裁判にまつわる怖い話

kowaikao.png

みなさん、このクッソ暑い毎日、
いかがお過ごしでしょうか?

私、季節の中で一番好きなのが夏でして、
未だに夏が来ると、
男女、仲のいいグループで夏休みに海にくり出し、
すったもんだの愛憎劇を繰り返した学生時代
を思い出します。
というのはウソで、
私は学生時代、女子と海に行ったことがなく、
そのことが私の拭い去りがたいコンプレックスの一つとなっています。



とはいえ、夏といえば怪談


この仕事をしていても、
ときどき、怖い話に触れることがあります。


思い出すのは弁護士一年目。
ボスと一緒に聞いたシティホテル運営会社の売却の相談で、
「でも、このホテル買った後にオバケが出るなんて
いう話があったりしたら困りますやんか。」というフレーズが。

あとで、興奮気味に聞いてみたら
じつは「オバケ」っていうのは簿外債務のことだったという。
(会社の売買の時にそういう隠語を使うことがあるみたい。)



また、裁判所では人の恨み辛みや悲しみが行き交うため
病院ほどではありませんが、
実はオバケの噂が少なくありません。

inshirei.png

夕方近くになって、裁判所に訴状を持って行くと、
「出来るだけ訴訟提起は午前中にしてよ」
恨めしい顔で言われるとか言われないとか…。


冗談はさて置くとして、
私が仕事で聞いた怖い話で特に記憶に残っているものをひとつ。


ある管財事件の不動産決済の帰りに
業者さんの車に乗せてもらったのですが、
その時に聞いた話です。


関西でも有名な高級住宅地がひしめくA市、
そのJRの駅にほど近い場所に建つ一棟の億ション。

その最上階の部屋(分譲時2億円を超えたとか)の
任意売却に関わったときのことだそうです。


ある日、内覧でお客さんをその部屋に連れて行ったのですが、
部屋を出るときには(普通そうするように)
ブレーカーを落としてから鍵を締めて帰りました。
ところが、営業所に帰ってきてから、
マンションの管理事務所から
「部屋の電気が点いたままになっているから消して欲しい」との連絡が。

すぐマンションに戻って鍵を開けて入ったら
落としたはずのブレーカーのレバーが上がってて
電灯も煌々と点いていたとか…。

その後も、そういうことが何度か続き
非常に気味が悪かったというお話。

業者の方も、「マスターも全部うちが持ってたんで、
管理会社のイタズラってことは無いと思うんですけどねぇ…」と。

その物件は立地も条件もかなりいいため、
売りに出すとすぐに買い手がつくのですが、
そういう不気味な部分がウワサになり、
次々と持ち主が変わっていって、
値も他の居室に比べて低くなってるとか。

obakemansion.png

勝手に点いちゃう電灯の電気代を考えても、
案外、お買い得かもしれませんね。


とにかく、こういうことがままあるので
裁判に関わる仕事をするときには
気を付けたいものですね…。



obake.png





そうはいっても、
私には「霊感」というものもなく、
オバケを見たということもないので、
実際には幽霊とか死後の世界というものは信じていません。

kowabana.png



ただ、それでもこのテの話が大好きなので、
ことあるごとに「裁判所・弁護士にまつわる怖い話」を
集めて回っているまこつでした。


ending.png



そうそう、心霊といえば稲川淳二ですが、
よく芸人がテレビでやってる稲川淳二のモノマネって
全っ然似てないよね。全っ然。


実際、話を聞いてても淳ちゃん、
「コワイナーコワイナー」とか
「それって霊だったんです!」なんて絶対言わないもんね。
マネするんならもう少し勉強して欲しいよね。

アタシもね、ファンクラブなんかに
入ったりしてるもんですからね。
あーこれは違うなーなんて思うわけです。

inagawa.png



そんなわけで、
みなさんも怖い話で涼しくなって
このクッソ暑い夏を乗り切ってくださいね!
































エピローグ



nenaiko01.png





nenaiko02.png


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです( ̄▽ ̄)

気持ち悪いぐらい暑いですね(´Д` )

大阪地裁への訴状提出は、本当にヒヤヒヤしてましたよ;^_^A
法律事務所からの提出は16時までと言われてたので...(弁護士会に通達出してるとのこと)
前ボスは「17時までやのになんで法律事務所やからってそんな事言われなあかんねん」と言って守らないので、事務員が怒られるという...(;´Д`A
すでにご存じかもですが、お気をつけください(・ω・)ノ

裁判所の怖い話

同期のうえばです。

 K戸地方裁判所の怖い話といえば,幻の「刑事第3刑事部」ですかね。入り口の案内を見ても,第2から第4に飛んでいます。死刑判決を下した被告人に祟りつぶされたとか(当然嘘,理由を言ってもつまらないので,放置)。

 o阪地方裁判所第6民事部は,午後どころか金曜日に申し立ててもお化けににらまれるとのこと。

 あと,奈R地方裁判所の建物は活断層の真上に建っているとの噂が。。。。

 どれが一番怖いですか?
 
 

No title

さようならまこつ先生・・・
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。自宅マンションに鳩が来るのが悩みです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR