スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消しゴムを正しく使う

今日あった実話に基づいています。
”Based on a true story.")

仕事をする上で
証拠評価や処理方針の決定、
起案なども大切ですが、
やはり事務用品を正しく使う
ということは徹底したいところですね。

その中でも特に重要なのが
消しゴムを正しく使う
という点であるところは
ほぼ異論の無いところかと思われます。

erase.png

ところが、この
消しゴムを正しく使う
ということが
意外と守られていないことに
危機感を感じておるまこつ先生であります。
これを機に皆さんも
自分の使い方を見直してみて下さい。


まず、間違った使い方

プラスチック消しゴムは
塗装した物質やほかのプラスチックと
長時間触れることによって
表面が溶けてくっついてしまうことがありますが
(なんか男と女みたいですね。)
これを防ぐために、
大抵、「スリーブ」と呼ばれる紙のケースに
入って売られています。

(「この紙のカバー、
『スリーブ』って名前があるんだ」っていう
新鮮な驚きを感じてもらえましたか?)

ところが、これを付けたまま不用意に使うと、
スリーブが紙と擦れて
シャカシャカシャカという
もの凄く不快で苛立つ最低な音がしてよくありません。

nogood.png

私はこの
「消しゴムを使ったときに
スリーブが紙面に擦れてする
シャカシャカという音」、
そして、擦れなくてよいスリーブと紙面とが
擦れているという事実そのものが
本当に嫌いで嫌いでしようがありません。



では、どうすればいいか?

正解は
キチンと消しゴム本体を
スリーブから引き出した上で使う。


これで、嫌な音はしないわ、
字は消えるわで
いいことづくめだってことは
誰だってわかるよね?


good.png


手元の消しゴムにも
「使ったあとはこのスリーブにいれてください。」
と書いたあるやろ?
これはつまり
「使うときはスリーブから出せ」いうことやろ?

違う?

僕、なにか間違ったこと言うてる?




っていう話をね、
担当の事務の方にしたわけですよ。
熱っぽく。


shiji01.png


やっぱり、
仕事はより良いものに
していこうっていう意識が
大切だもんね。

担当事務さん、
気心も知れてるし優秀だから
さっそく僕の言わんとするところを
理解してくれました。

誠意を持って話せば
心って通じるもんだよね。


















syakasyaka.png


みなさんも
弁護士と事務局の良好な関係を
築いて下さいね!


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

モスキート狂想曲

9月に入りましたが、まだまだ暑い日が続きますね。

当初、東京の代々木公園周辺で
感染例の報告が相次いだデング熱ですが、
全国的に急速な広がりを見せており
昨日(9月8日)の時点で
感染確認は15の都道府県に上っているとか。

重症化例は割合的にさほど多くないようですが、
高熱や頭痛、関節痛、発疹等が主症状となり
場合によって死亡に至るケースもあること、
有効なワクチンが存在せず対症療法中心となることから
やはり注意が必要です。

ただ、人から人への感染例は報告されていないので
具体的な対策としてはウイルスを媒介する
ヤブ蚊に刺されないことが最も重要。

しかし、この蚊が意外と厄介です。

ka.png

蚊による被害を防ぐためには
除虫菊やフマキラー、アースノーマットといった
殺虫剤を使うのが一般的ですが、
特に子供のいる家庭ではピレスロイド系薬剤の
影響も気になるところです。

そこで提案したいのが天然成分・ハッカ油の活用です。

蚊に限らず虫はハッカの匂いを嫌うため、
ハッカ油を入れた風呂に入れば
蚊が寄ってこなくなるんじゃないかという
素朴かつ感覚的な発想です。

それに、ハッカ油を入れたお風呂
(ハッカ油湯【はっかあぶらゆ】)に入ると
涼しく感じて
このしつこい残暑も乗り切れそうだしね。

このやや無理っぽい展開のウラには、
amazonで衝動買いしたハッカ油を
なんとか使ってしまいたいという
思惑がありました。

そんなわけで、普通は数滴でいいところ
気前よくビンの半分くらい風呂に投入。

oil.png

なんか風呂の湯が
餃子のタレにラー油入れすぎたときみたいに
油が浮いた感じになってて
ある意味幻想的でしたよ。

そして、湯に浸かること5分。

湯温は結構高め(42℃)に設定してたんだけど、
しばらく入ってると下腹部~腰の後ろ辺りのお湯が
次第に凍っていくような不思議な感覚が起こり、
これが徐々に全身に広がっていきました。


koori.png


ハーブの匂いも心地よく
ほどよく全身がヒンヤリしてきました。
途中から、頭のどこかで「そろそろヤバいんじゃないか。」
「早く上がった方がいいんじゃないか。」っていう声が
聞こえだしたような気がするんだけど、
それでもなぜか湯から出られない。
ハッカ油湯にはそんな不思議な誘因力があります。

とはいえ、所詮入浴剤に毛が生えた程度(という認識だった。この時点では。)。

思ったほどガツンとした効果がなさそうなので
そろそろ出ようかなと思いはじめた私でした。


furo01.png


「これは家族は入れられないから
風呂の湯を溜め直さないといけないな」と
若干セコいことを考えていたときでした。


kaonaderu.png





sakebi.png





gangan.png





yuka.png


風呂から上がったらエアコンが動きっぱなしで
家庭のみならず部屋自体もガンガンに冷え切っておりました。

しかしエアコンのリモコンが見つからない。
探すだけの余裕もない。
ただただ、襲い来る圧倒的な冷却感から
我が身と自我を守るだけで精一杯でありました。

みなさんもご存じのように、
ハッカ油湯で肌が涼しく感じるのは、
ハッカ油に含まれるメントールが
皮膚近くの感覚神経にある冷受容体活性化チャネル
(”TRPM8”(トリップエムエイト))を刺激するから
なんですよね。

つまり、おかしなもので
いわば脳が騙されて体感温度だけが下がっているわけで、
実際には室温も体温も全然下がってないんだよね。
家族の目線が冷たかったのも気のせい。
いや、室温は下がってるよね。
バカみたいにエアコン掛けてたから。


last.png


残り半分のハッカ油は
大切に戸棚の奥にしまってあるよ。

いずれにせよ、今回の悲惨な事件も
広い意味でデング熱渦の二次被害であることは間違いありません。





思い返してみると、
投入するハッカ油の量が
多すぎたのが原因かもしれません。
ただ、当時は蚊の脅威に対抗し、かつ、
燃えないゴミの日に間に合わせるために
避けられなかった判断だったわけで、
そういう意味ではこれも不幸な事故の一つといえそうです。


hellinthelife.png


なお、私、アフィリエイトはやってないので、
この記事をみてamazonでハッカ油買われた方は
代金の3%相当を現金書留で
うちの事務所宛に送ってくれると助かります。

ただ、ハッカ油湯は一つ間違えば大きな被害に繋がりかねず、
あまりにもリスクが大きすぎるので
デング熱対策としてはあまりお勧めできません。

amazonで考えなしに3本も注文してしまい
家族に知られる前になんとか処理したいという方は、
ハッカ油湯などという暴挙ではなく、
適量を希釈してハッカ油スプレーを作った方が
いいかもしれませんね。

最後に、デング熱に効かないおまじないをひとつ。


ude.png


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。