スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起訴便宜主義について

交通事故がらみの刑事事件に
被疑者段階から私選でつくことも多いんですが、
その時によく思うのが、
検察官や副検事のいう
「起訴も視野に入れて」っていうのが
かなりアテにならんなということ。

数年前くらいから、
(ホントかどうかは知りませんが)
全国的に刑法犯が減ってるなんて言われていまして、
「そのために検事が起訴する事件を探している」だとか、
「従来起訴されないような事件でも公判請求されてる」だとか、
「検事の給料は時給にしたらかなり低い」というようなことを
ちょくちょく耳にするようになりました。

それから、東名高速や福岡の悪質な事故があってから、
交通事故事犯の社会的影響や一般的な処罰感情が高まっているので、
業過や自動車運転過失致死傷に対する処罰も
厳しくなってきているように感じます。
(これ自体はもっともなことだと思います。)

ただ、死亡事故といっても
被害者側に重大な過失があるような事案では
起訴されるかどうか自体が微妙だというケースがあって、
そんなときには検察官や副検事の言う
「起訴も視野に入れて」っていう言葉がいつも以上に気になります。

それまでの事件処理経験だとか、
カンみたいなもので
「これで公判請求はさすがにないだろう」と頭ではわかっていても、
訴追裁量権を持った検事が「良くて罰金、
場合によっては公判請求も…」
なんて口にするのを前にすると、
弁護側としてもどうしても安全策をとって動かざるを得なくなります。

しかし、やはり最終的には起訴に至らずに終わることも多いので、
中には「被疑者をビビらせて被害弁済させ、
処罰感情を和らげさせて不起訴の材料としたい」というようなケースも
相当数あるんじゃないかと思っています。

今までで一番ひどかったのでは、
担当の副検事から
公判請求は確実。よくて執行猶予、
悪くすれば実刑判決も視野に入れて…」と言われてたのに、
蓋を開けたら公判請求どころか略式起訴もされず、
起訴猶予となったというケース(もともと被害者の側に重大な過失が見込まれた事案でした。)。

あくまでも個人的な意見ですけど、
検察官って何か言うと
「~○○を視野に入れて~」っていう表現を好んで使うっていう印象があります。
「自動車運転過失致死 ~実刑も視野に入れて~」
って書くとなんかフランス料理のメニューみたいですよね。
ただ、この「視野」ってずいぶんと広いみたいです。

基本的に検察官は正義の味方だと思っているのですが、
思わせぶりな態度もほどほどにして欲しいものです。

biken.jpg


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。