スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たたかうということ

わたしが考える
「弁護士という仕事の特殊性」の一つに
仕事上、「敵とたたかう」ことが
当然に予定されているという点があります。

少なくとも日本に限っていえば、
誰かを敵であると明確に認識して
争うような仕事って少ないと思うんですよね。

もちろん、取引先や交渉の相手方など
そもそも対立関係にない人とも関わることはありますし、
逆に予防法務のように紛争の芽を摘む仕事も重要だとは思います。

しかし、
「争訟」や「攻撃防御方法」という語にも如実に表れているように、
やはり弁護士は闘うことを予定され、
また期待されていると思うのです。
(実際はそうじゃないかもしれないけど、
そっちの方に話を持って行きたい。)

そのため、弁護士としては
一定以上の闘争心を備えていることが絶対に必要であり、
これが無い人はやっぱり一人前とはいえないのですよ。

例えば、自分は徹底的に争って欲しいと思っているのに、
依頼した弁護士がそのような処理に消極的で
不本意な和解や示談による解決を勧めてきたとしたら
依頼者の方はどう思うでしょうか?

markon.png

きっと、その依頼者は、
「この弁護士は裁判や尋問をしたくないために、
ヤヤコシイ相手方との交渉を続けたくないために、
事件をなあなあで終わらせようとしているのだ」
と思うでしょう。
これじゃあ信頼関係を築くどころじゃないよね?

やはり、弁護士は
アグレッシブに、前のめりに、
かつ貪欲に闘うこと

が基本なのではないでしょうか。

viking.png

もちろん、
紛争状態にある当事者の代理人として事件に関与し、
和解や示談といった穏当な解決を目指すというのも
弁護士の重要な役割の一つだと思います。

でも、感情の対立や行き違いが激しい事件であればあるほど、
和解的な解決は「一度徹底的に殴り合ったあと」でなければまとまりにくいよね。

kenka.png

やっぱり、闘うことを避けてたら
いい仕事はできないと思うのですよ。
あと、保全取下を和解や示談に先行してやるのは
愚の骨頂なので注意。
(よい子の弁護士は誰でも知ってるよね!)


また、和解や示談の場面でも
結局はいかに自分の側に有利で
リスクの少ない条件を設定するかっていう
せめぎ合いをしてるわけだから、
当然これもアグレッシブに臨むのが正解。

saiyajin.png


胸元にひまわりのバッジをつける以上、
闘う姿勢は忘れたくないものですね。


ただ、勘違いしてはいけないのは、
この闘争心の向け方。




ogimako.png

「闘う姿勢」が感情的な文面や
法廷での不遜な振る舞いに現れてしまうのは
やはり間違いです。
あなたの弁護士としての評価を下げることになり、
他方、メリットはほとんどありません。


「書面は紳士的に、
戦法は攻撃的に」

というのが修習時代からの私のモットーです。
(さっき考えました。)


ところで、
東京三会や大阪といった
大規模会ではそうでもないのかもしれませんが、
兵庫くらいの規模の単位会になると、
事件の相手方代理人がよく知っている
親しい先生だということは非常によくあります。

同じ会派の先生、
別の事件で弁護団を組んでいる先生、
修習でお世話になった先生、
お金を貸してくれている先生、
過去に付き合っていた先生、
過去に婚姻関係にあった先生など
そのパターンはまさに無限大。
(みんなも考えてみよう!)

誰しも、親交のある先生とは心情的に争いにくいものですが、
ここでどのように振る舞うかという点でも
弁護士としての姿勢や格の違いが現れるように思います。

そして、
依頼者からお金をもらって仕事している身としては、
相手が誰であれ、死力を尽くして闘う必要が
あると思うんですよね。
ただ、事件を離れた部分では
きちんと切り替えて接することも、
良い人間関係を醸成する上では重要。

相手方になっている弁護士同士でも、
事件を離れた会合(弁護士会や会派の集まりなど)では
その事件の話題を意識的に避けるというのが
一つの礼儀になっているように思います。
場も白けちゃうし、せっかくの酒も不味くなるからね。

また、これまでの拙い経験を元にした
私個人の感覚なのですが、
事件の上では努めてドライに接した方が、
事件でもプライベートでも上手く行くという印象があります。

raru.png

他方で、絶対にやっちゃいけないのは
弁護士としての立場を忘れて
相手方との距離を保たず、
馴れ合いの関係を作ろうとしてしまうこと。

この点は、比較的経験の浅い
若手の先生に多いように思うのですが、
相手方が「敵」であるという意識を欠くと
事件処理の上では非常に危険です。

だから、親しい先生とはいっても
一定程度距離を置くことは絶対に必要だよね。

kisyokuwaru.png

そんなわけで、
「闘う弁護士」を目指すというのは非常に重要だと思います。

みなさん、是非、来週からでも実践してくださいな。

kouwa.png

とはいっても、
「闘う弁護士」であり続けるというのは
口で言うほど簡単ではありません。

特に、事実関係や証拠が限られているなど、
自分側に不利な事件で闘い続けるには、
並外れた意志と努力が要求されます。

そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

まぁ、あんまり深く考えずに頑張ったらいいんじゃないかな。多分。

iai.png

やっと週末やぜ…。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

アナタに届け、ボクの上告理由

休み明けに事務所に出ましたら、
ある有名な弁護士先生のお名前で
私宛にある書類が届いていたのでございます。
郵送で。

よく読んでみると、
どうやらそれはいわゆる「一票の格差」訴訟弁護団の
先生のお一人から私宛にお送り頂いた
「上告理由書の抜粋」というものだったのですね。

shinbun.png

送達場所の上申をしていないどころか
事件に全く関与していないのに
いきなり上告理由書が送られてくるというのは
正直あまりない経験です。
とりあえずタダでもらえてトクしたって
喜んでいいんだよね?

私に送られてきたということから見て
おそらく、日本の司法制度と民主政治を牽引する役割を担える
ごく限られた優秀な弁護士や
それに類する法曹関係者にだけ送られていることは間違いありません。
(うちの所属弁護士は全員
「ごく限られた優秀な弁護士」と認めて頂けたようです。)

書面の所々に超弩級巨大フォントでの強調(「無効」「大発見」など)があったり、
色分け、傍線&傍点や数種類のカッコが多用されてたりという
ひときわ変わった体裁だったので、
驚いた弁護士の方も多かったようです。
しかし、余り知られてないことですが、
これこそが上告事件での最高裁指定の書式なんですよね。
(わからないけど、たぶんそんな気がします。)

超弩級巨大フォントを使うことにより、
その単語だけが頭にすり込まれ、
その間の文章や全体の文意はほとんど記憶に残らない
という
本当によく考えられた文章だと思いました。


ところが、気になったのがその送付のコスト


私クラスの「ごく限られた優秀な弁護士」はさほど多くありません。
(全国で2万8000人くらい?)
でもその数分だけこれだけきれいに印刷した書面を
送付書を付けて送りつけるというのは
膨大な手間と費用がかかるのではないでしょうか。
(よく見たらそこそこいい紙使ってたので、
ウラ紙にしようとしたら、残念、両面印刷でした。)
一説によると、裁判官にも送られているとか。
太っ腹!

しかも、送付書には送付先の弁護士個人名(差し込み印刷?)と
送付して頂いた先生の職印での押印つき。
この送付作業だけでアジアに工場を一つ作ってもいいくらい。
といったら言い過ぎか。
(ほら僕ってば昔からちょっと大げさなとこあるじゃない?)


結局、上告理由書(抜粋)を送って頂いた趣旨は
よくわからなかったのですが、
豊富な資金力を持った弁護士が
花の都大東京にいるらしいということはよくわかりました。

ウラ紙確保にまず頭が行った
自分が恥ずかしい。


maconarefu.png



ともあれ、「一票の格差」問題ですよ。

これはこれで国民の利害に直接関わる
重要な問題ですよね。
憲法何条?
そう、14条でした。

これは選挙権、被選挙権両方にとって重要ですね。
選挙に出る人がいなくなると
それはそれで困るからね。


hanajinbo.png


選挙区ごとの選挙民と定数配分が均衡を失していると
一票の価値に差が出てしまい、
これが2倍以上になると
「実質、複数投票制を認めたのと同じ」になるから
「1:2未満の格差のみが憲法上許容されると解すべき」
って書かないといけないよって
受験時代にナントカ塾の教材で習った記憶があるよ。

そういえば、
伊藤真弁護士も「一票の格差」弁護団の一人なんだよね。
まぁ、この法曹界で輝ける「真」は
俺一人でも別にいいんだけどね。

受験時代は(教材使ってたクセに)「アンチイトマコ」を気取ってて、
そのくせ浦安の口述会場で生イトマコに出会ったときには
駆け寄って握手したのは本当にいい思い出。



そういえば、「一票の格差」弁護団には
他にも超ビッグネームの先生が参加されていたような…。

kakusa.png



どうにも思い出せません。

でも、選挙民一人一票という大原則からいっても
やはり1:2を超える投票価値の格差は
認めるべきではないのでしょうね。


hyou.png

うまくまとまった?
イマイチ?

それでは。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

ジブリっこ世にはばかる

起案をしていると、
ちょっとした言葉の使い方や言い回しを
どうするかで悩むことがあるのですが、
そういうとき、映画のセリフがとても参考になります。

ジブリの映画、特に宮崎駿監督作品では
印象的なセリフが多く、
これは仕事をする上でも非常に役立ちますね。

例えば、「もののけ姫」で
モロの発する「黙れ小僧!」というセリフは
弁護士に限らず、社会生活を営む中で
よく口にする言葉ですよね。

そんなわけで、今回はジブリ映画と
心に残った名言についてのお話ですよ。

majyo.png

最初に宮崎駿監督の作品に触れたのは
小学校の体育館で観た
「風の谷のナウシカ」でした。

「火の七日間」や「腐海」、
国同士の対立の関係など、
「ナウシカ」の設定や用語は少し難しくて、
小学生が映像で見るだけでは
なかなか理解しにくい部分があります。

ところがもっと深い部分、
例えば、色の関係で
ナウシカがパンツ履いてないように見えるだとか、
そういうところで小学生の我々は
盛り上がったものです。

特に当時クラスの中心だったナガノくんが
この問題に異常な反応を見せており、
自分のことは棚に上げ、子供心に
「ああこいつサイテーだな」と
思った記憶があります。

その「風の谷のナウシカ」から
心に残ったセリフを幾つか。

san.png




ashitaka.png

こういうと何だけど、
観たのが結構前なのと、
登場人物や話の進み方が似かよってたりするのとで、
キャラとかセリフが少しごっちゃに
なってるかもしれません。

「王蟲の怒りは大地の怒り」
もしかしたらこれは
ババ様のセリフだったかも。


あと、ガンシップが戻って来ず、
谷の住民のいる宇宙船の残骸に
攻勢をかけようとするときの
クロトワとクシャナ殿下の
このやりとりもお気に入りです。

sc.png

そして、谷の子供がババ様にこう聞きます。

ponyo02.png

それに対しババ様はこう答えるのです。
「定め(さだめ)ならねぇ」

結局、今だにナウシカのストーリーは
ちゃんと理解できていないのですが、
要するに、巨神兵が腐ってなければ
全てが丸く収まったのかな?

ちなみに原作の漫画では
もっと話が長かったはず。



それと、宮崎駿作品でどうしても
避けて通れないのが
「天空の城ラピュタ」ですね。
この映画はまさに名言の宝庫です。

まず、軍に捕えられたシータに
ムスカ大佐が掛ける
「流行りの服は嫌いですか?」
日常でも使い所の多いセリフですね。

yupa.png

それから、特に心に残る場面といえば、
物語冒頭の、シータが空から降ってくるシーンですね。

確か、畑仕事をしてる人のところに
空からすごい勢いで落ちてきたんだっけ。

raputa01.png

間違ってたらすいません。


それと、ムスカ大佐の
このセリフは大好きで、
私もよく使いますね。

ponyo.png

この母子がどの作品のどのシーンに出て来たか、
わかる人はなかなかのジブリファン。


そして、
物語終盤のムスカ大佐の尊大なセリフは
どれも珠玉の名言ばかりです。


pazu.png




そして、ムスカ大佐とシータの会話。


nausika.png


ジブリ映画のBlu-rayはどれもこれも
正気かと疑いたくなるほどに値が高いのですが、
仕事に役立つ以上、
これは経費として捉えなければならなさそうですね。

totoro.png

はい、おしまい。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。