
エビの身体というのはそれほどヤワではない。)

これを実践するだけで、
生涯のエビの摂取量でライバルに差をつけられること間違いなし。
無類のエビ好き(但し味オンチ)としての立場からのお願いです。

…ちなみに、実は尾部の中身も食べられる身が若干あって、
私なんかはそこまで攻めることも多いのですが(体調と気分による)、
こればっかりは他の人にはあんまりお勧めできません。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

不毛な議論

色んな場面で適切に判断・決断をしていくことが重要なのは
どんな仕事も一緒。
というか社会人だったら誰でもあるよね。
もちろん、法律問題を扱う我々の仕事でもそう。

ただ、仕事をしていてどうにもやきもきさせられるのは、
「今考えてもどうしようもないことがら」
うだうだとあーでもないこーでもないと
考えて時間を浪費すること。

そりゃあ、
情報が限られてる状況でも
出来るだけ物事の行く末を推測して
少しでもいい結果に近づけるよう努力するというのは
もちろん大事なことだ。

ところが、ほんとに
今の時点ではどっちに転ぶか分からないことがら、
例えば
「訴えられるかどうか」
「相手から書面が出てくるかどうか」
「値段が上がるか下がるか」
みたいなことについて
何の根拠も決め手もないのに
どうしようどうしようと
右往左往するのは本当に時間の無駄

特に弁護士の扱う法的紛争っていうのは、
対立する当事者がお互い相手を
出し抜いてやろうと考えて動くので
予想外の事態が起こるっていうことは
常に頭に入れていないといけない。
だから、仕事の内容も
問題が起こってからそれに対処するという側面が強い。

それなのに、
それを理解せずに、
どんな場合にも完璧に対応したいと考えて動くのは
どうしても無駄が多くなるし
あんまり頭のいいやり方だとは思えません。

kaigi.jpg

だからさ、
たかが次回期日を決めるだけなのに
5分もかけないでよと言いたいわけです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

おそろしや…。

bouraku.jpg

これで負債が出来てもやっぱ
免責不許可になりそう…。
げに、相場とは恐ろしいものです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。