わかりやすい管財人の報告

「本日付の報告書の記載通りです」で済むだろう思って集会に出たら
予想外に債権者の方々が多数出席されてて
裁判所から「それでは管財人から業務の報告を」ととっさに言われ
うろたえて脇汗の沼を作るというのは
管財事件ではよくあること。

で、第一回でいろいろ突っ込まれたので
詳細な報告の進行表を作って
軽くリハーサルもして第二回集会に臨んだのに
ほとんど債権者来てなくて
今度は涙の川を作るというのも管財事件ではよくあること。

ともあれ、破産の集会に来られる債権者は
金融機関の担当者ばかりとは限らず、
中には「なけなしの売掛債権や貸付債権が焦げ付いた」という
個人事業者や個人の方もおられます。
そして、これらの債権者に対しても
破産財団の状況や今後の進捗を
わかりやすく伝えるというのは
管財人の重要な責務であると思います。

ところが、破産管財事件では、
別除権や交付要求、否認権などのほか
国際破産管轄における「逆推知説」
コミットメント・ライン契約(特定融資枠契約)
内外人完全平等主義といった難解な用語が
少なくありません。
(私も後ろの3つは知りません。)

そのため、報告書面や集会期日での口頭の説明でも、
できるだけわかりやすく報告する努力
必要だと思うのですがいかがでしょうか。

たとえば、集会での報告のうち、
わかりにくい部分については紙芝居を用いるなどということも
可能性の一つとして考えられると思います。

kamishibai.jpg

なお、いくらわかりやすくするためとはいえ
破産の集会で紙芝居を使うなどというのは論外ですが、
ただでさえヤヤコシイ用語や言い回しの多い
この業界に身を置く我々としては、
意識的にわかりやすさを追求する心がけが
必要ではないでしょうか。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

毎度おもしろすぎます

とてもユニークかつ業務にも役立つ記事、毎回ありがとうございます。
こんな記事を無料で読んでいいのだろうか?と最近は畏敬のみならず畏怖さえ覚えながら読ませていただいております。また知力等に偏りがちな弁護士が大多数のなか、先生の知力にとどまらず豊かで魅力的な才覚・画力等には嫉妬さえ感じています(本当です)。
なお、今回の絵画で「疎明」とありますから、トナカイさんは中間配当のご説明をされているのですね。先生はあえて突っ込み所を散りばめるという芸の深さ細かさもお持ちであり、今回も配当手続の勉強の機会を読者に与えられたと思っています。実際私もめったに読まない破産法の条文を久しぶりに読みました。
それでは先生のますますのご活躍を祈念申し上げます。

Re: 毎度おもしろすぎます

ありがとうございます( ´∀`)
もともと仕事で調べた知識を
備忘録的にまとめるために作った
ブログなのですが、
今はほとんどストレス解消のためになってます。
ときたま真面目なことも
書いてみるつもりです(`・ω・´)
今後とも覗いて頂けるとありがたいです(^o^)/
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR