スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスとの戦い

前にも書いたけど、
弁護士という仕事は他人(依頼者)の問題や争いごとを
代わって引き受けるという側面が強い。
(相手方からも「他人の揉め事に首を突っ込んできた奴」という
反応をされることが多いけど、これはある意味正しいよね。)

なので、ややこしい相手方と怒鳴られながら交渉したり、
場合によっては、法的・道義的責任の追求の矢面に立つということも
少なからずある。

また、案件の内容や問題が極めてシビアな場合や
見通しが立てにくい事件の場合、
絶えず自分のやり方が正しいのかどうかを考えながら、
弁護過誤にならないように慎重にことを進めなければいけないので
(しかも、大抵の場合、ゆっくり考えるだけの時間的余裕が無い。)、
その心理的負担は結構大きい。

もちろん、どんな職種でも
自分の仕事の結果が及ぼす影響っていうプレッシャーと常に戦ってるわけで
その大きさも様々なわけだけど、
「他人の人生を左右する可能性がある」
仕事っていうのは一風変わったストレスの掛かり方がある気がするのよね。

ikan.jpg

また、「他人と争う」ことが仕事なわけで
闘争心が弱い(=逃走心が強い)人だと、
なかなか大変なんじゃないかと思う。

でも、仕事の重圧に耐えられずに弁護士辞めたっていう話は
実はあんまり聞いたことがないので、
大抵の弁護士はストレスの受け止め方とか、
切り替え方、うまい付き合い方を自分なりに考えてやって行ってるんだろうね。
不祥事とか売上が立たないとかで辞めちゃう話はそこそこ聞くけど…)

実はこういう部分が広い意味で仕事に役立ったりするわけで、
先輩弁護士とかと飲むときにも、このへんを聞いてみたりすることが多い。



自分の場合のストレス解消法は、今はこのブログかもしれない。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

テーマ : 弁護士の仕事
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

弁護士中村真

Author:弁護士中村真
神戸の弁護士・中村真(なかむら・まこと)のBLOGです。
かつては複雑な法律問題などをわかりやすい絵で親切に解説しているつもりでしたが、最近はそうでもないです。当職が出資したクラウドファンディングはたいてい頓挫します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。