スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍛えよ後輩を!

法曹人口増による就職難から
適切なOJTの機会が奪われているという話を
聞くようになって久しいですが、
どこかの事務所に入れさえすれば
本当にきちんとした
研鑽の機会が与えられるんでしょうか?

今回はそんなお真面目なお話です。


私が弁護士になったころは、
ボス一人、イソ弁(私)一人で
それなりに忙しい状態でしたが、
依頼者との折衝や証拠の見方、
期日での作法、証拠調べ期日の立ち居振る舞い、
和解案・判決の評価の仕方まで
一通りきちんと指導を受ける機会がありました。
これは今考えると本当に幸運だったと思います。


ところが最近、仕事をしていて
ボスや兄弁・姉弁が居ながら、
適切な指導を受けていないんじゃないか、
ちゃんと教えてもらっていないんじゃないか
と感じることが立て続けにありました。



「君臨すれども統治せず」
という言葉がありますが、
弁護士の業界では
受任と実働の完全な分離
危険を伴います。


技術と経験の適切な伝承は
この業界の未来を左右する重要事です。
また、少なくとも、
同じ事務所に所属する後輩弁護士に対しては
先輩はきちんと育てる責任があると思うのです。
(ないのかな?あるよね?多分)


今回はこの点について
少し真剣に考えてみたいと思います。



起案であれば、
その内容は朱入れや校正の段階で
ある程度のチェックがききます。
なので、よっぽど上の弁護士が
抜けている場合でない限り、
大きく外したり落としたりしている
起案が出てくることはありません。

問題は期日でのやり取り。
早すぎる独り立ちは、
とんちんかんな振る舞い
繋がってしまいます。

なので、しばらくのうちは
先輩が後輩弁護士に付き添って期日に出て、
きちんと作法を教えるのが正しいと思っています。





jedi07.png




例えば、
弁論準備でのやりとりの意味や伝え方
なんかだけじゃなくて、
記録を手提げ袋に入れて持ち歩くときは事件名や
当事者名は見えないように下にして入れる、
記録を開いて机に置くと
手控えのメモが相手方や裁判所に
見える恐れがあるので注意するといった細かい点。
こういうのは
教えられないとわからないものです。







法廷や準備室に傘を持って
入っちゃいけないなんてところも
知らないと気付きにくいところです。
法廷は学校と違うので
間違ってても、問題になるまで
周りは注意してはくれないですからね。

あと、待合室であれ廊下であれ、
裁判所のコンセントでの充電はご法度です。




特にアラが目立つのは
証拠調べ期日でしょうか。


勝とうが負けようがどうでもいい
という事件でもないかぎり、

登録してから2~3年は
やはり上の弁護士が一緒に出てくるべき
なんじゃないかと思います。
私の時も、ボスから完全に
尋問の独り立ちが許されたのは
登録から3年後でした。



尋問は怖いところです。


予想外の流れが生まれることも多いですし、
反対尋問では退くか押すかの
シビアな判断を迫られることも少なくありません。






jedi04.png





傍で見ているだけではなく
自分でやってみないと上達しない
というのは起案も尋問も法律相談も同じですが、
こと尋問に関しては、
不十分だったときの後からのリカバリーが困難です。

そのため、新人指導だけでなく、
事件の適正な管理や依頼者への責任
という見地からも、
経験ある弁護士の同行が望ましいように思います。






jedi05.png




それから、
新人弁護士の研鑽のためには
ある種、ユーザーと言えなくもない
ような気がしないでもない
裁判所の視点も重要なヒントに
なるような気がします。


ところが今までは、
個々の弁護士の仕事ぶりや力量について
かなり辛辣な評価をしていることが
多いにもかかわらず

裁判所の意見や捉え方に触れる機会
というものはほとんどありませんでした。


そこで提案したいのが、
指導役と新人弁護士、
それから裁判所で行う三者懇談です。





jedi06.png





受任事件(係属していた事件)を題材に
新人弁護士の仕事の良かった点、悪かった点を
裁判官に挙げてもらい、
その後の事件処理に役立てるのです。


公式見解が問題となる協議会ではなく
懇談会レベルに位置付けることで
裁判所のざっくばらんな意見を
引き出すのが狙いです。

期日直後に裁判官室で
修習生相手に漏らしている悪態を
少しマイルドにして伝えるだけでいいので、
裁判官の負担感も少ないはず。



家庭訪問(事務所訪問)でも良いのですが、
これだけ事務所の数が増えてくると、
さすがに裁判官がちょっとだけ気の毒です。





jedi02.png





批判的な意見を真摯に受け止め、
それを糧に大きく成長する。

素晴らしいことだと思いませんか。




また、懇談会ですから、
裁判所の意見を聞くだけではなく、
隙あらば代理人の立場からも
積極的に意見を述べて良い、
と私なんかは思います。










jedi0302.png






こうして、
指導役が新人弁護士に
密に指導することで、
良いケミストリーが生まれ、
「あの事務所の上の弁護士、
ほんまに下が何やってるか
なーんも見てへんのやろな」
という不名誉な評価も改められる
きっかけになるかどうかは別として
明らかに面白いと思います。


新規登録時は
頼りなかった新人君も、
指導役の熱意溢るる指導によって
力強く成長し、
必ずや貴事務所に不可欠の重要な戦力に
育ってくれることでしょう。






jedi08.png







さあ、年度も変わったことですし、
寝言はこのくらいにして
心機一転頑張りましょう*\(^o^)/*







jedi01.png






にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

悶絶!!!

こ,これはうちのじ・・・(ふんがふんが)

最近,進学や就職に保護者同伴の場面が増えているそうですが,
弁護士業界の就職活動には,まだそういったケースは無いのでしょうか?(^^;

Re: 悶絶!!!

親の事務所に入った先生が
一緒に期日に来たりってことはありますけどね( ´∀`)
それ以外で親同伴で就職面接とかに来たら、
ヤヴァイですよね( ^∀^)

No title

>記録を手提げ袋に入れて持ち歩くときは事件名や
>当事者名は見えないように下にして入れる、
>記録を開いて机に置くと
>手控えのメモが相手方や裁判所に
>見える恐れがあるので注意するといった細かい点。

>法廷や準備室に傘を持って
>入っちゃいけないなんてところも
>知らないと気付きにくいところです。

>あと、待合室であれ廊下であれ、
>裁判所のコンセントでの充電はご法度です。

いずれも他山の石とさせていただきます。

本来は(電気窃盗を除き)弁護修習で学ぶべきことのようにも思いますが、
弁護修習の期間も短いですし、
修習先が訴訟や刑事弁護の取扱いの少ない事務所だったりすると、
暗黙知的なものの伝承も難しくなってきているのかもしれませんね。

Re: No title

その事務所のスタイルとかも
あるのかもしれないんですけど、
相手方として見てても、
不用意だったり頼りなさげに見えたりする
仕事は直していかないと
いけないなと思います(`・ω・´)

そういうところって、
なかなか自分で仕事仕事始めてからでないと
気づきにくい部分があるのかなと思いますね( ´∀`)

ということは

当時のイソ(十年以上前)をしょっぱなから「弁護士に新人もベテランもない!というわけで(復代理は全部出したから)甘えずに1人で行って来い!」
といったうちのボ……しりあいのボスはずいぶんと先進的だったのだな……

なお今になっても飲み会では(当時)イソからはその件について恨み節が出る。
けれどもボスは「お前を信じてたからだ!」と言っております。

J切れる

「書証の成立は、よろしいですか」
の質問に、
書いている内容の解釈を語りだして
Jを切らしていた奴いたなあ。

若いの一人だったなあ。

by まだ保護者付き

Re: J切れる

書証の成立に関する認否は、
若手弁護士と裁判所とで
重要性の認識に差があるトピックですね(^^)

裁判官って意外とキレる人、いますよね…。
プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。