スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっきょく

こんばんわ。
500円貯金と同じくらい
会務を頑張っている
弁護士中村真です。


昨日、私が所属する
交通事故事件問題
プロジェクトチーム(PT)企画の
研修会があったんですよ。
弁護士会で。

で、PTは座長1名の下に
副座長が3人おりまして、
私もその末席に名を連ねております。
(PT役員四天王では最弱だけど、
要するに仕事してるアピールね)


裁判所の交通集中部とPTで行う
合同研修会は今回で2回目。


前回(第1回)は
交通事故事件における
一般的・基礎的な立証活動について
裁判官に講義をしてもらいました。


たしか、
死亡事案では
死ぬ前に「残念残念」って言っておかないと
遺族が慰謝料請求できなくなるとか
そんな話だったかな?




02zannen.png




この辺は大昔に最高裁判決で
クリアされたんだったっけ?
すいません、ちょっと前のことなので…。





で、今回のテーマは
「後遺障害に関する損害賠償」
でした。

一口に後遺障害といっても
いろいろな種類・内容があるわけで、
立証・認定上もいろいろな問題があります。


当職はもうかれこれ13年ほど
交通事故事件を扱っていますが、
まだまだわからないことはたくさんあり
今回の研修は非常に役に立ちました。






01syougai.png






後遺障害は
とにかく論点が多いので、
今回の研修会では、
①自賠と判決での等級認定の相違
②減収がない場合の逸失利益
③資料が不十分な場合の基礎収入認定
という三つのテーマに絞られました。


そして、実際の進め方は
3名の裁判官に基調報告を頂いたあと、
当会の主砲クラスの
手練れ弁護士2名

原告側、被告側に分かれて裁判官とともに
パネルディスカッションを行うというものでした。



近時、実際の業務に直結する勉強会や
単位認定の対象になる研修は
人が集まりやすいのですが、
その中でも裁判官を招いて行う回は
いっそう参加者も多くなるんですよ。



そんなわけで今回も、
判決の偽造などしたことないし
する予定もないという弁護士が
本庁、阪神支部、姫路支部併せて155名も
参加するという盛況ぶりでした。

これは、中規模の当会では
驚異的な参加数です。
実に県総人口の0.0028%もの人
受講した計算となります。




でね?

その充実っぷりったら
なかったから
研修会の内容を
いちいち全部書いてると
年が明けそうなので端折りますが、
当職が一番心に刺さったところが
何かって考えると骨棘なのよ。


ほら、骨棘

わかるでしょう?
こっきょく
もしくは、こつきょく。

「ほねのとげ」と書いて
骨棘。


12級か14級か非該当かが
争いになる神経症状の事例で、
事故後症状はあるんだけど、
MRI確認したところ、
神経の圧排ってそれよく見たら
あらやだ骨棘じゃない?これ、っていう。





07sekitsui.png




骨棘は固くて尖っているので、
丸っこくて柔らかい
肉球の対極にあるわけです。


固くて尖っているのと、
丸っこくて柔らかいの…。







話を戻します。

骨棘は
加齢現象であることが多く、
そうでなくても
形成には相応の期間が必要になる
っていう理解が一般的です。


そうなると原告の訴える症状も
事故前から続いていたものか、
元からあったものが
事故によって増悪したに過ぎないっていって
因果関係争ったり
素因減額の主張したり
するわけじゃないですか。



そらそうよね、
椎体の膨隆なんかは
しらんけど

追突時のウィップラッシュで
いきなり椎骨の辺縁部が
ピュッと尖ったりとか
いかにもしなさそうだし。




とはいいつつも、
パネル中、PCの前で
スライド操作しながらぼんやり考えてたのは
「本当に事故の外傷で
骨棘って形成されないものなの?」

っていうことなんですよ。





しないの?












04sasaru02.png




冷静に考えたら、
槍っぽいものが頚椎貫いてたら
既に12級とか14級とかの
話じゃないよね















03kokkyoku.png










結局、よくわかんない部分もあるけど、
とりあえず、骨棘にハマった
私やあなたのために

PTのマスコットキャラクターを
考案したのでご紹介しますね。











05kokkyokuguma.png






「俄に信用しがたい」は
「ニワカニシンヨウシガタイ‼︎」って
ウラ声で話します。






楽しんでいただけましたでしょうか?
そうでもない?


いまちょっといろいろと
いそがしいから
今回はこの辺で。


今年もできるだけ
役立たない感じで
まとめていこうと
思ってるよ。

ではでは('ω')ノ









06emingo.png









にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

赤と青

こんばんは。

親譲りの無鉄砲で
子どもの頃から損ばかりしている
弁護士中村真です。

もう暦は三月ですが
今年に入ってから初めての更新です。



あけまして
おめでとうございます。





ところで、かなり以前の話になりますが、
このブログでも少し触れた
当職が編集委員の末席に加えて頂いていた
「実際の処理実例を集めた管財本」企画、
覚えてる方はおられますでしょうか。




atamakakukai.png



実は、その本、
『破産管財PRACTICE』
ついに、満を持して、
民事法研究会から発売されました!\(^o^)/

1月21日に

それではご覧頂きましょう。



テッテレー!






b&p

※右が今回発刊された『破産管財PRACTICE』です。




この企画は、
もともと平成26年2月に同社から発刊された
『破産管財BASIC』(上写真左)の続きの企画です。

『~BASIC』はその名の通り、
若手~中堅の管財人に基礎的・体系的な
管財知識を習得してもらうことを
主眼としていました。

そして、今回の『~PRACTICE』
さらに一歩踏み込み、
40人を超える管財経験豊富な執筆陣から
実際の処理事例の提供を受け、
その中から、業種別、手続段階別に
よく見られる問題点を取り上げて、
具体的な処理結果と共に
紹介する形式となっています。

まさに実践的(practical)
内容になっております。
(上手くまとまったワイ)


さて、見て頂いて分かるように、
最初に出た『~BASIC』
赤い彗星カラー
今回出た『~PRACTICE』
青い巨星カラー
となっております。


これは全くたまたまですが、
出来すぎといえば出来すぎな感じ。


とりあえず、『~BASIC』
『~PRACTICE』のイメージを
あくまで個人的な見地から説明すると
以下の様な感じでしょうか。


char.png






raru_20170315170536867.png




私自身は
『~PRACTICE』からの参加組ですが、
今回の本の企画で
100を超える事例に接することができ、
色々な管財人経験者の問題意識や着眼点に
触れられたのは、
誠に有意義な経験でした。


「そうか、赤い方は基礎的な内容で、
青い方は中級者以上の人向けなのか」

これはチョット違います。


『~BASIC』はチェックリストやQ&A方式など
管財経験が少ない人向けに
使いやすい配慮はなされていますが、
その内容は初歩からかなり高度なところまで
カバー出来ているので、
対象が初心者に限られるわけではありません。

また、『~PRACTICE』
事業者破産での各業種特有の問題のほか、
自然人についても、契約関係の処理や換価、
放棄の際に持つべき視点・価値判断、
免責意見を述べる際の注意点など
それぞれの手続毎に問題となる
トピックが多く扱われています。
そのため、初心者の方にとっても
実際の事件処理に当たる上で
効率よく経験値を得られる配慮がなされています。


だから、両方買ったら
いいと思うの。




tikuru.png
















ところで、最近、
『~BASIC』『~PRACTICE』以外にも
赤い本と青い本を手に入れましたよ。


それがこれ。


futei.png



弁護士会館ブックセンター出版部LABO
から刊行された
『判例による不貞慰謝料請求の実務』(2015年6月刊)、
そして『判例による不貞慰謝料請求の実務 主張・立証編』(2017年3月刊)
です。





これも、先に2015年に出ていた
青い方(写真左)の続きの企画として
「主張・立証編」(写真右)が出された形です。


青い方
不貞慰謝料請求における理論的な問題点、
つまりなぜ不貞で賠償が
問題となるのかというところから始まり、
賠償請求事案での攻撃防御の様相(Kg⇒E⇒R…)、
裁判例にみられる賠償額や考慮要素の紹介など
非常に充実した内容で、重宝しました。

そして、今回出た「主張・立証編」では
文字通り、裁判実務において
どのように主張・立証を行うべきかという
これもより実践的(practilal)な
内容となっています。

2冊に共通するコンセプトとして
「不貞慰謝料請求訴訟に関する
裁判実務の参考に供するために、
過去の実際の裁判例を
可能な限り豊富に紹介する」

というものがあります(「主張・立証編」はしがき)。

「判例による」の名に恥じず
どちらも多くの判例・裁判例が紹介され、
事案の内容や射程に関して
鋭い分析が加えられています。









立証が主要なテーマの一つに
据えられているだけあって、
本文中で紹介されているメールやSNSの文面
(判旨に出てたんでしょうね。)は
かなりグッとくるものがあります。

扱う内容が内容なので、
中2男子を引きずったままの私なんかには
別の意味で役に立つ記載が多いのですが、
これもをぜひ揃えたい本ですね。

実際、かなり売れているみたい。




mail01.png

















matemate.png






最後に赤青本の真打ち登場です。



manual.png

岡口本といえば
要件事実マニュアルが有名ですが
個人的にはこちらの
『民事訴訟マニュアル』の方が
より弁護士業務に
密着した内容になっていると
感じています。


「書式のポイントと実務」
が謳われていますが、
条文に基づく手続、
場面ごとの知識や注意点だけでなく
実務で取られている運用、動向が
裁判例等を引用する形で
挿入的に紹介されているので
コンメンタールとは違って
手続を立体的に把握したり、
自分のとる手続の行く末を読んだり
するのにかなり役立っています。










そして、この書籍も
上巻が、下巻が

なにか陰謀的なもの
感じはしますまいか?



陰謀といえば、
最近私はまた少し太りました。

毎食、「これがこの世で最後の
食事かもしれない」と思って
前向きに食べていた成果です。

それではまた。





にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。