配当弁済と遅延損害金の扱い

同じく相続財産管理人業務に当たられている
実務家の先生より指摘頂いたのが、
「相続財産管理人の配当弁済の際に
遅延損害金をどのように扱うか」という点。
確かにあんまり意識しない部分かもしれません。
(担当の書記官さんに相談してみたところ
「よくわからない。」とのご回答だったとのこと)

ちなみに、私が過去に行った配当弁済の場合は
どの債権の申出も元金部分だけだったので、
この点が問題になることはありませんでした。

調べたところ、この点に関しては、
ピタッとはまる裁判例等は見当たらなかったのですが、
司法研修所編「財産管理人選任等事件の実務上の諸問題」(法曹会)69頁に
以下の様な記載がありました。

「(配当弁済の基礎とする)債権額とは、
元本額、利息額、遅延損害金のいずれまでを含むか、及び
その基準時に関する実務上の取扱いは一定していない。」
「実務のおよその取扱いは元本額を
按分比例して配当することが多いようであるが、
配当日までの利息金、遅延損害金を加えた額を按分比例して
配当することもないわけではない
。」


sukkiri.png



家裁書記官向けのマニュアル本で
「実務上の取扱いは一定していない」と言い切る
その潔さは我々も見習うべきところがありそうです。

結局、いつも通り
「スッキリしない問題である
ことがわかってスッキリした」
という感じですが、
さて、実際はどうしたもんでしょうか。

統一的な取扱いという点では
申出のあった全部の債権について
元本のみを基礎とするか、あるいは利息・延損も乗せるか
いずれかに取扱いを統一した方がいいのかもしれませんが、
わざわざ申出のある延損を削ったり、
逆に申出がないのに利息・延損を乗せたりというのは
大きな違和感を感じてしまいます。

破産の場合だと届出のない延損等を
わざわざ計算して配当額算定の基礎にしたりといったことはしないわけですから、
相続財産管理の場合も
届出があれば基礎額に含め
無ければ無いまま元本のみを基礎にすればええんじゃないか
というのが私の意見です。
(主張もされていない延損について
わざわざ管理人が算定して
基礎額に入れるなんてのもバカっぽい話ですし。)

enson


ちなみに、ちょっと思ったのが
「延損を乗せるとしても
弁済拒絶期間の分はどうすべき?」
という点。

ご存じのとおり、相続財産管理人は
請求申出期間前においては
弁済期の到来した相続債権等の弁済を拒絶でき、
また、原則として拒絶しなければなりません(民法957条2項、同法928条)。
この「拒絶をできる期間」分は延損は発生するのかしないのか。
「弁済を拒むことができる。」(民法928条)っていう条文の意味が
イマイチ明確ではないのですが、
字義通り読むとこの間は遅滞に陥っていない
(=延損は発生しない)とも考えられるのではないかと。

ただ、この期間分の延損を抜くとした場合、
いつから抜くのかとか
理論的にも実務的にもちょっとめんどくさい問題が出てきそうな気がします。

ちなみに、弁済期未到来の債権の場合、
中間利息を控除せずに
債権全額を基礎額とするとされています。
この理由は「管理人が計算面倒だし、控除しなくても
ほかの債権者もそれほど害されないでしょ?」という点にあるという(前掲諸問題70頁)。
これとの対比で考えたら、
弁済拒絶期間分の延損を基礎額に含めても
「ほかの債権者もそれほど害されないでしょ?」と言えそう。
控除額の算定も面倒だし。
なので、この点は無視して良いんじゃないかと
私のリーガルマインドが先ほどから訴えています。

このように、配当弁済については
基礎額をどのように評価するかという根幹のところで
スッキリしない部分があります。
配当弁済は管理人の権限内の行為(=権限外行為許可が不要)であるといっても、
こういうあいまいな部分があるので、
やっぱり配当表原案を作って書記官さんや裁判官と協議してから
弁済を行うというのが正しいやり方だと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

アルティメイト・ローヤー
法律家は専門分野によってその専門分野について議論し、専門外の法律については議論しない。
アルティメイト・ディベーター
国際的ビジネスでの思考法を理解させ、精神的な強靭さと情熱を鍛えさせます。

ザ・ソクラチック・レビュー
教えるのではなく「鍛える」、レッスンではなく「トレーニング」生徒ではなく「クライアント」を基軸としたビジネスを基本とする英語能力向上のための画期的なプログラムを提供致します。

日本という国全体のアイデンティティを高める為には、日々加速する国際競争社会の中で勝つ英語能力を身に付けクライアントのそれぞれの専門分野で世界に旅立てる英語でのコミュニケーション力を獲得するために、あえて学ぶ人からは好まれない方法ながらも確実にレベルアップさせる“ブートキャンプ” をスタイルの基本にしてトレーニングを行っています。

効果的に早く、本当に使える英語コミュニケーションをザ・ソクラチック・レビューで磨こう!クライアントの業種に合ったテキストの使用なしの完全オーダーメイドプログラム。


アンセル・シンプソン

ザ・ソクラチック・レビュー
http://www.socraticreview.com/consultation-and-services/

すいません

ちょっと何言ってるかわかんないです。
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR