スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館の女(ひと)

先週末、所属する会派「S会」の旅行で
北海道は函館へ行って参りました。

ウチの会には
概ね毎年、人権擁護大会に合わせて
その開催地へ親睦旅行へ行くという
伝統的な習わしがございます。

私も今年は会派の役員として
旅行に参加させて頂いた次第です。

今回の旅行は総勢150人余の会員の中から
厳正な抽選で選りすぐられた
15名の精鋭が参加致しました。

denwa01.png


ちなみにうちの会派は
押しも押されぬ一騎当千の精鋭揃いですが、
その分、みんな忙しかったみたい。

なお、私は役員として、
後続の本隊に先んじて函館に乗り込み
橋頭堡を築くため、
旅行の前日の朝の便で
関西を発つ予定でした。

要するに前日入りして、
バスの中で配るビールやらなんやらを
用意するって役目だったんだけど、
兵站は戦略の基本だからね。

jinken.png

ところが、私が関空の保安検査場を
通るのが少しばかり遅かったため、
乗る予定の飛行機が
目の前で飛び立ってしまいました。

flight.png


こんなことは勿論初めてです。
さて困りました。


succhie.png

航空会社の人に泣きついた相談したところ、
すぐに払い戻しして別の航空会社の券を買うか、
同じ会社の午後の便に振り替えるか
という方法を提示いただきました。

plane.png

結局、正規料金で買い直すのも
アレだしということで、
午後の便に変更してもらうことに。

次の便まで6時間近くあったので、
空港内の有料ラウンジで
過ごすことにしました。
パソコンとネットが使えたので、
その分仕事も幾つか
こなすことができたのですが、
それが終わってしまうと
本当にすることがなくなりました。

inemuri.png

ともあれ、午後の便で無事
函館に着くことができました。
物資の買い出しは、
時間通りに現地入りされていた
先輩の先生が用意して
くださっていました( ;´Д`)

そして、気を取り直して
翌日、函館観光に!

まず向かったのは大沼国定公園

湖越しに駒ケ岳が綺麗に見えます。

少し肌寒かったので、
みやげ物屋でホッキョクグマの
帽子を買いました。
フカフカしてたから
天然の毛皮使ってるのかな。950円。


oonumakonuma.png

そのあと、遊覧船に乗ったのですが
眠り込んでしまったためか
そこから船を降りるまでの記憶が
ほとんどありません。

fune.png

なお、人権大会に合わせて
会派の親睦旅行を設定するというのは
S会に限った話ではなく、
また観光地での動き方は
どうしても似通ってきてしまうものです。
そのため、
今回も函館の街中で何度か
同じ弁護士会内の他会派、
「J会」とのニアミスがありました。

sjsensou.png

といっても、
特に反目・敵対している訳ではなく、
見知った顔の先生方も多いので、
互いに旅行の日程や
どこが面白かったなどの話をして
その場は穏便に終わりました。
J会はうちより参加人数が
だいぶと多かったみたい
です。

そのあと、昆布館へ。
入場無料の昆布の館ですが、
昆布の食文化のはじまりや
昆布食の様々な効果、
昆布にゆかりのある人、
昆布の繊維を使った各種製品の紹介、
昆布オブジェ(コンブジェ)の展示など、
並々ならぬ昆布愛が溢れておりました。

昆布はいろいろありますが、
やっぱりその筆頭はマコンブ、だよね。

makonbu.png

なんしか、名前がいい。
漢字で書くと「真昆布」だからね。

昆布ソフトを食べてから
昆布館を後にし、旅館へ。

さすが烏賊の街・函館。
晩御飯にも烏賊が盛りだくさん、
だったような気がします。
(酔っ払っててあんまり覚えていない)


函館で獲れる烏賊は
スルメイカとヤリイカが
中心になりますが、
ヤリイカは漁期(毎年4~5月ころ)が
終わっていたので、
今回食べたのはスルメイカでした。
スルメイカは大体6~12月に獲れるみたい。

maika.png

ちなみに、スルメイカは函館では
「マイカ(真烏賊)」って呼ばれています。
これも名前がすこぶるイカしてるよね。

みんなあえて言わなかったけど、
今回は函館という街に
昆布、烏賊、そして中村
三者が揃ったわけですよね。
我々はこの歴史的な場に
立ち会えた幸運に
感謝する必要がありますよね。

なお、宴会では
色々な話で盛り上がりましたが、
中には公にできない裏情報や、
他では聞けない
貴重な話を聞くことができ、
非常に有意義でした。

furue.png

こういう風に、
普段余り接することのない先生方と
色々な情報交換をしたり、
その仕事ぶりに触れて
いい刺激を貰えるというところこそが、
会派の重要な存在意義だと
感じておる次第です。
事務所の弁護士や同期みたいに
自分の周りだけと接してると
どうしても視野も仕事に対する視点も
硬直的になっちゃうからね。


そして、旅行二日目は再び観光へ。

まずは五稜郭とその横のタワーへ。
このタワーは我ら神戸市民が誇る
ポートタワーと同じくらいの高さで、
構造上、下に立って見上げると
自分の上に倒れてくるように見える
という共通点があります。

tower.png

また、タワーの上から見下ろす五稜郭は
まさに壮観でした。
雪の時期だとまた違った良さが
あるんだろうね。

そのあと、昼は朝市で済ませ、
旅の終盤となる函館山へ。

駅の中間に支柱が一本もないという
特徴をもつ函館山ロープウェイに乗った3分間。
津軽海峡に挟まれる函館の街、
そして遙か先に見える駒ヶ岳が
えもいわれぬ絶景を形作っているのでございます。

hakodateyama.png

そして函館山展望台へ。

この展望台は個人的に思い入れのある場所です。

14年ほど前に私は司法試験に合格し、
司法研修所に入所することになりました。
その当時付き合っていた札幌の彼女(遠距離恋愛)と
旅行に行き、すったもんだの末最後に別れたのが
この展望台の上だったという思い出はないのですが、
なんか神戸の六甲山にもロケーションが似てるし
機会があれば来たいなと思っていたのです。

思っていた通り素敵なところですね。
六甲山と違って街や海がすぐ近くに迫っていて、
また正面の両側が海という地形のおもしろさも相俟って、
他にはない興味深い風景でした。
(風景に見とれた後、
土産物屋で物色してたら同行者から一人はぐれてしまいました。)

そして、再びロープウェイで下山して
元町を散策し、赤煉瓦の町並みをみて空港へ。

ending_20141007120400531.png

出足で大きく躓いた割には
なかなか楽しかった今回のS会旅行。
来年も参加するぞ!

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

関空での時間のつぶし方

1 スカイビューで着陸する飛行機を愛でる。
  ただし,1番の見物,ランディングの瞬間が,海上保安庁の建物に遮られて見えない。わざわざあの位置なのは,多分飛行機マニアに対する嫌がらせ。

2 6時間も飛行機を愛でる気力がない場合,橋を戻って,りんくうアウトレットへ行く。買い物,食事,ホテル,なんでもそろってる。ここなら6時間といわず,一生の時間をつぶすことができる。

 今度乗り遅れたときはお試しあれ。
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。