巨大損保の合併

一部報道では、損害保険大手の
損保ジャパン日本興亜損害保険とが合併を検討中とのこと。

なお、両社は昨年4月に経営統合し
「NKSJホールディングス」が発足しましたが、
顧客基盤の違い等を理由に、統合後も
当面2社を分けた状態で経営を行うものとされていました。
そのため、今回の合併事態は
いわば既定路線どおりと見ることもできます。

そういえば、同じく
あいおい損害保険とニッセイ同和損保とが合併したのも
去年の10月。

損保の合併が起こると、
「加害者と被害者の加入している損保が
事故後に一緒になった

ということが生じます。

なお、私が担当していた事件でも、
事故当時は加害者がA社、被害者がB社に加入していたところ、
両社の合併で「社」が誕生したため
このような状態になったということがありました。

なので、
AB社の加害者担当aさんと示談交渉しながら、
同じ会社の被害者担当bさんから事件進捗状況の
照会が来るという、とても奇妙な状況でした。

話は一旦逸れますが、
あるご夫婦から事件の依頼を受けていたところ、
ある時点からなぜか、旦那さんと奥さんから別々に
事件の進み具合の問い合わせが来るようになり、
その後、事件中に離婚が成立したということもありました。
これは袂を分かつということで、
損保の合併とは逆のケースです。

なお、担当bさんに聞いたところ、
「同じ会社になったとはいえ、
コンプライアンス上、相手方当事者の担当者とは
直接情報共有できない形となっているのです。」という説明。
(「それってホントなのかなぁ」という疑問を持つのは、
視点としては重要だけれど
事件を処理する上では余り意味がない。)

ただ、巨大な損保が合併するということで、
両社のキャラクターとか対応の違いっていうのは
どういう感じになっていくのかなぁという点には
若干興味があります。

特に、損保によって顧客層や処理方針、損害査定に
結構な幅があることは、事故処理に携わる弁護士なら
皆感じるところじゃないかと思うのです。
これは、NKSJホールディングス発足後の
2社体制の採用という点からもうかがわれます。

方針や価値観がごちゃ混ぜになると
相手方としても結構混乱することが多いので、
どちらか一方に、できればより被害者保護に厚い方に
統一されるのが望ましいんじゃないかと、エラそうなことを考えています。


sonpo.jpg

ちなみに、確率的には、合併の場合でなくても
「加害者と被害者とが同じ保険会社に加入している」という事態は
幾らでも生じそうなもんです。
でも、そこは自社内でうまく処理しているためか、
賠償を巡って大きな問題になったり、依頼を受けたりということは
あんまり聞きません(財布が一緒だからかな…)。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

中村先生の記事はいつもわかりやすいけど、
実際の訴訟や弁護士の対応はいつもわかりづらかった。
依頼者の知らない水面下の話し合い多いんですね~
もうすぐ和解で解決するのですが・・結果には満足なんだけど。
次に弁護を依頼する時は中村先生みたいな弁護士さんがいいな。
もう、きっとそんな機会はないでしょうけど、交通事故でもない限り。笑

Re: No title

> 中村先生の記事はいつもわかりやすいけど、
> 実際の訴訟や弁護士の対応はいつもわかりづらかった。
> 依頼者の知らない水面下の話し合い多いんですね~
> もうすぐ和解で解決するのですが・・結果には満足なんだけど。
> 次に弁護を依頼する時は中村先生みたいな弁護士さんがいいな。
> もう、きっとそんな機会はないでしょうけど、交通事故でもない限り。笑
どうもありがとうございます(^^)/
やっぱり、事件をしていると裁判所や依頼者の方に見えない部分での
結構なせめぎ合いというかつばぜり合いはありますね。
私も依頼者の方に利益になることであれば
できるだけ説明するようにはしていますが、
専門的なことになればなるほど分かりやすく説明するのが難しいというか…。
確かに、交通事故には遭わないのが一番です(笑)。
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR