弁護士はみな対等

この仕事をしていて「いいな」と思える
数少ないことの一つに
「事件では弁護士はみな対等である」ということがあります。

一口に弁護士と言っても
受かった時期や扱っている事件、考え方、年収は様々で、
事件でもそれぞれの立場があります。
私も、弁護士になってから、
潮干狩りに行かない弁護士が思いの外多いことに驚かされました。

しかし修習期の先後を問わず、
基本的には弁護士同士、お互い対等な立場として
尊重しあうという空気が法曹会にはまだあるように思います。
もちろん「年上には敬語」とかはありますが。

この弁護士同士が対等っていうのは、
「かなり期が上の先生とも同じ立場で話ができる」
という意味では大変にありがたい話なのですが、
逆に言えば「能力不足を若さのせいにできない」という意味でもあるので、
単純にいいことばかりではありません。

でも、みんな安くないお金をもらって、
法律を使ったケンカをしているわけですから、
ひとたび相手方となったからには、
徹底的にやり合うというのが一つの礼儀であり
正義なのかなと思わなくもありません。

なので、私としては、
先月まで修習生をやっていた人も
来月には登録抹消になりそうな人も区別せず、
「事件の上では全力でぶつかっていく」
というのを心がけています。
期日で殴りかかったりはしないけどね。

なお、「基本的には」と書きましたが
中には勿論例外もありまして、
期や収入が上だとか、やってる仕事がスゴイだとか、
胸にハンカチーフをさしているだとか、
そういうよくわからない権威みたいなものを振りかざして
居丈高に接してくる人もいたりします。

bouri.jpg

でもなんか、そういうのってイヤだよね?

みんなはそんなことないかな?
お友達同士で注意しよう!

あと、もう一つ重要なのが
事件では対等」ということ。
当然、事務所の中では上下関係(越えられない壁)ってあるよね。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR