刺激惹起性多能性獲得弁護士会

4月も下旬に突入してしまい、
もうすぐ連休というこのタイミングで
書いておかねばならないことを。

この4月より、
わが兵庫県弁護士会は
武本夕香子新会長を迎えることとなりました。

kaichou.png

武本先生は、法曹人口問題で有名ですが
それだけにとどまらず、
司法制度改革全般について
熱意をもって提言を繰り返されている
意志と努力の人です。

というとまじめで堅物な印象がありますが、
そんなことはなくて、
聡明でチャーミングかつ
若手にも親しみやすい先生です。
(このふざけたブログで取り上げて問題ないくらい
親しみやすいかどうかはまだ確認が取れていません。)


そもそもの改革の理念はともかくとして、
この頃の我が業界の状況、
特にOJTの機会が十分に得られないことによる不具合や
経営難から来ると思われる「考えられない不祥事」などを見ると、
「自分さえ良ければオッケー」という思いが人一倍強い私ですら、
本当にこれでいいのだろうかという疑念が浮かんできます。

弁護士業界に対する
社会的な信頼の揺らぎや不信の高まりは
既に目に見えるレベルにまで来ていますが、
そのような外部の刺激だけで自浄作用を働かせられるほど
今の弁護士業界が置かれている状況は甘くはないようです。

okami.png

そこで、
やはり弁護士業界の「内」から
変えていく大きな力が必要になるのではないかと思われ、
武本新会長はその原動力になっていただける
ナイスな人材ではないかと考えたりもします。

ips01.png


また、今年は兵庫県弁護士会でも、
京都弁護士会でも、
私の同期(56期)の弁護士が副会長に就任されています。
(他の単位会ではもう少し若い期まで来ているのかもしれませんが…)

我々の世代も今後の法曹界を担っていく
立場になってきているのかなぁと実感し、
少しだけ感慨深いモノがあります。


やっぱり、まだまだ若手と思ってる
中堅弁護士(56期)としては、
法曹人口問題やそれに対する国の方針が
今後どのような変化を見せていくのかは
非常に気になるところです。

stap.png



「変われない」と変に斜に構えてあきらめることより
多少青臭くても「変われる」と信じることの方が
今は重要なんじゃないのかな。



hato.png

俺はとりあえず、
マンションに攻めてくる大量のハトとの力関係を
変えられるように日々頑張ってるよ。

peace.png

それでは。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

【告知】事務所のCM放映開始について

さいきん、いろいろな人から
「事務所のCM見たよ!」
声をかけてもらうことが多くなりました。

実は、事務所の周知性を上げるため、
関西のローカル局で、
コマーシャルフィルムの放映を開始致しました。
阪神タイガースの試合の合間にも
流れたりするので、
それで目にされた方も多いようです。

このCMは確か15秒のスポット契約で、
師匠であるうちの代表が出演しており、
この業界のCMにありがちな生臭さのない
結構いい感じのものに
仕上がったのではないかという声も。

cm.png




時間にして15秒のCMでも
デザイナーさんから数種類の絵コンテの提供を受け、
打ち合わせと検討を行って
ようやく撮影、編集と進むというプロセスが必要になります。
今回、私もその過程を垣間見ることができ、
これが結構面白いなと思った次第です。


かくいう私も
大学でマス・コミュニケーション概論と
「メディア情報と消費動向の影響調査」を専攻していたこともあり、
この辺りの仕事には以前から興味があったので、
例えば全国的に展開することとなった場合
自分だったらどんなCMを作るだろうかと
くそ忙しい起案の合間に愚考してみた次第です。



全国にアピールする上では
やっぱり誰もが知っている有名人を起用するのが
手っ取り早いよね!

のっけから素人丸出しの意見だけど仕方ないよね。
素人なんだから。

bigman.png






その人材とは…。









bakuha.png



で、次に内容なんだけれども、
どこまでも素人的に考えたところ、
やはり法律事務所のCMでは
安心感を与えるものであること
それなりの高級感を感じさせること
幅広い年齢層にアピールできること
・それでいて、おトク感もあること
が重要なファクターだと思うのね。

あくまでも、俺がそう思うってレベルの話ね。
(テレビで野球見ながら、
適当に考えた内容だからリラックスして読んでね。)



まずは安心感。

これまでの11年の実務経験を思い返して
慎重に考えてみたところ、
弁護士に相談される方の少なくとも半数以上が
何かしらの問題を抱えているという印象でした。
(これは、私だけでなく他の多くの弁護士が
指摘するところです。)

そんな人に安心感を与えられるCM、コレですね。

ansinkan.png

あんまり無責任なことは言えないけどね。



また、「プロは結果が全て」とは言っても
実際にはそこだけで判断されるって訳にはいかないのが
この仕事のつらいところ。

特に、昨今の業況不振から来る
弁護士の不祥事の数々を見るにつけ、
それなりに安定した経営基盤と
資金力があるって感じさせることも
安心感を補足する要素として重要なのかなと。
これは状況としては悲しいことだけれどもね。

katana01.png

なお、ここで重要なのは
あくまでも「高級『感』」であって、
「高級であること」とは違うわけね。

「安っぽくはないけど、コストは安い」っていう
一件相反する二つの要求が両立するってのが、
一般消費者のもつ普遍的な消費動向だからね。


また、法律問題というものは
老若男女問わず生じうるものなので、
法律事務所のCMっていうのは、
例えば車や化粧品のCMのように
ターゲットとなる年齢層がある程度明確な場合と
違った難しさがありますよね。

他方で、CMの中で
処理する事件の種類を特定・限定して
ある程度ターゲットを絞ってしまうっていうのも
当然考えられるんだけど
(よくあった過払い系のCMって全部これよね)、
これをやり過ぎると途端に生臭くなるので注意が必要。

だから、
CMを作る場合は幅広い年齢層に
アピールできる内容の方がいいと思うんだ。

generation.png

面白いCMだと、
学校で子供同士で話題になったりするかもしれないしね。
だからどうなるってもんでもないんだけど。


で、最後に重要なのは、
「おトク感を感じさせるものであること」。

これは上で書いた
「一般消費者の消費動向」にも
少し関連することなんだけど、
ほんの少しのおトク感が
消費者の選択に及ぼす影響は
ときにコストの安さ以上に
大きいことが指摘されています(俺に)。

ただ、あんまり過大なサービスになると
弁護士倫理に反するから、
そこそこ粗末なものの方がいいのかな。

lego.png

というわけでちょっと内容が
盛りだくさんになっちゃったけど、
5分くらいの尺があれば収まるんじゃないかな。


あと、最後まで読んでくれた方なら、
上に書いた大学での専攻ってのが
全くの嘘っぱちっていうのは
わかってもらえたと思うけど、
CMで大切なのはハートだと思うんだよね。

なんか、段々といろいろなものが見えてきた。
見えてきたよ~。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR