37歳のハローワーク

私は自分の弁護士という仕事に
誇りもやりがいも感じていますが、
ふとした時に、
「他の仕事についていたら
どうなっていただろうか」

ということを考えてしまうのです。

弁護士になろうと考えたのも
とりたてて明確な目的が
あったわけじゃないし、
また何かにつけ
才能溢れる私のことなので、
他の仕事についてたとしても
それなりに上手くいってたんじゃ
ないかと思うんですよね。

今回はそんな自分語りのお話。
基本、自分のこと大好きだからね。

1 お医者さん

弁護士してると、
良きにつけ悪しきにつけ
お医者さんと比べたり比べられたり
っていう場面が必ずあるよね。
昔は「医師、弁護士」って
一括りにされてたのに、
今は随分と差をつけられちゃいましたね。

dr.jpg

ドラマや映画の影響で、
なれるとしたら外科医に
なりたいって思っていたのですが、
私は指がとりわけ短くて、
暴れる動脈をうまくつかめずに
何人か死なせてしまったかもしれないから、
やっぱりならなくてよかったんだと思うよ。

なれないけどね、数学できんから。

とにかく人の命に直接関わる
大変責任の大きいお仕事だと思いますね。

2 クリエイティブなお仕事

何かを作り出すというクリエイティブな仕事にも
それなりにあこがれたりするわけです。

ビッグなロックスターというのも
当然、選択肢に入りますよね。
唯一無二の音楽を武器に
聴衆から報酬を徴収する
というスタイルにあこがれるのです。

HMHR06.jpg

もっとも、これにはカリスマ性や
フロントマンとしての生まれもった
才能みたいなモノが必要なので難しい。


フロントマンがダメならってことで、
スタジオミュージシャン
なりたいって考えたこともあるよ。

musician01.jpg

でもスタジオで働くには、
必要最低限の音楽理論の素養と
演奏スキルだけじゃなくて、
アーティストの要求に
その場で応えられる柔軟性とか
引き出しの多さとか、
音楽的なセンスや感性が
重要なんだよね。
ギターの本数だけが取り柄の
私には少々荷が重過ぎるお仕事です。


昔から落書き程度の絵を描くのは
嫌いではなかったので、
音楽がダメならってことで、
漫画家になりたいと
思ったこともありました。

mangaka02.jpg

ところが描けば描くほど
本職さんの凄さや
レベルの違いを見せつけられるので、
あんまり真面目に考えるとこまでは
行きませんでした。

漫画家って魅せる画力と
人を引きつけるストーリーの構成力の
両方が高いレベルで求められる難しい仕事ですね。

3 飲食業

全く畑違いではありますが、
飲食業で自分の店を持つというのは、
自己実現という点でも
それなりに刺激される部分があります。
自分の店とくれば、ラーメン店店主ですよね。

rahmen03.jpg

でも、悲しいことに
私は味に対するこだわりがゼロに近いという、
飲食業を立ち上げる上で致命的な爆弾を抱えているので、
そもそもラーメンを作ったりっていうのは
合わなさそうです。
しかも、
真性のラーメンマニアみたいな人たちのやりとりって
私からすると少しオカルトじみた部分があって、
どうにも合わない部分がありますしね…。


メシ屋がダメならってことで
次にバーテンダーが浮上してくるよね、やっぱり。
それなりにモテそうだしね。

barten.jpg

でも、私は味覚以上に酒がダメで、
焼酎と日本酒の違いもよく分からないくらいなので、
そもそも論外ですかね。

よく考えたら、バーテンは
なりたいと思ったこと自体もなかったのでしたが、
家に酒もないのに東急ハンズでシェーカーとか
一揃いを買ってしまったのは、
「形から入る(だけで終わる)」という
私の抱えた悲しすぎる性(サガ)のせいです。

「よくわからんけど、
金をかけて道具を揃えさえすれば
それで何かが始まるかもしれない」

考えてしまうのは、既に何かの病気なのかもしれません。


4 教育者

人を教える仕事なら、
弁護士の仕事とも若干重なる部分があるし、
教師なんか
いいかもしれないと考えたことがあります。

taiiku01.jpg

もっとも、そもそも教職取ってないって点で
難しいどころの騒ぎじゃないよね。
中高生とか生意気で腹立つかもしれないしね。


ただ、未就学児童とかなら
意外と精神年齢も近いからうまくいくかもしれません。
子供、嫌いじゃないですし。
となると、当然、保育士ですよね。

hoikusi.jpg

といっても、やっぱり話の通じない子はいそうだし、
よく考えたら「子供が好き」ってほどでもないので、
やはり自分には難しそう。


5 趣味・好きなこと

それなら端的に
趣味や好きなことを仕事にできないかって
考えることもあります。

そういえば、私、
一時期ボウリングにハマっていたことがありましたので
当然、プロボウラーという選択肢も見えてくるわけですよね。

bowler02.jpg

本を買って、
ブルックリン・コースの狙い方とか
レーンのオイルの変化の読み方とか
一所懸命に勉強しようとしたこともありました。

ただ、ハマっていたからといって
うまくなれるとは限らず、
この「プロボウラーなりたい熱」は
急激に冷めていったのでございました。
結局スコアの方も
「これがゴルフならへぇすごいと驚かれるレベル」の数字
に終わることが多かったので、
いかにへたっぴだったかが見て取れるというものです。
(しかも2ゲーム目はスコアが半減するという呪い付き)

このプロボウラー熱は
マイブーム自体が非常に短期間
(半月くらい?)であったのが幸いし、
ボウリングのシューズやマイボウルを買わずに終わった
という点では、自分をほめてあげたいと思ってます、今でも。

ボウルは鈍器にするなどそれなりに使えますが、
ボウリングシューズは左右でソールが違ってて
他の用途には使えないシロモノですからね。


あとは、妄想で今でもよく考えるのは
戦闘機のパイロットでしょうか。
これは完全に小学校の頃に観た「トップガン」の影響ですね。
(そこだけ繰り返し巻き戻して観ていたためか、
エロいシーンばかりが記憶に残っています。)

pilot.jpg

海外の雑誌なんかを見てると
時々、どこの空軍の払い下げやらわからんような
3~4世代ほども前の軍用機販売の話がありますが、
この点も先走って買ってしまわなかった点は
自分をほめてあげたい。

基本的に自分をほめるのに
余り抵抗を感じないタイプです。


どの仕事でも、自分がそれなりに
うまくやっている感じがイメージできないので、
結局、弁護士で良かったっていう結論に
落ち着くよね。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

【驚愕】もう一人、いる!

前回、うちの事務所に新しく加入し、
私の下についてもらうことになった
元「色白サボテン」ことF井君を
紹介させて頂きました。
(なぜ「元」かは後述する。)

実は新人弁護士は
もう一人いるのですね。
まっつんの下につく一人が。

それが仁戸田康平先生です。

nitoda01.jpg

彼は鋭い眼力が素敵な
新進気鋭の新人弁護士です。

まっつんの下について、
チームまこつとは
全く別の動き方をしているので
正直、その能力は未知数ですが、
彼は間違いなく
これからの日本の法曹界を
精力的に牽引していく人材です。
それにとどまらず
全人類の最後の希望と言っても
決して言い過ぎではないですね。
(全く、うちの事務所の
「全人類の最後の希望」っぷりは
目を見張るものがあります。)

ただ、初見殺しとも言うべき
苗字の読みの難解さは
指摘しておかねばなりません。

nitoda02.jpg

まぁ「仁戸田」って
結構珍しい苗字だし、
読めなくても仕方ないと思うんだ。
そんなことで人の価値って
決まらないと思うしね。
たぶん、本人も
読めないんじゃないかな。

f.jpg

あと、ウラを取っていないので
確実ではないのですが、
どうやらF井君と仁戸田康平弁護士は
ローの同期
同じ釜の飯を喰っていた仲
だということです。

その割に、お互い
あんまり仲は良くなさそう。
みんな!同期とは仲良くね(^ー^)ノ

そういえば、F井君は
「色白サボテン」という愛称が
よほど嫌だったのか、
前回のブログを書いてからすぐに
髪の毛を切りました。

まぁ、見た目もぐっと
社会人ぽくなったし
すぐに行動を改めようとするところは
好感が持てますね。

仁戸田康平弁護士の
苗字の読み方が
どうにも気になって仕方ないって人は
うちのサイトで。

そういえば俺も今回、髪の毛を
ごっつ切ったんだけどね。
でも、切りすぎて
サルみたいになって
人に会いたくないから、
裁判所にも行きにくいんだ、実は。

kami01.jpg

なかなか人生って
うまくいかないもんですね。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

新兵の実戦投入

昨年末から当事務所に
新規登録弁護士二名が加わりました。

で、まっつんと私の下に
それぞれ1名がつくことになり、
年明けから本格的な指導が始まりました。

私の下についたのはF井君
あえて名前を伏せるまでも
ないんだけどね。
まあ「F井」だから、
「藤井」か「フランク永井」の
どっちかってとこですかね。
(これ以上は勘弁してください。)

encount.jpg

彼は笑顔が素敵な
新進気鋭の新人弁護士です。
(「新進気鋭」って言葉は
意味よく知らないけど、
こういうときにしか使えないから
惜しみなく使う。)

kunren.jpg

何本か起案をさせてみたのですが、
結構出来がよく、
また実務家として
気付かないといけない問題点の
抽出能力などにも長けており、
ちょっと驚きです。

特に
「こちらの言ってることが
ちゃんと理解できている感」

がうかがえるのは、
教える方としてはありがたい。

彼は間違いなく
これからの日本の法曹界を
精力的に牽引していく人材です。
それにとどまらず
全人類の最後の希望と言っても
決して言い過ぎではないですね。

そんな感じで、
第5期「チームまこつ」は
走り出したのでございます。

今までたくさんの後輩や修習生を
指導してきましたが、
今回の新兵はなかなかに
期待できる逸材です。

interview.jpg

ただ、私がつけた
「色白サボテン」
ってアダ名は
あんまし気に入ってないみたい。

combi.jpg

とりあえず、
戦力になることはわかったので、
徐々に実戦に投入していく予定。

F井君はホンマに恐ろしいお人やで!

なお、F井君の本名が知りたい場合は
当事務所のウェブサイトからw

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

オール決定主義

たまには弁護士みたいな話を。


「裁判」には判決決定、そして命令の3つがある、
ということは
全国で33,506人(平成25年12月1日現在)いる弁護士のうち
3万人くらいは当たり前のこととして知ってる話。

ここでいう「裁判」は
「裁判手続で行われる拘束力のある判定」程度の意味だけど、
判決、決定、命令ではそれぞれ
下す主体と口頭弁論手続の要否が
異なるというのは
これまた全弁護士のうち2万8000人くらいが
当たり前のこととして知ってる話。


ところで、保全事件で発令されるのは
用語上「保全命令」といわれますが(民保2Ⅰ)、
保全「命令」という割に、
実際の発令は徹頭徹尾「決定」の形でなされます。

この「保全命令なのに出されるのが『決定』!?」という点が
どうにも引っかかってモヤモヤしたまま
私の弁護士生活もとうとう11年目に突入してしまいました。

しかし、この点を気にする弁護士に
今まで出会ったことがありません。

hozennnokai.jpg


保全の手続では
いわゆる「オール決定主義」が取られているので、
実務の運用として決定、決定、決定となるのはわかる。

もっとも、
一般に「オール決定主義」の根拠とされる(ことの多い)
民事保全法3条では
「民事保全の手続に関する裁判は、口頭弁論を経ないですることができる。」
とされているだけ。

「口頭弁論を経ないでできる」というのは
口頭弁論が必要的でない決定、命令を
意識した表現だと思うのですが、
この条文の「できる。」という表現だけを見ると
保全事件の「裁判」については
判決、決定、命令のいずれでも可能なようにも読めます。

その中で、運用として決定手続によるのだ、
と裁判所がいうのであれば
それはそれでいい。これもわかる。

ただ、民事保全法の規定上は「保全命令」と言いながら
決定」が出されること、
「仮差押決定」、「仮処分決定」なのに
実際にはこれらを「保全命令」と呼ぶことに
どうしても違和感を感じずにはいられません。
「保全決定」ってあんまり言わないし、
申立書にも「債権仮差押決定申立書」とは書かないもんね。
(でも、「保全の決定」っていう言葉は普通に使うよね。)

そういえば、起訴命令も決定だもんね。

dinner.jpg

実は、新規登録のころから
この点はずーっと気になり続けていたのですが、
もしかしたら、自分だけがたまたま聴いてなかっただけで、
この決定と命令の矛盾については
研修所の講義でちゃんと教えられていたのかもしれない
とか思うと安易に人にも訊けません。
「あ、こいつバカだ」って思われるのって
自分にとってはあまりプラスにならないからね。

ただ、最近保全手続を基礎から勉強し直すことにしたところ
どうしても気になったので回りの弁護士や
書記官さんにも意見を求めてみました。
すると、
「あー…。まぁそうかもしれないですね。」とか
「法律ってそういう曖昧なとこ、ありますよね。」といった
非常に有意義な意見を聞かせてもらうことができました。

meirei.jpg

仮差押決定を「保全命令」と言ってる辺り、
「裁判としての『命令』」(狭義の「命令」)であれば
考えられないことなので、
たぶん、「保全命令」って
「狭義の『命令』」とは別の
そういう用語として
捉えた方がいいのかもしれないよね。
にわかに思い出したけど、「転付命令」も決定でされるしね。

そうなると、弁護士に関係してくる「狭義の『命令』」って
訴状の補正命令とか退廷命令くらいになっちゃうよね。


結局、どうでもいい話だよね。
どうせあなたもどうでもいいって思ってるんでしょう?


ただ、「オール決定主義」
「オール」の部分に
どうしようもない軽薄さを感じてしまうのは
さすがに私だけじゃないはず。
誰が決めたんだこれっていうね。
「オール」はないでしょう、日本の裁判所で。
「そこだけ英語?」感がすごいよね。

boaso.jpg

でもこれって
書研の本(「民事保全実務講義案」)にも
しっかり書いてあるからね。
「河本フォーミュラ」とか
「カフェー丸玉」とかと通じる恥ずかしさがあるよね。

やっぱり
「完全決定主義」とか
「徹頭徹尾決定主義」とか
「判決・命令撲滅主義」とか
ほかにもっと日本の裁判所らしい名付け方ってあるよね。

こればっかりは是非とも共感してほしいところ。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

年の瀬、そして新年到来!

みなさん、新年あけまして…
おっといけねえ。

年が明けましたが、みなさんは
この年末年始、どのような過ごし方を
されましたでしょうか?

私は今回は珍しいことに
仕事納めの翌日から元旦まで
実家に戻って
ゆっくり過ごすことができましたよ。
実家で飼っている結構大きな二匹の犬
終始唸り声で私を威嚇してきた以外は
まことに平穏な年越しでした。

あまちゃんの総集編を見ながら
自分の2013年を振り返ることも
忘れません。

soukatu.jpg

とりあえず、2014年は
虚勢や見栄を張るのはやめ、
無意味に背伸びすることなく
堅実かつ誠実に生きて行こうかな
なんて
思っていますよ。
毎年思うんだけどね。

このごろ格闘技番組が
生臭い事情でやらなくなったので、
ここ数年、大晦日は
もっぱら紅白歌合戦を見て
過ごしています。
受信料もちゃんと払ってることだし。

昔は家族で必ず見ていた番組ですが、
いつの間にやら出てくる歌手と
自分の好みが分かれてしまい、
歌以外の部分を楽しむようになりました。

kouhaku.jpg


そういえば、今年私は喪中なので
年賀状は仕事関係のもの以外は
出さずに済んだのですが、
年明けの初詣に
行けないのではないかという
一つの疑念が浮かびました。

hatsuyume.jpg

ちょっと調べてみたところ、
古来、日本人は(というか神社神道では)
弔事をケガレとして忌み嫌うため
初詣はダメなんだってね。

「そんなの気にしなくていいじゃん」
という神をも畏れぬ方も
おられるかもしれませんが、
こういう決まり事を捨象していくと
イベント感自体の純粋さが
失われてしまうので
こればっかりは無視できません。

gantan.jpg

まあ、そんなにたいそうなもんでも
ないと思うんだけど、
出かけると寒いからね。

ただ、初詣はできないにしても
おみくじを引けないというのは
困りものですね。
昼の買い出しのために鳥居を出てきた
巫女さんに頼んで売ってもらおうとも
思ったのですが、見当たりませんでした。

omikuji.jpg

ま、どうでもいいや。
寒いしめんどくさいし。

それではみなさん、
今年も一年よろしくお願いいたしますm(_ _)m

uma.jpg

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR