スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管財コラム地獄

こんにちは!
マニュアル本を買ったときは
先にコラムだけを全部読んでしまう
即物的な弁護士中村真です。


昨年より鋭意進行中の
実際の処理実例を集めた管財本
の企画ですが、
ようやく執筆者からの原稿がほぼ出揃い、
今は編集委員で一件一件、内容・表現のチェックを
進めている状態です。

(※「実際の処理実例」って何か変な表現よね。)


この企画は
実際の処理事例を元に業種毎・場面毎の
問題点や処理結果を紹介するという点がキモなのですが、
併せて、「コラムもいくつか入れようじゃあないか」という話になり、
まずは編集委員で捻り出そうということになりました。

人や本によって、
コラムの位置付けって少しずつ違うんだろうけど、
今回の実際の処理実例を集めた管財本では
どういうスタンスで臨めばいいのかな?










atamakaku.png



今回の企画では
個々の処理事例を離れた一般的性格の強い事項とか
処理に役立つヒント・指針みたいなものがいいんじゃないかと
俺には珍しくまじめに考えてみたよ。

連休中体調不良でへばってたので
頭脳労働くらいしかできなかったからね。



ishikitakaikei.png



それなりに信頼できる情報筋(=Wikipedia)によると
コラム("column")の原義は円柱のことらしいです。
いまいち繋がりがハッキリしなくてモヤモヤするよね。
調べなければ良かったよ。



で、編集委員は一人2つほど考えるって話だけど、
思いつくまま、コラムのネタをいくつか考えてみたよ。








c01.png



例えば、建築請負工事の請負人破産の事例で、
仕掛中(しかかりちゅう)のまま工事が止まってる現場があったりすると、
破産法53条1項で、管財人が解除するか履行選択するかっていう
重い決断を迫られる場面がありますよね。

スキルや代替スタッフが確保できる特殊な場合を除いて
解除を選択することが多いかと思うのですが、
管財人としての経験値が増えてきたら、思い切って
履行を選択してみるというのも一考かもしれません。



riyoushiowari.png





rikousentaku02.png





douzoosuwari01.png





yarukinashio02.png




ここで思ったんですが、
仮に管財人が理容師の免許持ってたら
管財人自ら履行選択して続きをやっちゃうってことは
考えられるんでしょうかね。

そういう悩みを抱えてる管財人の先生って
全国にたくさんいるんじゃないかな。
(お便り、待ってます。)


なお、未履行部分を解除ってことになっても
出来高部分の金銭的評価はそんなに難しくないよね。
ちなみに、ヒトには概ね10万本前後の髪の毛が生えているそうです。
(この点は人によって大きく個人差があるから、
心配だったら、申立代理人に確認してみてね。)



kansei01.png







sanpatsudai.png



適切な出来高の評価で
適正な回収を心がけてください。
なお、理容店で仕掛中の現場があるケースは希ですが、
あっても1~2件程度だと思います。

また、散髪のときに前払いってあんまりしないから
出来高に応じて散髪代払ってもらうことが多いと思うのですが、
髪の毛は伸びるものだから
決定が出たらすぐに出来高査定に動いた方が良い印象です。

なお、理容契約は
請負契約じゃなくて本当は準委任契約じゃないのか
なんてことも、
ものすごくヒマでヒマで死にそうなときには
考えてみるといいかもしれませんね。






c02.png



管財事件の処理は、
庁によって運用が違ってることがよくあって、
関東と関西とでも処理の方向性や姿勢に
大きな差があるように感じます。

人づてに聞いたことをもとにした私の印象では
関東…ダイナミック
関西…システマティック
私…ドラマティック
という印象ですね。


また、破産管財事件という分野は
法律の定めとは違ったところで、
先人の工夫や思いつきによりいろいろな「運用」が調えられ、
それを追認する形で法改正が押し進められてきた
という部分もあるのです。
(いつか誰かがそんなことを言っていた気がする。)



unyou01.png



ちなみに、破産法148条1項1号で
「破産債権者の共同の利益のためにする裁判上の費用の請求権」
財団債権になるとされており、
管財人報酬もこれに含まれると解されています。
しかも、管財人の報酬請求権は立替事務費を含め
財団債権の中でも「最優先」とされています
(法152条2項、『破産管財実践マニュアル』318頁)。
本当にありがたいことですね。

これと引継予納金の確保によって、
少なくとも管財事件の分野では
成仏理論は排斥されているといえるのです。

ただ、これと異なる運用が
どこかの庁で取られていたとしても
決して驚くには値しません。



unyou02.png





unyou0301.png



運用を正しく知り、
ときには不合理な運用に
疑問を呈していくことすら求められる昨今、
皆様いかがお過ごしでしょうか。





書いているうちに間延びして
ダレてくるのがこのブログの特色です。
あとは適当に並べときますね。




c03.png





ojt0101.png



あー、いるいる、こういう人!




c04.png



ojt02.png



あー、いるいる、こういう人!







おそらく、ここに紹介した珠玉のコラムの数々が
出版される「実際の処理実例を集めた管財本」
掲載されることはないでしょう。
(私のこういう予感は本当によく当たります。)

そのときは有斐閣に持ち込んでみよう。


kansou01.png



そうは言いながら、
ちゃんと載せられるバージョン
ウラで必死で考えている辺りが可愛いと
巷で評判の弁護士中村真でした。



にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

実務に基づいたコラムかいたら守秘義務違反で死んでしまいますやんw。

No title

当方、弁護士ではないのですが、「原発事故を起こした電力会社が破産して、放射能の後始末が管財人に、、、」というネタはいかがでしょうか?

No title

「架空の処理実例」に基づいたコラムを是非!

No title

カットの途中…イヤやぁ~(^^;
シャンプーとかパーマの途中だったら,サイアクですね(´艸`)

福岡では「過払い金は必要以上に申立人代理人で回収すんじゃねぇ」
というお達しが出ましたよ。
報酬がもらえなくなりますよ…。

Re: No title

なので、事案の特定に関わるところは
かなり削って希釈してるんですよ( ´∀`)
事例提供者とか処理庁も全部わからなくしてるので、
based on true storyレベルですね(^^;;

Re: No title

それは辛いですね、予納金3500億くらい
積んでもらわないと、
処理できないまま異時廃止って感じですね( ;´Д`)

Re: No title

面白さを狙うとそれもいいかもしれませんね( ^∀^)
わたし、妄想は得意ですからね( ´∀`)

Re: No title

やっぱり管財人が適正な目で評価して回収に当たれって
ことなんでしょうかね(^^;;
関西では、どっちかというと積極的に
申立前に回収に動いていた場合には
過払金でも拡張対象にしようっていう
流れなのかと思ってたんですが。。


…でも管財人からすれば
仕事残しててもらえると嬉しいですけどね。
ヒヒヒ( ^∀^)

No title

その④(ゆとり系)は…まんまうちの新人弁護士のセリフでした(彼の名誉のために言っておきますと、当時1年目でしたし…現在は立派になって独立していますが…)
コラムが掲載されますことを祈念しますね!

Re: No title

ヒットしちゃいましたか( ´∀`)
私も1年目の言動思い出すと恐ろしくなることがあります。
人って成長できるものですね(^ω^)
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。