スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場は荒野

とにかく仕事が忙しいのです。

まるで、
12月下旬から新規登録の弁護士さん2人が
来てくれるのを見越したかのような
怒濤の仕事ラッシュです。

元来、仕事が忙しいこと自体は
そこまで苦になるタイプではないのですが、
待ちの案件が溜まってる一方で、
それより緊急度の高い案件が続々と舞い込み、
その結果、思うように仕事が回っていかない
というその状況にフラストレーションを感じるのですね。

こういう異常に忙しいときこそ
人はミスを犯すもの
なので
いつにもまして細心の注意を心掛けないといけないと
かの伊藤博文公も言われており、
今ではそれが私の座右の銘になっております。
(伊藤博文がそんなこと言ったって
聞いたことはないんだけど、
たぶん1度や2度は言ってたと思う。
部下とかに。)

そして、こんなときに助けられるのは
やはり司法研修所で学んだ基礎的な知識。
(「基礎」って重要ですよね!)
そう、妄想の世界への逃避です。

mousou.jpg

私は仕事が忙しいとき
それをよく戦場になぞらえて考えてしまう
悪い癖があるのですが、
(といってもそこまで悪くはないですが)
「そういえば、こんな地獄のような状況も
新人の弁護士さんが来るまでじゃね?」
と考え出したら、
妄想が広がり、
結果、仕事がそれなりに捗り出しました。


ウチの新人指導は厳しいことで有名です。
(主に事務所内で)
それは「弁護士になって最初の3年」
その後の弁護士人生を決める上で
死ぬほど重要だから。

というわけで、
私もいきおい指導に熱が入ります。

hartmaco.jpg

この年になってようやく、
「仕事してお金をもらう」
ということの大変さが、
実感をもって
感じられるようになってきました。

でもこんな感慨は
実際に仕事を通して
自分自身で苦しい経験を積まないと
なかなか得られないもの
なんじゃないかと思うんですよね。
ボス弁や兄弁、姉弁から
やいのやいの言われて身につくものでもない。

…それでもやいのやいの言うけどね。

ただ、人間関係も当然大事で
人を相手にしているお仕事である以上、
事務所の外でも中でも
いい関係を保つように努力するのが
大事なのかなとも思います。

fullmetal.jpg


とまあ
自分をよく見せるための
絵空事は以上です。


で、実際に新人君が入ってきてからですが、
やはり私が担当している事務所事件も、
簡単なものから少しずつ引き継いで
慣れさせていかねばなりません。
まぁ、最初はつきっきりで指導しないといけないけどね。
できるだけ世代交代は進める必要があるからね。

rouhei.jpg

こんなとき、
泥沼化したややこしい事件
何も考えずに丸投げできたら
こんなにいいことはないのですが、
こればっかりは人としてやっちゃいけないよね。
みんなも友達同士で注意しよう。

hikitugi.jpg

自分の心の負担になってる事件は手元に残して、
新人さんには、簡単で平易な事件から
少しずつ指導と称して引き継いでいくことになるんじゃないかな。

今の私には、それだけでもずいぶんありがたい。

macotoon.jpg

「そんな『忙しい忙しい』って言いながら、
ブログを更新する時間はあるんじゃん」
って思うでしょ。
俺もそう思う。

でも、こんなブログ、
その気になれば2秒で書けるもんね。
まぁ書けるか書けないかで言うと
書けないけどね。

とにかく、一日も早く
新人弁護士さんに着任頂きたいものですね。ヒヒヒ。


そういえば、
大阪の弁護士の先生から連絡頂いて
12月に大阪弁護士会である
何かのシンポジウムに誘われましたよ!

yuudou.jpg

このシンポ、
なんとあの、●口裁判官も来られるんだって!
なんで私に声かかったのかがまだよく分かんないんだけど、
タイミング的に、
税務調査のことを2時間くらい
話すことになるんだろうなと思うよ。
おそらくね。

それではまた。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

弁護士バッジあれこれ

今回は弁護士記章(徽章)、
つまり弁護士バッジに関するありがたーいお話です。


弁護士バッジをスーツの襟に付けることを夢見て
厳しく辛く惨めで(それでいて甘い)
司法浪人時代を耐え抜いた私は、
このバッジというものに
一方ならぬ思い入れがございます。

ところが、この仕事をしていて
意外と弁護士バッジを付けていない
先生方が多いことが常々気にかかっておりました。


弁護士であれば皆さん一言一句諳んじておられるように
日弁連の会則第29条第2項では
「弁護士は、その職務を行う場合には、
本会の制定した記章を帯用しなければならない。」
と定められています。
(嘘だと思うならWikipediaを見てください。
少なくともさっきはそう書いてた。)

日弁の会則なんてそうそう見ることはありませんが、
上記条項の趣旨に照らせば
「弁護士は記章を帯用しなければならない」
=「記章を帯用しない者は弁護士ではない」となりますね。
すなわち、記章を付けずに裁判所に来ている
「弁護士のような人たち」の
訴訟行為や事実行為は全て無効となりそうです。

これは極めてゆゆしき問題ですね。

badgenashi.jpg

というのは冗談にしても、
弁護士にとってバッジは
重くかつ非常に意味深いアイテム(非売品)です。


一般にはさほど知られていませんが、
看護師さんの戴帽式のように、
弁護士の世界でも
弁護士徽章を授与する儀式というのが行われています。

jyuyo01.jpg


普段付けられていない先生方にも
是非この機会に
初めてバッジを手にされた時のことを
思い出して頂きたいですね。

ご存じない方もおられるようですが、
弁護士記章(通常バージョン)は
純銀製で造幣局が作っています。

あと、徽章に関する面白いトリビアをひとつ。

potti.jpg


なお、一般にもよく知られているように、
弁護士バッジは
ひまわりの中に秤(てんびん)が
配されるというデザインになっています。

この天秤は「公平」を表す意味で用いられているもので、
「正義の女神」が手で掲げているのと同じく、
「正義」の象徴ともなるものです。
(ここら辺の知識は全て
さっきWikipediaで仕入れたものです。)

megami.jpg

片手に剣を持ち、
もう片方の手に秤を掲げ、
目隠しをした「正義の女神」像もまた、
弁護士バッジと同じく、
弁護士のよって立つべき「正義と公平」を表すものとして
多くの弁護士事務所の玄関に据えられ、
相談者や郵便局の人を絶えず威圧しています。

いろいろ突っ込み所の多いこの像が
さほど違和感なく受け入れられていることからも
天秤が「正義と公平の象徴」として
確固たる地位を築いていることが見て取れます。

megami02.jpg

その秤ですが、
これが正しく機能するためには、
何よりも秤自体が水平に据えられている必要があります。
(これは小学校の理科で習う基礎的知識です。)

つまり何が言いたいかと申しますと、
「弁護士バッジを付ける際には
中央の秤が必ず水平に
なるように付けましょう」

ということです。

少なくない弁護士が、
バッジを付けながらその上下左右の向きに
頓着しないという現状が残念でなりません。
せっかくバッジを付けていても
中の天秤が傾く付け方では意味がないのです。

kyougikai01.jpg

バッジの天秤が傾いているということは、
自ら公平、公正ではないことを外部に標榜している
取られても致し方ない面があり、
事実、そのような弁護士が
一定数存在することも否定できません。

akuben01.jpg

なお、修習生バッジは"jurist"の頭文字"j"の筆記体が
モチーフになっていますが、
こちらはどう付けようとわりかしどうでもいい。

ukeoi01.jpg

なんかよく知らんけどさぁ、
やっぱり会則に書いてあるから、
みんなバッジ付けよーぜ!

そういえば、このあいだ、
話を聞きに来てくれたジャーナリストさんが
「ブログに書いてあることで
どこまでが本当で、どこからが冗談かがわからない」

って言われてました。

「真実は時として見えにくくなる。」

これも弁護士として心に刻んでおくべきことがらですね。

uso.jpg

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

乾杯は挨拶のあとで

事務所の後輩弁護士まっつん
今度、めでたく結婚されることになりまして、
その披露宴での乾杯の挨拶を頼まれました。

で、そろそろ挨拶の内容を考えないといけないんですが、
なかなかいろいろ制限や決まり事があって難しいんですね。

「割れる」とか「去る」とか、
そういうニュアンスの言葉も含めて
忌み言葉だから使っちゃいけないのね。
そうすると、
「八つ裂き」とか「砕け散る」って言葉は
挨拶の中には使えないってことになるよね。

「ますます」とか「もともと」とか
繰り返す言葉も「再婚を連想させる」ってことで
意味関係なく、ダメなんだって!
奥居香とか、
バンドメンバーの披露宴で
スピーチするときとか困ったでしょうね。


さて、どうしたものか。



「今度」っていうか
明日、なんだけどね。披露宴。


幸い、師匠(主賓の挨拶担当)から
スピーチのマニュアル本を借りられたし
まぁ、なんとかなるよね。
実際、旧試もそれで乗り切ったしね。

speech.jpg

まぁ、なんとかなるよね。
おめでたい席のことだし。

【追記(11/18)】

当初の予想通り、
やっぱりなんとかなったよ!

なんというかね、
窮地に立たされたときの
自分の底力というかね、
そういうものの存在を
まざまざと見せつけられた気がするよ。

syukuji.jpg

さすが俺。
かっこよすぎ。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

弁護士業務改革シンポジウム

知ってる?
ヒマリオンってさ、
ヒマワリとライオンの合成生物らしいぜ?

最近、初めてお会いする人に
「ブログのイラストにそっくりですね!」と言われ
密かに凹むことの多い弁護士中村です。

というわけで、とうとう11月8日、
弁護士業務改革シンポジウム2013in神戸
(以下、「業革シンポ」という)がやって参りました。

業革シンポについては、
過去の記事で書きましたので説明は割愛。
どうしようもなくヒマなら読んでみてね。
「大役を任された的な。」
「神戸良いとこ一度はおいで」

そして、もう一度確認しますが、
業革シンポでの私の業務は
会場部会の副部会長兼誘導員班長という
いわばシンポの中枢を担う要職です。

部会員の副部会長としての内示を受けたのが確か3月頃で、
そこから足かけ約8ヶ月、
各部会員の確保や連絡、マニュアルの見直し等
様々な業務を行ってきました(主に私以外の方が)。


業革シンポは
兵庫県弁護士会にとってはもちろん初めてのことなので
一発勝負的な大変さがありますが、
各部会員の士気は相変わらず高く、
まさに真剣そのもの。

tairo01.jpg

ところで「真剣」で思い出しましたが、
夫婦間で親権を巡って争うってこと、あるよね?
そんな普遍的なトピックに対し、
当弁護士法人鹿児島事務所の雄、
牧瀬祥一郎弁護士が今回も果敢に挑んでくれました。

「南日本新聞」の「フェリア」最新号(11月2日号)の
コラム「私を守る法律のはなし」で
「離婚と親権 親権者の判断基準とは?」
と銘打ち、大胆に持論を展開!
「お前、後輩のくせに、なんで業革シンポ来ねぇんだ」とか
色々な思いのたけを込めて描いた
私のイラストもそれなりに輝いている感じです。


で、話を元に戻しますと、
明日のシンポ当日の業務ですが、
残念ながらシンポの部会員、特に会場部会員は
お仕事の性質上、シンポの全体会や各分科会への出席を
阻まれてしまうという運命にあります。
とはいっても、私としては
「与えられた職務を全うすることに
全力を尽くす俺、カッコイイ」という感じで十分です。

噂では、会場部会員のうち
中隊長(=班長)以上の役職者には
連絡と状況確認用のインカムが支給されるとのことであり、
なるほど、セキュリティポリス的な感じのお仕事も兼ねるのねと
勝手に解釈して盛り上がっております。
(やっぱり、シンポが終わったらインカムは
記念に持って帰ってもいいんよね?)

marion.jpg

あとは、かなりなVIPも来賓で来られるとのことなので、
不逞の輩がこれらの来賓に直筆の手紙を渡そうとしたりという場面では
身を挺して防ぐ必要がありそうね。

ただし、私は実際の誘導業務ではなく、
色々な連絡役やヘルプに入る雑用係なので、
会場ではできるだけ目立たない格好で
こそこそ動く予定です。


それから、部会員に選任され、
お忙しい中、お仕事に協力いただける先生方には
本当に感謝しております。
(私もその一人なんだけどね。)
この場を借りて御礼申し上げます。
(自分のブログだから「この場を借りて」はおかしいけどね。)

sinpo.jpg

特に、道連れ的に部会員に引き込んでしまった
何人かの先生方に対しては
申し訳ないなという気持ちと
逃げられてたまるかという気持ちが
ちょうど相半ばする複雑な心境です。

もっとも、業革シンポは2年に一度、
全国50ちょっとの単位会(52だっけ?)が
順番で主催して開かれるシンポジウムで、
当会の偉い人曰く、
「神戸でやるのはまさに100年に1度の出来事」だということです。
ハレー彗星の周期より長いこの一瞬に立ち会えるということは、
これすなわち歴史の目撃者になるということですよね。
(我々、会場部会の誘導員はさながら「傍観者」でしょうか。)
スタッフとして関わることで
必ず何か得るものがあるはず。誘導のマニュアルとか。


あと、来場される方々へ。

本当に、神戸はいい町です。
各地から来られた先生方には
是非、この機会に神戸のいい面も悪い面も
堪能していただけると良いなとね、そう思いますね。
具体的にどこ?って聞かれると途端に困るけどね。

ちょっと1ヶ月くらい長逗留してもらえたら
ちょうど神戸ルミナリエ(12/5~/16)も見て帰っていただけるしね。


伝え聞くところでは
参加表明された方が10末の段階で1000人を超えていたとかで、
明日のシンポ当日はまさに戦いの様相を呈するのではないかと
戦々恐々としている次第です。

ori.jpg

前日夜の正直な気持ちとしては、
丸一日、通常業務からは離れられるという点で
新鮮味と文化祭的な高揚感はあるのですが、
その分、週明けの仕事の滞留が恐ろしい感じです。

そういうわけで、
今週の辞世の句

秋風や
忙しくとも
ヒマリオン

それでは、シンポで会いましょう。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。