スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頼れる弁護士感

最近、仕事してて思うのが、
頼れる弁護士というイメージっていうのが
非常に重要だということです。

相談や依頼に来られる方は大抵何かしらの問題や不安を抱えているので、
そういった心の重荷をさっと取り除いてあげられるのが
本当にいい弁護士なのかなと。
受任となってもそれだけで問題解決とはなかなかならないわけですが、
相談したり依頼したりした時点でとりあえずホッと一安心というのが
依頼される方にとっては大きいようです。

まぁ、言葉で書くと当たり前のことなんですが、
相談を受ける際もそこら辺に注意するように心がけております。



ただ、他人(依頼者)の問題を引き受けるということは、
逆に自分が追及の矢面に立ったり、
難儀な交渉ごとを代わって行ったりしなければならないわけで、
仕事の心労はそれなりに大きなものになります。

こういうことがあるからか、私も修習時代に先輩弁護士から
「言葉は悪いが『所詮は人ごと』と思って、
一歩引いて仕事をしないと重圧に耐えられなくなってだめになる」

というお話を聞いた記憶があったりなかったりします。

ちなみに、女性の耳の穴を見続けていた場合、
セクハラにならないという保証はありません

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。