異動

春は出会いと別れの季節です。
裁判所でも毎年4月は異動の時期なので
裁判官殿や書記官さんの配置の変更があったりします。

ただ、この裁判官の異動というやつが
事件を担当する弁護士にとっては
なかなかの曲者だったりします。

裁判官が変わる際、弁論の更新という
手続的な意味での承継は行われるのですが、
事件の心証までは引き継がれないため、
新しい裁判官に変わった途端、
事件の潮目も大きく変わってしまうということが
少なくありません。

この点、確率的に考えると、
悪く変わることもあれば
良く変わることもあるはずなのですが、
なぜか私は今までの10年ほどの弁護士生活で
裁判官の異動が事件の推移に良く影響したという
記憶がほとんどありません

また、手控えや引継ぎメモ(あるのかなぁ?)の内容とか
正確さにもよりますが、
事件によっては、前の裁判官に通じていた
審理の前提となるような重要な事項が
後任の方に全く伝わってなかったりして、
その辺のやりとりで結構難儀することもあります。

idou01.jpg

それからもう一つ困るのが、
新任の方が着任されてからしばらくは
事案の内容や記録の確認・把握が出来ておらず、
急ぐ案件でも全く事件が止まってしまうことでしょうか。

idou02.jpg

いや、誰だって全く知らない事件を
いきなり途中から任されたら
事案の内容把握するまでに
相応の時間がかかっちゃうというのは
非常によくわかるのです。
特に裁判官はこれが100件を超える単位で
のしかかってくるんですから。

ただ、この異動というやつのせいで
「複雑な事件なようなので
双方、主張のダイジェスト版というか
証拠調べ前の最終準備書面的な
まとめの書面を出してもらえませんか」
という話になってくると
恨み言の一つでも言いたくなるというのが人情なんですね。

異動といっても、
そんなに大々的に大幅に動かさずに、
「みんな一つ隣の席にずれる」位の
感じでしてくれると助かるんですが…。

これも一つところに止まり続けることの多い
弁護士という仕事特有の悩みなのかもしれません。

ということで、内田民法のステマ完了。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR