スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏技

期日に裁判官と相手弁護士の間で
主張の理解や立証方針を巡って議論が始まってしまい、
自分一人が取り残されてしまうというとき
誰にでもあります。

誰にでもありますが、
私はそんな場面が
ほかの人よりも多いような感じがするのです。

そんなとき私は、
事件のことではなく、
いろいろな妄想をすることで
時間をつぶしています。

たとえば
「いま裁判所にテロリストが乗り込んできて人質になるが
自分がテロリストを打ち倒してヒーローになる」だとか
「裁判所が火事になって、焼け落ちる庁舎から
自分が美人書記官をつれて命からがら脱出する
(自分の負けスジ事件の記録は全部燃える)」だとか
「5時過ぎになったら裁判所の空調が勝手に停まる」だとかの類です。

こんなありえない妄想が
ときに現実になることがあるから人生って怖いんですよね。

先週の期日で考えていたのは
「裁判の神さまの使いが降りてきて
いつも頑張っている自分を
助けてくれる」系の

妄想でした。

tenshi03.jpg



これも普通に司法修習を受けて
実務に出た実務家であれば
誰もが考えそうなことです。


tenshi02.jpg

期日で私を一人にしたらどうなるか
伝えたかったのはそれだけです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記録を読まずに弁準を傍聴している最中の修習生にも応用できそうな裏技ですね(笑)。

Re: No title

> 記録を読まずに弁準を傍聴している最中の修習生にも応用できそうな裏技ですね(笑)。
そうですね、柔軟な発想力も身につくと思います。
修習中は記録読むのも大事なんですけど、
いろいろな代理人や裁判官の捌き方とか期日での受け答えに
注意して見るのがええんじゃないかとか思います。いまさら。
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。