スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑った顔が嫌いなので

先日、といっても8月のことですが、
事務所ウェブサイトの大幅な改訂のため、
所属弁護士の写真も変えてしまおうという話になりました。

ウェブサイトにはどうしても写真を載せないといけない
という話ではないのですが、
「弁護士を選ぶ側からすると
顔が見えた方が安心するだろう」

ということで、
ウチはサイト立ち上げ当初から所属弁護士の写真を載せています。

pause.jpg

自分で「甘いマスク」とか書いてる分には
誰にも迷惑はかけないはずなのですが、
さすがに36歳という年齢を考えるとヤヴァイよね。


それはさておき、
事務所サイトの所属弁護士の写真は
これまで2回撮影してもらったことがあるのですが、
正直私としては前の写真はどちらも
太って見える上に笑顔が必要以上にキモいということで
知り合いには極力教えないようにしていたのです。

ところが今回の撮影は、
師匠の知り合いのプロの写真家さんに撮ってもらえることになり、
いい感じに仕上げてもらえるのではないかと
密かに心に期するところがありました。
(ちなみに、師匠がどうやって
そのプロの写真家さんと知り合ったのかについては
2~3回聞かせてもらいましたが、
どうにもよく理解できませんでした。)

satsuei01.jpg

ところが、私はiPhoneでの自撮りは毎日必ずやっていますが、
実はプロのモデルではないため、
どうしてもぎこちない姿になってしまうので、
カメラマンの方もアシスタントの方も撮影にあたっては
「自然な感じ」に写るよういろいろ気を遣っていただけました。

kian.jpg

横からキャメラが狙ってるところを意識せずに、
正面のアシスタントさんと慣れない会話をするというのは
意外と難しいものですね。


写真の写りっていうものは
最初にウチのウェブサイトを見られた方が受ける印象を
決定付けてしまうため、
それなりにこちらも真剣です。

kimomako.jpg

結局、私を含め弁護士3人とも、
たくさん撮ってもらった中から
それぞれ自分の一番気に入る一枚を選んで
載せることにしました。
私は、なるたけ笑っていないように見える写真を
選んだつもりですが、
それでも微妙に笑っているのでそこが残念でなりません。

image.jpg

写真、というものは、
大なり小なり撮る人の主観が入り込むものだと言われますが、
それでも、自分の立ち位置や印象を
客観的に見るいい材料になるように思います。

最近、仕事とプライベートの両面で
自分のキャラや人との距離感を誤って
迷惑をかけてしまうということがありましたので、
そのことを反省しつつ、これからの自分の生き方に
役立たせていきたいなと思います。
とりあえず、ご迷惑をかけた方には
この場を借りてお詫び致します。

suman.jpg

それでは、また。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

相手方代理人

私のいる兵庫県弁護士会は
新規登録したころはまだ会員数も少なくて
良くも悪くも
「弁護士同士の顔が見える」なんて言い方を
されたものでした。

ところがこれだけ弁護士の数が増えてくると、
他の単位会はおろか
会内だけでも全く存じ上げない先生というのが
多くなってきました。

法廷もののテレビドラマなんかだと、
相手の弁護士の仕事ぶりや私生活、
顧客層だとかの情報が最初にわかってて、
それを元に対策を練って事件処理に活かす
っていうのがあったりするけど、
実際には他の先生がどんな仕事をしているのかって
なかなか見えにくい部分ではあるよね。

tv.jpg

他方、もっともよく知っている弁護士というのは
自分の事務所内の弁護士だと思うのですが

ウチの事務所の鹿児島事務所のマキセ君が
またまた南日本新聞の情報誌「フェリア」に
コラム「離婚したら年金はもらえる? もらえない?」を掲載致しました。

今回は誰もが日々思い悩む「離婚と年金分割」がテーマですが、
特に私の描いたイラストのやっつけ仕事感がみどころです。


さて、自然な感じで告知が終わったので話を戻すと、
相手方代理人の話です。

大部分の事件では、
相手方代理人自身の情報というのは
あんまり重要ではなくて、
事件の帰趨に影響するということも少ないのですが、
出てきた書面が変わってたり、
主張がオリジナリティに富んでたりすると
ついどんな人か知りたくなるというのが人情です。

他の会にいる同期からも
「今度の申し立て、神戸の○○弁護士が
管財人やねんけどどんな先生?」

聞かれることはよくあります。
(必ず「会内でも有名な危険人物で、
厳しい事件になるだろう」とアドバイスするようにしています。)

最近だとウェブサイトやブログを作っている先生も多いので、
ネットで簡単に調べられたりするのですが、
私が弁護士になった頃は、とりあえず気になったら
「全國辯護士大觀」で調べてみることが多かったです。

tenbin01.jpg

これは生年月日や最終学歴(出身校)、
得意分野が載っているので
相手の先生のヒトトナリを知る上で
大いに役立ちました。
掲載写真は新規登録時とかの古いのが使われてたりして
その弁護士の昔の姿が見られるといった楽しさもあります。
もっとも、値段がそこそこするのが難点です。


あと、相手方代理人のことを知る上で役に立つのは、
やはりその代理人を直接知る他の弁護士からの情報ですね。

tanakab.jpg

これは生の具体的な情報なので、
特に「気をつけなければいけない弁護士」を知る上では
非常に有用だと思います。
(相手方の情報収集をするのも、ほとんどはこの
「ヤバイ先生じゃないか?」という点を
確認するためだもんね。)

でも結局は顔を合わせるまで
どんな人かよくわからないということも多いし、
情報を入れすぎて逆に萎縮してしまうというのも良くないので、
あんまり気にせずに、強気かつ紳士的に対応すれば
いいんじゃないかなって思うわけです。

uchida04.jpg

「この人ヤバイな」っていう弁護士も
事件始まってしばらくしてから感じることが
ほとんどだと思うしね。

jikobengo.jpg

私の相手方になった先生が
このブログ見たとき
好印象を持ってくれるよねえ?

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

司法研修所第56期10周年記念大会

予告通り、先週末、
司法研修所同期の10周年記念大会に出席するため
熱海まで行って参りました。

関東の方と違って、関西人にとっては
熱海はあまり馴染みが無い土地なのですが、
せっかく行くのだからと、
それなりに下調べはしていきました。
要するに、尾崎紅葉の「金色夜叉」にゆかりのある
温泉地なんですね。
(「それなり」に調べてわかるのはここまでです。)

全体での同期会は土曜日だったのですが、
私は金曜から会場とは別のホテルをとって前乗りしていたので、
まずはホテルにチェックインした後、
熱海の町を散策することにしました。

町の表示を見てると、
「お宮の松」の案内表示があり、それに沿って
海沿いまで行くとあった!ありました!
「貫一お宮之像」というやつが。

…意外に小さい。


とりあえず、観光客なので写真は撮りましたが、
単に像だけ撮っても面白くないので、
私が一緒に収まることにしました。
その方がいろんな人が喜ぶし。

KO.jpg

金色夜叉のストーリーは詳しくは知らないのですが、
男女平等と人権擁護を尊重する弁護士としては、
貫一が下駄でお宮を蹴り飛ばすシーンが再現された
この像はやや衝撃的過ぎ、
そのせいでホテルに戻る道がわからなくなりました。

翌朝も前日の金色夜叉ショックが響き、
寝過ごしてホテルの朝ごはんを食べ損なったのですが、
昼までテキトーにぶらぶらしてから会場のホテルへ。

poloshirt.jpg

同期会の会場となる熱海後楽園ホテルは大きくて綺麗なホテルです。

昼過ぎからまず大きな宴会場で
全クラス合同での懇親会がありました。
さすがに10年も経つとみんな見違えるなぁと
感慨に耽りつつよく見たら
案の定、隣のクラスの知らない人たちでした。

今回、全体の参加者は500人位いたと思いますが、
その中でスーツなどの正装で決めている人はむしろ少なく、
私服でやってきた私も無事浮かずに楽しい時間を過ごすことができました。

事前に先輩の忠告を聞き、
ネットで画像検索(「司法修習 同期会 熱海 画像」)をしていて良かった。

案内に「*カジュアルな服装(ポロシャツなどで構いません)」って書いてあったからか、
ポロシャツ組が異様に多かったですね(私を含め。)。
まぁ、スーツでも悪くはないけどね。

そして、夕方からは
比較的小さい宴会場で
各クラスごとに懇親会が行われました。

その宴会で、出席頂いた教官の方々から
それぞれの言葉で厳しくも暖かい励ましを頂き、
仕事への新たな意欲がわき上がってきました。

正直言うと、私なんかは必死で走り続けて
ようやく10年のキャリアを積んだという意識が強かったのですが、
どの教官も、「やっと10年なのじゃなく、
これがようやく始まりなのだ」
ということを
異口同音におっしゃられていました。
中には先日長島で30周年の記念大会に出られたという
教官もおられ、やはり我々はまだまだひよっこなのだと
強く感じさせられました。

夜8時からの二次会では、
座敷のある部屋に場所を移し、
夜中の2~3時まで同期や各教官の方々と
それこそいろいろなお話をすることができました。

enkai.jpg

芸能関係の仕事を多くしている者、
大陸に渡って頑張っている者、
官庁に出向したり、海外に留学したりと
それぞれの置かれている立場は様々でしたが、
お互いに良い刺激を与え合うことができたんじゃないかとね、
まあそう思う次第です。

なお、異性の同期との魅惑的な展開はなかったよ。
それどころじゃなかったし、
そもそも私、酒飲めないしね。

raosunokesi.jpg

旧交を温めるというよりも、
法曹としての新しい一歩を踏み出す活力が
得られたという点で
今回の記念大会は大変有意義なものになったような
気がしなくもありません。

これから10年を迎えられる若手法曹の方には
是非、記念大会に足を運んで頂ければと思います。

osarai.jpg

できれば、私服で行った方がいいよ。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

昨年度の当事務所の採用活動について

事務所のパソコンのハードディスク漁ってたら
新人弁護士採用のために
一昨年の暮れ頃に作った
修習生向けのチラシのデータが出てきたよ。

事務所での二次面接の告知をするため、
県弁護士会の就職説明会で配ろうと思って作ったけど、
諸般の事情によりストップがかかったのでした。
(ちなみにこれもキツ過ぎるオリジナルから
ある程度改変したバージョンです。)

2012saiyou01.jpg

ハードディスクって全く
現代のパンドラの箱ですね。

「気さくな先輩」のうち何人かが
いなくなってるけど、気にしないでね。
(元気でやってるかな?)

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

同期会の恐怖

56期のわたくしは、
恥ずかしながら今年で弁護士生活丸10年を迎えるのですが、
今週末、
「司法研修所第56期10周年記念大会」
というのがあるんですね、熱海で。

10年というのは思い返せば
あっという間だったのですが、
一体どんなことになるのか、
楽しみなような怖いような複雑な気持ちです。

こういう修習同期全体での同期会は
10年毎にあるようで、
ついこの間、うちの師匠(46期)も
京都で20年の節目の同期会に出席していたようでございます。

私は「全体の同期会」というものに
ある種の苦手意識があるのですが、
その原因は修習の開始期にまで遡ります。

平成14年4月、私たち56期生は
「21世紀最初の合格者たち」として
埼玉県は和光市の司法研修所で
華々しく修習生活をスタートさせました。
(実を言うと、私の修習開始が華々しかったのであって
他の方についてどうだったかは正直わかりません。)

ところが、修習の初日だったでしょうか、
研修所での講義が終わった後、
池袋かどこかのホテルで
初の全体懇親会というのがあったんですね。
(「関西の会」の劇をやったりしてたので、
たぶん、研修所の公式な行事ではなかったのでしょう。)

そのとき、私は「懇親会だし、
みんな平服で来るのだろう」
と信じて疑わず、
寮でわざわざ私服に着替えてから会場のホテルに向かったのですが、
会場に着いてみると、参加者のうち私服は私1人だけ

makotoru.jpg

56期が受かった2001年は
「最後の1000人合格年」といわれ、最終合格者は990人、
翌年に修習を開始したのは1000人を少し上回るくらいだったのですが、
本当に、懇親会の会場で私服だったのは私1人だけでした。
(合格者数は寮に帰ってから思わずネットで調べたので、
記憶に残っているのです。)

紅い異母兄弟の中に放り込まれたスイミーのような私は、
当然、(良い意味で)悪目立ちしてしまい、
何かにつけ横並びの日本人的気質の重要性を
(おそらく生まれて初めて)感じながら、
苦痛に満ちた3時間をホテルの宴会場の隅っこで過ごしたのでした。


今にして思えば、
一緒に会場に向かったY君(その後、弁護士の道へ)も
スーツに非スポーツ系のリュックサックという
それなりにアレな格好ではあったのですが、
私と比べるとやはりそんな彼も
「向こう側の人間」だったのでしょう。
(繰り返しになりますが「こっち側」は私1人でした。)


そんなことを思い出しながら、
今回の記念大会の「ご案内」を見るとそこには
「*カジュアルな服装(ポロシャツなどで構いません)にてご参加下さい。」
とありましたが、これを真に受けるほど
私もバカではありません。
(ともあれ、お忙しい中お手配頂いた
各クラスの幹事の方には心から感謝しております。)


そうはいっても、10年ぶりに会うことになる人も多いはずで、
今からどういった同期会になるのか楽しみです。
みんなそれぞれ風貌も変わってるんだろうなぁ…。
自分もほかの人から見ると変わってるんでしょうか。

syusyusei.jpg

56期3組52番、中村まこつ。
宜しくお願い致します。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。