FC2ブログ

弁護士+中小企業診断士【後編】

前回に続いて、
診断士試験がテーマの後編。


arasuji.png


始めてしまった試験勉強と貧乏は
やめようと思っても
そうそう
やめられないものです。
(あと、不倫と横領)

で、経営理論と
情報システムの
科目合格が利用できたので、
翌年(H29)は、一次は
経済、運営、中小の3科目のみ。


負担はかなり小さくなったので、
無事、合格することができました。




3 二次・筆記試験対策

★二次試験の概要

二次試験は筆記と口述がありますが、
口述試験は筆記試験の合格者のみが受けられます。


筆記試験自体の合格率は
受験者(その年と前年の一次試験合格者)のうち
2割ほど。
ここ数年は4,000人くらいが受けて、
800~900人くらいが合格する計算です。


出題形式は、
事例Ⅰ~事例Ⅳの4問構成(各80分)で、
事例Ⅰ~Ⅲは
中小企業に関する長い文章(与件文)を読んで、
各設問(4~5問)に60~160字以内程度で答えるというもので、
旧試や新司法試験の論文試験とは
かなり形式が違っています。



例えば、平成29年度の事例Ⅰ第1問は
「景気低迷の中で、
一度市場から消えた主力商品を
A社が再び人気商品にさせた最大の要因は、
どのような点にあると考えられるか。
100字以内で答えよ。」

という問題でした。


ここ数年の過去問は
一次、二次筆記とも中小企業診断協会のサイト
で公開されています。








★弁護士の強みと弱み


二次の筆記試験はよく
「8割落ちるハードな試験」
って言われるんだけど、
同業者で通った人を見てると
二次筆記試験に関しては
みなそれほど苦労した感じがありません。

私も、受ける前に何人かの
先輩に話を聞かせてもらったんだけど、

「二次の筆記は
なんか一次ほどは心配してなくて、
まあ受かるだろうなと思ってた」
「二次の筆記は常識で書いたら受かる試験だから」
「二次の筆記は問題に答えがそのまま書いてあるから」

という意見が多かったのです。

一次で足踏みした私も、
二次の筆記は1回で合格することができました。


実際に、
過去問と予備校の模範解答を見ても
「これならなんとなく書けそう!」
と思えるんですよね、コレが。




弁護士が二次筆記に強い理由を
考えてみたのですが、
おそらく、
「大量の情報の中から、
必要な要素を抜き出して、
文章の形に構成する」
っていう作業を
それこそ飯食うのと同じくらいに
普段から繰り返していて
そのスキルが磨かれているから
ではないかと思っています。





2ji.png




二次の筆記試験で要求されるのも
長い与件文の中から、
設問の答えに使える要素を拾い出して、
分かりやすい文章にする
というものなので、
かなり普段の仕事と共通する部分があると
思っています。




これはSWOT分析的にいうと、
診断士試験という市場における、
弁護士の強みであることは
間違いありません。


これがヘタで、
準備書面でも
何言ってるのか
さっぱりわかんない人

ときどきいるけどね。




ただ、強みがある一方、
弁護士の弱みもあります。

それが、財務会計の知識が問われる
事例Ⅳへの対応力の低さ


弁護士受験者のほとんどが
一次試験で財務・会計の
科目免除を受けているので、
一次試験の合格発表後、
初めて二次試験や事例Ⅳの
勉強を始めたという人も多いはず。


この場合、
一次試験の回答発表(8月上旬)後、
二次筆記試験の当日(10月下旬)までに
事例Ⅳに必要な財務・会計の知識を
頭に詰め込んで、
正しい計算結果を導き出せるまでに
ならなければなりません。

コレが結構ハードで、
先輩受験者が口を揃えて
指摘するところでした。




zaimupinchi.png




弁護士のホームグラウンドは
法的問題の処理なので、
経営判断や意思決定会計の
スキルが求められることは
一般的には多くありません。
(俺だけ?違うよね?)


なので、制度会計は
ある程度馴染みがあるし、
税務調査は
受けたことがある
けど、
管理会計の視点や知識はないという人が
弁護士には多いように感じています。
(俺だけ?違うよね?)


その点、私は
日商簿記3級という難関試験
合格していたことが幸いしました。

「利益」と呼ばれるものが5つあって、
BS、PLが何の略か位は
わかってたからね。
これで、数字読めない弁護士を
かなり引き離せてたと思う。





まぁ、みんな通る道なんで、
なんというか、その、
がんばってください。







★二次筆記試験の勉強法


じゃあ二次の筆記試験を
どうやって乗り切るか?



事例ごとに異なってきますが、
私は

事例Ⅰ(組織・人事)→経営のスピテキ+過去問
事例Ⅱ(マーケティング)→経営のスピテキ+過去問
事例Ⅲ(生産管理)→運営のスピテキ+過去問
事例Ⅳ(財務会計)→TACの事例Ⅳ集中特訓+過去問
という形をとりました。


筆記試験でも基本は過去問

ただし、悠長にやってる時間はないので、
「全事例、過去10年分を3回転」とかは
必要ないしあまり意味がありません。





二次の筆記試験は、
①与件を読んで、
②要素を抜き出し、
③考えて、
④並べる
 という
プロセスが問われる試験だと思うので、
少なくとも、事例Ⅰ~Ⅲについては、
一度やって答えを知ってしまった問題に
2回以上取り組むのは
無駄かなと思いました。

また、
これまで出題傾向や形式が
コロッコロ変わっており、
10年前の問題は
試験対策という意味では
あまり参考になりません。


それよりは、
過去5年分を1回ずつきっちり
とやれば良いかなと思います。


また、過去問は本試験と同じように
毎回80分掛けて答案を書くのが理想ですが、
それができない場合、
「与件を読んで、要素を抜き出して、考えて、
書く方向性を走り書きする」というだけでも
十分に有効だと思います。


私も、
過去問は過去5年分に絞り、
全てこの方法で
1題30~45分で答案構成するだけにしました。
これだと、復習も含めて
1題1時間半程度で可能です。



★過去問集の選び方


過去問もこれまた予備校によって
いくつかあるのですが、
是非お勧めしたいのが同友館の
『ふぞろいな合格答案』シリーズ。



これは毎年、
受験者の再現答案
+実際の成績開示をもとにした
詳細な獲得点数分析がなされていて、
それこそがウリなのですが、
なかなかの説得力と納得感があります。


二次・筆記試験で
求められている内容を短期間で掴むのに
これが一番、適していると感じました。


「二次試験は
何が正解かがよくわからない」
「受かった年は、みんなが
書いているようなことを
きちんと書けた年だった」
これも合格した人が
口を揃えて言うことです。

そのためには、
「何を書いたらどれだけの
点数(評価)がもらえたか」
っていう、出口からの分析が
もっとも合理的で説得的です。


TACの過去問題集も買ったのですが、
模範解答がおかしくて洗練されすぎていて
「80分でこんなの書けねぇよ」
と思うようなものばかりだったので、
ほとんど使いませんでした。



★筆記試験のクセを知る



さて、いくら
「常識で書けばそこそこ受かる」とはいえ、
筆記試験はそれなりにクセの強い試験であります。


「どのような課題であると考えられるか」とか
「プロモーションと販売の戦略を説明せよ」とかいった
抽象的なきかれ方が多く、
また、事例ごとにそれなりの「作法」があり、
これを上手く捉えていないと
点数が伸びないという問題があります。



「作法」と書きましたが、
これは弁護士目線では
「作法」であるように見える
という話。

たとえば、
・事例に出てくる経営者の意見・希望は
全て「正しい」という前提で捉える
・事例企業に「破産する」、「廃業を進める」
という選択肢はない
・発想のオリジナリティが試される試験
ではない(与件に書いてあることを使う)
・見えている「エサ」は必ず拾う
というように、
普段の弁護士的な視点や発想とは
若干違った姿勢
での
取り組みが求められます。



このようなクセや作法を身につけるため、
私はTACの二次直前通信講座を
受けることにしました。

これは、事例Ⅰ~事例Ⅳまでの問題演習と
添削・講義がそれぞれ3回
(4事例×3回=全12回)あるという
結構ハードなものだったのですが、
繰り返すうちに、問題要求のとらえ方や
何を答えたら良いのかが
だんだんとわかってきました。


9月のTAC二次公開模試は
31、27、35、20の合計113点と、
家で寝てた方が良かった
と思える点数でしたが、
その後、コツがわかってくると、
問題演習でもだんだん
合格点に近い点数が取れだしました。
(時間がなく、問題演習は
7回目で止まってしまいましたが、
それでも結構役に立ちました。)


出題の字数制限は
60字とか100字が多いけど、
160字っていうちょっと長めのときもあって、
それぞれの文字数感、つまり
「これくらい書いたら100字になる」
っていう感覚を
掴んでおく必要があります。

「だいたい100字を超えるときは
答えに入れる要素は
1つじゃなくて複数になる」
とかですね。

この辺は、過去問とか問題演習やっていたら
自然と身についてくると思いますが。




★ファイナルペーパーについて


二次の筆記試験では、
試験直前に見返すための
「ファイナルペーパー」というものを
作る人が多いようです。

名前のダサさは措くとして、
ケアレスミスをした点や
解答の方向性の確認など、
試験直前に注意喚起しておくべき点などを
まとめたものを作っておくというのは、
それなりに合理的です。

みんな作っていると聞くと
それに引っ張られる私も、
事例ごとに作っていました。



二次筆記ファイナルペーパー



とはいえ、ファイナルペーパーは
作る過程で
自分の頭の中が整理される点にも
大きな意味がある
ので、
自分のアタマの中とリンクしていない
他人の作った成果物だけを見ても
実はあまり参考にはなりません。

他人が履き古したパンツを
履いてるような違和感があります。

私の作ったものも
作り方の一例として
見てもらえると良いかと思います。


平成29年の二次・筆記試験では、
事例Ⅳで連結会計が出題されるなど、
若干面食らいましたが、
結果としてそれなりの点数で
合格することができました。

「それなり」というのは
「ムダのない」程度の意味です。



余談ですが、
二次・筆記試験では
(特に事例Ⅰや事例Ⅲでは)
実在の企業がモデルにされていることが多く、
H29の事例Ⅰは銘菓『ざびえる』で有名な
株式会社ざびえる本舗がモデルではないかと
言われています。

ただ、私はレーズンが苦手なので、
試験後、それを聞いたときも
特に感慨とかはありませんでした。


4 二次・口述試験対策

筆記試験が終わると
口述試験があります。


とはいえ、
そこそこの難関といわれる
二次・筆記試験と対照的に、
診断士の二次・口述試験は
国家試験の中でも
屈指の不合格率の低さを誇ります。

平成29年度では、
口述試験受験者830人中、
不合格になったのは2人です。
(おそらく、棄権とか遅刻とか
逮捕されてたとか、
とにかく、知識や受け答え
以外の原因じゃないかな。
知らんけど。)


一人10~20分程度の時間ですが、
会話さえできれば受かるといわれており、
よほどヤバいのを弾くためだけに
機能している試験だと
ウワサされています。


ただ、面倒なのは
筆記試験で出された事例Ⅰ~Ⅳを
そのまま用いて出題される上、
何も手元で見られないという点です。

「A社の強みはなんですか?」と訊かれたら
頭の中にある
事例Ⅰの与件の内容をもとに
自分の言葉で答えられなければなりません。

そういうわけで、
事例Ⅰ~Ⅳの内容は
ある程度頭に入れておくことになります。



一応、お金を払ってTACの
模擬口述試験を受けたのですが、
3人の試験官役の人から10分間
フルボッコにされた記憶しかありません。
(講評のときはさすがに優しかったですが)


ところが、本試験では
試験官の先生方は優しく、
かなり誘導もしてくれたので、
そこそこ上手く答えられることができました。


この口述試験だけは、
ほとんどの受験生がスーツで来るのですが、
多分私服でも落とされることは
ないんじゃないかと思います。



koujyutsu.png




そんなこんなで、
口述試験も無事合格できました。


簿記3級受かったときより
嬉しかった
ですね。



5 試験を終えてみて


さて、そんなわけで
予定よりちょっぴり長かった
私の診断士受験生活も
終わってしまいました。
今は、本業と並行して実務補習中です。

診断士試験では、
「見える化」や「経営戦略」、
「PDCAサイクル」、「シナジー」といった
企業経営以外の分野で使うと
意識高いとされる用語が頻繁に出てきて、
しかも、その意味を理解し活用できることが
当たり前のように求められます。

こういった用語の使い手に
普段から苦手意識を感じていた私も
今はさほど抵抗感がなくなりました。


また、診断士では
試験で問われる内容が、
その先にある経営診断の実務とも
結構な部分でリンクしています。

「試験で勉強したのに、
実務ではあんまり意味がなかった」
っていう分野
(例えば、司法試験でいうと
終身定期金とか場屋取引とか)が
比較的少ないということです。
(「経済学は実務でいらんよね」
という声はあるようですが…)


弁護士にとっては、
自分がやってる仕事との相乗効果が
発揮できる部分は多く、
間違いなく知識も視点も職域も
広がることに繋がるので、
興味を持った方には
是非お勧めしたい資格です。
(そして、事例Ⅳ対策で
同じように地獄を見て頂きたい。)






startgoal.png





実務補習や診断協会で得たつながりは
弁護士業のチャネルとして有効ということは
よく聞くのですが、
それよりもやっぱり、
初心に戻って、診断士としての仕事を
していきたいなと思っています。




最後に、診断士の勉強をする中で、
感銘を受けた経営学の大家の
言葉をいくつか紹介して終わりたいと思います。






trump01.png





trumo02.png






trumo03.png




この辺の感覚は今でも少し苦手。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 資格を取ろう!
ジャンル : 就職・お仕事

弁護士+中小企業診断士【前編】

こんにちわ、今年本厄
弁護士マコツです。


昨年末、
2回目の受験でようやく
中小企業診断士試験に
合格できたので、
今、本業と並行して
実務補習のまっただ中です。


せっかくなので、
これから診断士を受ける
同業の方向け

なぜ中小企業診断士を
受けようと思ったのかとか、
受かるまでに何をしたのかとか
その辺を備忘的に残しておこうと思いました。


1 受験の動機


まず受けようと思ったきっかけ。



気分転換に
ちょっと違ったことを
やってみたくなったから。

あるでしょ?そういうこと。



numa.png



弁護士の仕事の多くは、
何かトラブルが生じる(生じた)ことを
前提としたものが多いわけです。

それ自体は、
かなり意義のあることで、
自分でも好きでやってる仕事なんだけど
交渉や訴訟の中で攻撃防禦を繰り返してると
なにかもっと前向きな方向の仕事も
してみたいなと思ってしまう。

毎日の生活に何か刺激をと考えたとき、
診断士の資格取得はうってつけでした。



あともう一つ


法人の破産管財事件で出会うのは、
基本的に、
もう止まってしまった会社か
早晩止まるしかない会社です。
そこで、断片的に企業経営の難しさや
経営者の方の思いに触れることになります。




tousannnokimochi.png




そういった経験が増えるにつれ、
動いている会社の、
それも、法的問題だけじゃなくて
経営の面にも直に携われる
仕事をもっとしてみたい、
破綻処理じゃなくて
成長を支援する仕事がしたい
という思いが強くなってきました。







診断士の試験は、
短答式(マークシート式)試験、
筆記試験、
口述試験の三段階です。



sandankai01.png




司法試験の旧試験と
形式は似ています。



2 一次試験対策


一次試験は2日間で
【1日目】
①経済学・経済政策(60分)
②財務・会計(60分)
③企業経営理論(90分)
④運営管理(90分)
【2日目】
⑤経営法務(60分)
⑥経営情報システム(60分)
⑦中小企業経営・中小企業政策(90分)
の7科目を
受けるわけだけど、
弁護士はこのうち「②財務・会計」と
「⑤経営法務」は申請で免除してもらえます。




一次は科目毎に6割獲れたら科目合格、
4割を下回ったら足切り。
足切り科目なしで、
全体の6割(420点)以上あれば合格。
※科目合格した科目は
 合格の翌年と、翌々年、免除(60点)扱いが受けられる。


弁護士も科目免除を申請しなければ
この2科目は受けられるので、
6割以上とる自信があれば
免除を受けずに得点源にする
という
方法も考えられます。




しかし、私の知る限り、
弁護士で受験した人はこの2科目、
100%、免除を申請してます。



ほんとに、100%。





なんでなんでしょうね。








menjo.png






経営法務は、
民法、会社法、知的財産法
(特許法、意匠法、商標法、実用新案法とか)、
独占禁止法、不正競争防止法、
倒産関連の諸法なんかが出題範囲で、
それも結構細かい規制・制度の知識が
出題されているみたいです。
(受けてないからよく知らない)



全く法律に触れたことない人よりは
当然、理解はしやすいんだろうけど、
土俵が会社関連の特別法中心で、かつ、
知識重視の60分間の短答式試験というフォーマットで
6割取ろうと思うとそれなりの準備が必要。
早い話がめんどくさい



トリッキーな問題やボツ問など、
出題の仕方があまり洗練されていない印象もあって

得点源として期待できるというメリットよりも
デメリット・リスクの方が大きいので、
みんな免除申請してるんだと思います。



財務・会計に至っては、
そもそもなんで弁護士に
免除が認められているのかが
謎なレベル。




とはいえ、もらえるものは
ありがたくもらう人の多いこの時代、
財務・会計と経営法務は
ありがたく免除申請することになります。











さて、これで
残りは5科目に減りました。


とはいえ、
経済学だとか、企業経営理論だとか、
生産現場のオペレーション・マネジメントだとか、
普段の仕事ではなじみのない
話題ばっかり。


フライス盤と旋盤、ボール盤の違いなんて
普通に弁護士だけやってきた私には
全くわからんわけですよ。



そこで、勉強方法。



予備校通ったり、通信講座とったり、
勉強会に参加したり、色々あると思います。


私は
予備校には旧試のときに
一生分の講義代を支払っていたので、

診断士は市販のテキストを買って
独学することにしました。



テキストは、
TACのスピードテキスト(スピテキ)×5科目。

色々見てみたけど、
過去問に対応できる情報量がそろってて
一番活用しやすいと感じたのが
スピテキでした。


こんなやつね。







今気付いたけど、
結構高いですね、これ。

でもおすすめ。




それと、
TACの第1次試験過去問題集×5。






企業経営理論、運営管理、
経営情報システムに関して言えば
これでばっちりです。


あと、「普段、事件の依頼がなくて、
3時くらいから毎日映画見に行ってる」
ってくらい余裕があれば
TACのスピード問題集(スピ問)を
やってもいいと思うけれど、
本試験とは形式や傾向が結構違うので、
スピ問は過去問やった後に
ほんとに余裕があったらでいいと思います。


私は、アプリ版の当年版スピ問を買って
移動中にやっていました。



ただ、企業経営理論と運営管理は
学生時代から法学一本でやってきた人には
どうしても内容がなじみのないものになるので、
間延びして意欲が続かなくなりがち。


なのでできるだけ、具体的にイメージを持ちながら
読み進められるように
工夫できるといいかもしれません。






ppm.png





中小企業経営・中小企業政策だけは
かなり特殊で、
ほぼ暗記の吐き出し
の科目です。



下請法の適用パターンみたいに
若干弁護士に有利な問題も出ますが、
大半は、業種毎の事業数、
事業数、従業者数の多い順番とか、
「2011年~2014年で、大企業と中小を比べた場合、
自己資本比率、売上高経常利益率、労働生産性は
大企業の方が一貫して高いけど、
当座比率、付加価値率は
中小の方が一貫して高い」とか、
こんなん覚えさせてどうすんだっていう事柄を
延々覚えるというように、
ドM目線の苦行感の強い科目です。



しかも、取り上げられる施策や指標の内容が
中小企業白書に合わせて
毎年変わるので
過去問を解く際は注意が必要です。

中小企業経営・中小企業政策は、
試験の1~2週間前位から
詰め込みで暗記し始め、
試験の2日目当日に知識MAXになるように
仕上げられればOK。
試験の2日後には
ほとんどの知識が抜けてます。




それと、個人的に
少し引っかかりを感じることが多かった科目が
経済学・経済政策


大学の教養科目とかでも
勉強したことがなかったので、
いろいろと面白かった反面、
細かい部分で
ツッコミ入れたくなるポイントがありました。


例えば、
グラフ上で線が曲がってても
曲がってなくても
全部「~曲線」っていうとかね。




kyokusen.png





まあどうでもいい話ですわ。




あと、弁護士的に気になったのは
『囚人のジレンマ』






syujinnojirenma.png




まあこれもどうでもいい話ですわ。





経済は、市販のTACのテキストと
過去問やるだけで、
しっかりした理解ができるか
心配だったので、
石川秀樹先生の
『速習!ミクロ経済学』

『速習!マクロ経済学』を買いました。





これは、YouTubeでテキスト対応の
講義動画が無料で見られるというスグレモノです。 

たしかに、
ミクロ経済もマクロ経済も
深いところから
かなり詳しく説明されているので
よくわかります。

ただ、それだけに
全部やっていると時間が足りない。

経済学・経済政策は
60分で100点の科目なので、
さくっと終わらせる方がいいと思い、
結局、三面等価の原則、45度線分析、
IS・LM・AD曲線、
上級・中級・下級財、
ギッフェン財(じゃがいも飢饉)みたいな
なんか素人的にみて
重要そうなとこ
だけに絞り、
あとはスピテキで対応しました。




その結果、1年目の一次試験は
経済:56
財務:60(免除)
経営:63(科目合格)
運営:50
法務:60(免除)
情報:60(科目合格)
中小:59
の総合408点で不合格。




ochita01.png









一年目の敗因が何であったのか。





多分ですが、
あんまり
勉強してなかったから

じゃないかと思います。



捲土重来を期して臨んだ2年目は
2つの科目合格(経営、情報)による免除で
経済、運営、中小の3科目だけの受験。

今となっては
点数は忘れましたが
無事、合格できました。




以下、後編に続きます。




にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 資格を取ろう!
ジャンル : 就職・お仕事

プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR